おせちはまだ間に合う! 西武池袋に、完売した大人気おせちが12/31限定で再登場

駆け込みおせち! 西武池袋「歳末おせち&ごちそう大市」で、完売した人気おせちが12/31限定で再登場

食楽web

 いよいよ2018年最後の日・大晦日がやってきます。年の瀬で何かと忙しくて、「おせち料理の準備なんてしていないよ」という人も多いのではないでしょうか。

 近年、若者の“おせち離れ”が進んでいるなんて言われていますが、健康、金運、学問、商売繁盛、出世など、さまざまな運気を上げるおせち料理を正月に食べて、よりよい一年を迎えたいもの。

 とはいえ2〜3人の家族にとっては、作るのは面倒だし、買うには量が多くて…というのもわかります。

 そんなおせち難民に朗報。西武池袋本店で、「歳末おせち&ごちそう大市」が年末ギリギリの31日に開催されます。しかも今回の祭典では、すでに予約完売した名店の2人前おせちが数量限定で登場するんです。

 この催し、大晦日の12月31日・午前9時30分西武食品館地下1階(おかず市場)で一斉にスタートします。そこで、並んでも絶対にゲットしたいおせちを厳選してご紹介しましょう。

西武池袋本店で一番人気
『懐石料理 青山』の「ミニおせち」

11,880円。1段・縦24.0×横24.0×高さ5.0cm、2人前、全31品 限定100点

11,880円。1段・縦24.0×横24.0×高さ5.0cm、2人前、全31品 限定100点

『懐石料理 青山』といえば、創業29年、宮内庁御用達のお弁当として知られる名店です。おせち料理では、八つ頭や慈姑、梅花人参などこだわりの煮物が大評判。毎年、西武池袋店では1番人気を誇る名物のおせちです。ちなみに懐石二段重は、早々と予約完売してしおり、今回2人前の「ミニおせち」のみが大晦日限定100食で販売されます。味はもちろん、色合いにもこだわっており、お重の華やかさはピカイチ。並んでもゲットしたいおせちです。

出汁香る京料亭の味わい
『京・料亭 わらびの里』の「和風料亭おせち二段重・雲鶴」

10,800円。2段・縦15.0×横15.0×高さ5.1cm、2人前、全32品 限定100点

10,800円。2段・縦15.0×横15.0×高さ5.1cm、2人前、全32品 限定100点

 京の食文化を今に伝える『京 料亭・わらびの里』。こちらも大人気のおせちで、12月初旬には全ての種類のおせちが予約ですでに品切れ。ですが、こちらも2人前の「和風料亭おせち二段重・雲鶴」が手に入るチャンスです。料亭ならではの豪華絢爛な料理の数々。京料理の滋味深いお出汁が感じられる煮物など、ぜひ味わってみたい京のおせちです。

有頭海老やローストビーフが入った洋風おせち
『柿安ダイニング』の「迎春おせち」

10,800円。1段・縦18.5×横24.4×高さ7.5cm、2〜3人前、全18品 限定50点

10,800円。1段・縦18.5×横24.4×高さ7.5cm、2〜3人前、全18品 限定50点

 デパ地下で大人気のお惣菜を販売しているお店といえば『柿安ダイニング』。料亭の味から洋風ダイニングまで手がける『柿安』ならではの和洋折衷のおせち。特にガーリック風味のローストビーフやスモークサーモンなどが入り、ワインにもぴったり。お正月のオードブルとして、若い人たちに大人気のおせちです。

名店の和牛をたっぷり味わう
『人形町今半』の「おせち重詰一段」

17,280円。1段・縦21.5×横28.0×高さ5.8cm、2人前、全29品 限定70点

17,280円。1段・縦21.5×横28.0×高さ5.8cm、2人前、全29品 限定70点

 しゃぶしゃぶ、すき焼きなどで知られる老舗『人形町今半』が作るおせちといえば、やっぱり和牛を使った料理が一番の楽しみ。黒毛和牛のローストビーフがドカンと入っています。また、黒豆、数の子、田作りなど、おせちの定番も素材からこだわり、丁寧に手づくりされた味わい。こちらも予約完売したおせちが限定で70食登場しますので、ぜひ手に入れてみたいところです。

●DATA

「大晦日限定 歳末 おせち大市・ごちそう大市」

日時:2018年12月31日(月)午前9時30分 販売開始
会場:西武食品館地下1階=おかず市場 各売場
取扱い:おせち=約26種 1,600台 オードブル=約20種 1,000点
中心価格帯:おせち=10,000円〜12,000円、オードブル=3,000円〜4,000円

西武池袋本店
住:〒171−8569 東京都豊島区南池袋1−28−1
TEL:03-3981-0111(大代表)
営業:10:00〜21:00 *日・祝休日は〜20:00(不定休)
https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/

関連記事(外部サイト)