予約の取れない名店! 「ガリシソ〆鯖」が超人気の三軒茶屋『三茶呑場マルコ』に行ってきた

予約の取れない名店! 「ガリシソ〆鯖」で人気の三茶『三茶呑場マルコ』に行ってきた

食楽web

新潟直送のこだわり食材で作る創作和食

 三軒茶屋駅北口から徒歩5分、太子堂商店街にある『三茶呑場マルコ』。近くを通るといつもお店は大にぎわいで、三茶界隈の居酒屋ナンバー1の呼び声も高いお店です。旬の食材を使った和食をベースに、新潟直送の新鮮な魚介が美味しいと大評判。店に入るとカウンターにはおばんざいが並び、どれも美味しそう。街ネタでおなじみのTV番組「アド街ック天国」の三軒茶屋・太子堂を特集した中で、堂々第3位に輝いたこともある、なかなか予約が取れないお店です。

 おしゃれなカフェのような店内でいただく料理は、オーナーの故郷である新潟の食材を使ったこだわりの創作和食。メニューは和食の他に、和食ベースの変化球メニューもあります。例えば「キングサーモンと新玉葱アボガドのタルタル」、「長生トマトの土佐酢漬け〜土佐酢ジュレと〜」と、イタリアンのエッセンスが見えたかと思いきや、旬の食材を使ったおばんざいには、ちょっと気になる「パクチー鶏もやし」なんて料理もあります。炒めメニューからは「パクチー麻婆豆腐」「モッツァレラチーズと北海道だんしゃくの揚げまんじゅう」など幅広い料理がたくさん。どれも美味しくて、丁寧に作られた料理が評判です。

まずはこれ! 薬味たっぷりでいただくシメサバ

「ガリシソ〆鯖」780円

「ガリシソ〆鯖」780円

 マルコへ行ったなら食べて欲しいのが、オープン当時からのロングセラーメニュー「ガリシソ〆鯖」。時期によって仕入れる鯖を変更するこだわりのシメサバで、その時いちばん美味しい鯖を使用しています。ガリ、大葉、みょうがなど、たくさんの薬味でいただきます。こちらのシメサバのオーダー率はなんと90%超え。ぜひトライしてほしい料理です。

「塩引き鮭とイクラの土鍋飯」1,000円(1合)

「塩引き鮭とイクラの土鍋飯」1,000円(1合)

 そしてマルコのシメごはんは、土鍋飯。塩引き鮭とイクラ、雲丹と明太子、煮穴子と常時3種類の土鍋飯が食べられます。ごはんは岩船産のコシヒカリを使用。ここはいちばん人気の塩引き鮭とイクラをチョイス。土鍋で30分かけてじっくり炊き上げたごはんには、新潟村上の塩引き鮭がどーん。くるりと全体を混ぜると、鍋底にはうれしいおこげが。土鍋で食べるごはんの美味しさといったらもう!ふっくら炊き上がったごはんと、鮭とイクラの相性は抜群です。

 そしてお酒は、美味しい料理によく合う地酒が10種類以上揃っています。新潟村上の宮尾酒造『〆張鶴』をはじめ、新潟地酒が600円から。さらになんと1,800円で新潟の地酒、全国の純米酒、2時間飲み放題もあります。また、自然派ワインで注目のヴァン・ナチュールワインも常時50種類以上と豊富なラインナップです。

 マルコの人気の理由は、随所に工夫を凝らした楽しい料理と、充実のお酒の品揃え。そしてもうひとつは、スタッフの皆さんの感じの良さ。予約をするとさりげなく名前入りのウエルカムカードがあったり、料理やお酒の説明も親切丁寧で、好感度抜群なんです。人気の理由も納得できるスゴイお店でした。

●SHOP INFO

三茶呑場 マルコ 外観

店名:三茶呑場 マルコ

住:東京都世田谷区太子堂2-22-9 中野ビル1F
TEL:03-6413-8208
営:18:00〜2:00(日祝日〜0:00)
休:不定休

●著者プロフィール

矢巻美穂

国内、海外の旅行雑誌を中心に活動するカメラマン。趣味は温泉めぐりと食べ歩き。座右の銘は「美味しいものは産地で食べるに限る」。旬の美味しいものをその産地で食べることに興味津々。著書に「トレッキングとポップな街歩きネパールへ」「とっておき! 南台湾旅事情故事」「台北ナビが教えてくれる本当においしい台湾」「初めまして、東台湾。」がある。

関連記事(外部サイト)