コスパ最強焼肉! 新大久保『モイセ』の“デジカルビ”が美味しい理由

コスパ最強焼肉! 新大久保『モイセ』の“デジカルビ”が旨すぎる

食楽web

 韓国料理店がひしめく新大久保界隈のコリアタウン。安くて美味しい店がたくさんある中、ランチで美味しいお肉を食べるなら、オススメなのが『モイセ』。家庭料理が食べられる韓国料理店ですが、ここの名物は大きなデジカルビ。テジカルビとは、ご存知の通り、豚カルビを特製の甘辛タレに漬けた豚カルビを焼いて食べる料理。モイセの骨付の豚カルビは厚みがあるのに、とってもやわらかくてジューシーなんです。

 一緒に出てくるキムチなどのサイドメニューも多く、ほかではなかなかお目にかかれないボリュームランチは、リピーターも多い人気店です。

骨付の大きなデジカルビ。1枚のボリュームが凄い!

 いちばん人気だという豚カルビをオーダー。するとすぐに運ばれてくるのは、小皿のおかず。キムチやカクテキ、ナムルなど5皿も。さらにサンチュやネギサラダまでサービスというからうれしい限り。もちろんスープとごはんもセットです。

「豚カルビ」1,500円(税別)

「豚カルビ」1,500円(税別)

 たくさんのおかずを楽しんでいると、やってきましたメインの豚カルビ。これが一人前なの? と驚く大ボリューム!

 タレでしっかり味付けされた大きな肉が2枚。これは食べ応えがありそうです。骨付きのままプレートへ。こちらでは肉はスタッフが焼いてくれるのであとは待つだけ。テキパキと慣れた手つきで、食べやすい大きさにハサミで切り分けていきます。

 このくらいの焦げ目がついたら食べどきです。タレに漬け込まれた肉は、厚みもあるのにとにかくやわらかい! タレは少し甘めで、ごはんとよく合います。肉の量は一人前およそ200gとのことですが、いやいやそれ以上は確実にありそうで、プレートいっぱいになるほどの量なのです。

脂が美味しい豚バラ肉

「豚バラ肉」980円(税別)

「豚バラ肉」980円(税別)

 デジカルビもいいけどたまには別のを食べたという上級者の人には、こちらも人気の「豚バラ肉」ランチもおすすめです。写真は2人前の量ですが、1人前でも厚い豚バラ肉が2枚の堂々たるボリュームです。そのまま食べても、ごはんにのせても、カリッと焼いてサンチュに包んで食べても美味しい豚バラ。もちろんこちらのランチにも小皿のおかずやネギサラダ、スープ、おかずが付いています。

 ランチはそのほかにも、「石焼ビビンバ」や「味噌チゲ」など約20種類もあって、780円〜とお得なメニューが満載です。このボリュームでこの価格、かなりコスパが高いです。店内は昔ながらの食堂のような趣で、肉を焼く美味しい匂いと煙も相まって、ちょっとレトロないい雰囲気。いやぁ、肉食ったな〜という達成感を感じる、オススメの韓国料理店です。

●SHOP INFO

モイセ 外観

店名:モイセ

住:東京都新宿区大久保1-15-11
TEL:03-3205-2373
営:11:00〜翌2:00、ランチ11:00〜15:00
休:なし

●著者プロフィール

矢巻美穂

国内、海外の旅行雑誌を中心に活動するカメラマン。趣味は温泉めぐりと食べ歩き。座右の銘は「美味しいものは産地で食べるに限る」。旬の美味しいものをその産地で食べることに興味津々。著書に「トレッキングとポップな街歩きネパールへ」「とっておき! 南台湾旅事情故事」「台北ナビが教えてくれる本当においしい台湾」「初めまして、東台湾。」がある。

関連記事(外部サイト)