【実食レポ】ちくわだけなのに旨い! ローソンストア100の新作200円弁当「おかずがちくわの磯辺揚げだけ」を食べてみた

【実食レポ】ちくわだけなのに旨い! ローソンストア100の新作200円弁当「おかずがちくわの磯辺揚げだけ」を食べてみた

食楽web

 大人気“100均”コンビニエンスストア『ローソンストア100』では、3月9日より注目の”だけ弁当”「のり磯辺揚弁当」の販売をスタート。予想を遥かに超えてきたクオリティの高さと美味しさに、実食を終えた全国各地の食いしん坊から大絶賛の声が湧き上がっています。

「磯辺揚弁当」216円(税込)

「磯辺揚弁当」216円(税込)

 第1弾の「ウィンナー弁当」、第2弾の「ミートボール弁当」に続く今回の第3弾は、おかずにちくわの磯辺揚げ、ご飯にのりとおかかを乗せた、いうなれば“のり弁当の一部”を再現した仕様。果たしてどんな味わいをもたらしてくれるのか、こちらも世の人々に負けじと発売当日に現物を入手。実食してみることにしましたよ!

しっとり食感の磯辺揚げにおかかご飯があう!満足感も上がった200円弁当

付属する小袋は「だし醤油」。弁当を温めていただく際は、必ず外してからレンチンしてください

付属する小袋は「だし醤油」。弁当を温めていただく際は、必ず外してからレンチンしてください

 説明こそあったものの、公式写真ではわからなかった「だし醤油」が別添えに。過去2回の“だけ弁当”にはなかったエクストラ仕様に、これを付けるだけでもコストがかかるのに…と、ついつい売る側を慮ってしまうのは職業病なのかもしれません(苦笑)。

 その辺はさておき、さっそく磯辺揚げにだし醤油をかけていただいてみましょうか。レンチン前にひと口、そしてレンチン後と両方で食べてみましたが、どちらの状態でも衣はサクサクではなく、しっとりしんなりの食感。それでも、衣の中にいる青のりの風味とちくわの味わいがちゃんと感じられ、おかずとしての役割をしっかりと果たしています。

 続いてはのりおかかごはん。こちらもレンチン前にひと口だけいただいたんですが、冷たくても硬くならずに普通にいけちゃうのは前2回と変わらず。海苔とおかかがアクセントになっています。が、しかし! このおかかごはんが真のポテンシャルを発揮するのは、レンチン後&だし醤油をかけてから。温かいおかかごはんに、磯辺揚げ経由でどばっとまではかからない絶妙な量のだし醤油が加わることで、一気に美味しさが急上昇するんです。いや驚いた、これはまさに“予想を遥かに超えてきたクオリティと美味しさ”です。

 同じく温まった磯辺揚げともばっちりと合い、それこそのり弁を食べている感覚であっという間に全部を平らげてしまいました。ごちそうさま!

公式の画像(食楽web)

公式の画像(食楽web)

 今回の「磯辺揚弁当」最大のストロングポイントはズバリ「だし醤油」。普通の醤油を選ばずに「だし醤油」にしたことで、おかずの磯辺揚げだけでなく「のりおかかごはん」の美味しさもアップさせるという、一石二鳥&一挙両得&一粒で二度美味しいを見事に実現しています。200円という縛りの中でここまでやれるものなのかと、ただただ恐れ入るばかりです。

 他のお惣菜やカップ麺などと一緒に食べたり、また小腹が空いたときの軽食や一食を控え目にしたい場合にも最適となりそうな「磯辺揚弁当」。『ローソンストア100』でその姿を見掛けた際は迷わずゲットして、その美味しさをぜひ体感してみてください!

●DATA

『ローソンストア100』 磯辺揚弁当

期間:2022年3月9日(水)〜
販売:全国の『ローソンストア100』
https://store100.lawson.co.jp/

関連記事(外部サイト)