狂気の1590kcal! バーガーキングの「キング・イエティ超ワンパウンドビーフバーガー」を食べてみた

狂気の1590kcal! バーガーキングの「キング・イエティ超ワンパウンドビーフバーガー」を食べてみた

食楽web

 ボリューム満点のアメリカンスタイルハンバーガーが大人気を博しているファストフードチェーン『バーガーキング』では、2月18日より期間限定メニュー「キング・イエティ超ワンパウンドビーフバーガー」を販売中。一目でわかる圧倒的な迫力と、ひと口食べてわかる圧倒的な食べ応えに、世のバーガー好きたちを心地よく悶絶させている模様です。

 約449g(焼成前)のビーフパティと溢れ出るチーズがもたらすテイストと破壊力。これを黙って見過ごすわけにはいきませんよね…ということで、テイクアウトにて実食してみましたよ!

ハンバーガーの皮を被った肉のモンスターだった!?

今回は単品1750円(税込/テイクアウト・イートイン共通)でオーダー&テイクアウトしました

今回は単品1750円(税込/テイクアウト・イートイン共通)でオーダー&テイクアウトしました

 店員さんから受け取ったときと、家に着いて袋から取り出すときの“ずっしり感”もなかなかのものでしたが、それ以上に「驚いたのが包み紙を開けた瞬間のビジュアル。ただただ「すごい!」という言葉しか出てきませんでした。これはもう、ハンバーガーというかハンバーガーに見せかけた肉です(笑)。ちなみにサイズの実測値は、直径が約12cm、高さは約6.5cm。うーん、乾いた笑いしか出てきませんわ…。

断面を見てさらに確信! 肉の密度がすごい

断面を見てさらに確信! 肉の密度がすごい

 そのままかぶりつく前に包丁で半分にカット(※オーダー時にお願いすればお店でカットしてくれます)。ビーフパティは全部で4枚。上バンズと下バンズのそばにオニオンとピクルスが入り、パティの間に計6枚のゴーダチーズスライスをサンド。白いソースはパルメザンチーズとカマンベールチーズを合わせたシーザーソース…だそうです。

11層にも及ぶボリューム満点なバーガー

11層にも及ぶボリューム満点なバーガー

 ではお待ちかね、口を目一杯開けて〜ガブッ。うん、やっぱり肉だった(笑)。直火で焼いた香ばしさと、100%ビーフを感じさせる肉そのもの味がどんと来ます。というか、肉の味と香ばしい風味がシーザーソースやゴーダチーズ、バンズの存在までもすぐに消し去ります。たまにオニオン&ピクルスの味とシャリっとした食感が顔を出しますが、それすらもパティの味わいが即上書き。なのに、不思議とその味に飽きが来ない。食べるペースが全然落ちてこないんです。

 パティがしっかり焼き上げられており、余計な肉汁や脂のしつこさが適度に抜けているのが大きいのかな? また、パティ自体に塩こしょうなどの味付けが為されていないことも、肉の旨さをいい感じに際立たせているようです。

 正直、食べ切れない場合も想定した上でバーガーをカットしたんですが、そんなことなどすっかり忘れて1個丸々完食。ごちそうさまでした!

 今回の「キング・イエティ超ワンパウンドビーフバーガー」。見た目通りの抜群すぎる食べ応えで、バガキンのビーフパティだけを心置きなく食べたいという人には持ってこいの仕様といえます。その代償、とまでいうのはいささか大げさですが、味の変化が思った以上に乏しいのが気になったポイントでしょうか。定番メニューの「ワッパー」と同様にスライストマトやレタスで肉以外のジューシーさと旨さを演出していたら、また存在感がほとんど感じられなかったソースにも汁っ気や味にアクションを加えていたら、食後の満足感は大きく違っていたのではないかと感じました。

 1人でガッツリ食べ切ってヨシ、またシェアして美味しさとボリュームを分かち合うのもまたヨシ。販売は3月3日までとのことなので、ぜひUMAな味わいを堪能してみてください!

●DATA

『バーガーキング』キング・イエティ超ワンパウンドビーフバーガー

期間:2022年2月18日(金)〜3月3日(木)※各日とも14時からの販売となります
販売:一部店舗を除く『バーガーキング』
https://www.burgerking.co.jp/

関連記事(外部サイト)