現役トレーナーに聞く筋肉メシ! 「お酒ではなく、つまみの食べ過ぎで太る」は本当か?

現役トレーナーに聞く筋肉メシ! 「お酒ではなくつまみの食べ過ぎで太る」は本当か?

食楽web

美味しいものが食べたい。でも体型のことも気になる…。そんな人のために、トレーナーの宮本健太郎先生がレクチャーする「筋肉メシ」。第6回目は、お酒は太るのか? 太らないのか?です。

酒飲みが痩せている理由

 年末年始、何かとお酒を飲む機会が増えますが、「太りそう〜」と思っている人も多いのではないでしょうか?

 実際問題、お酒(=アルコール)は太るのか、太らないのか? これについて、十人十色の人イメージを持っているかと思います。

 なかでも多くの人が抱いているイメージとしては「お酒よりも“つまみ”が太る」です。

つまみだけがデブ化の犯人ではない

つまみだけがデブ化の犯人ではない

 その根拠として「つまみをほとんど食べない飲ん兵衛ほど痩せている」というイメージがあるからかもしれません。が、これはちょっとした誤解です。

 往々にして飲ん兵衛が痩せて見える理由は、アルコールを大量に摂取したことによってそれが分解し切れず、残ってしまったアルコールが筋肉を分解しているから。つまりアルコールのせいで筋肉が細くなってしまっているのです。

 もちろん、つまみによる脂質・糖質摂取が控えられてはいますから、たしかに内臓脂肪はさほど多くないかもしれませんが、お酒が太らないわけではないし、実はこうした飲み方、非常に危険なのです。

 まず、「アルコールが、筋肉の合成を30%ほど低下させる」というのは科学的に証明されているれっきとした事実です。重度のアルコール中毒者が痩せていて、なおかつ腰が曲がっている人が多いのは、筋肉が細くなりすぎた挙句、筋骨格、内臓すべて老化しているからなんです。正直言って早死にします

焼酎は、糖質を含まない蒸留酒ですが……

焼酎は、糖質を含まない蒸留酒ですが……

 お酒自体は太るのか、太らないのかについて話を戻しましょう。

 お酒は、ウイスキーや焼酎に代表される“蒸留酒”と呼ばれる糖質を含まないものと、ビールやワインといった“醸造酒”と呼ばれる糖質を含むタイプの2種類があります。

 お酒に含まれる糖質は、摂取カロリーを増やしやすく、1日の消費カロリーよりオーバーすれば必ず太ります。しかも糖質によって分泌されるインスリンが、寝る前に成長ホルモンの分泌を妨げてしまうことはこの連載の第4回目にお話ししたとおり。

 せっかく効率よく脂肪を燃やしてくれる成長ホルモンの働きを、アルコールの糖質が台無しにしてしまうんです。なおかつ、成長ホルモンの分泌が阻害されると新陳代謝を悪くさせるので、肌や髪の老化をも早めてしまいます。

 では、糖質が含まれていない蒸留酒なら太らないのか? いいえ、太ります。その理由をお話ししましょう。

アルコールは、“ガソリン”と一緒

 人間の体には「恒常性」といって体温を一定に保つ機能が備わっています。体内にある脂肪や糖質を燃焼(代謝)させて、熱を生産するのです。しかし、アルコールが入ると、それ自体が燃えて熱を放出します。ガソリンと同じようなものですね。つまり、体内にある脂肪と糖質を燃やす必要がなくなってしまうんです。

 本来燃焼するはずだった体内の脂肪や糖質は、アルコールが入ってきたことによって燃焼しなくなり、そのまま内臓脂肪に直行します。だから太るんです。

 これは、つまみを食べていなくても同じこと。もちろん、脂質の多いつまみ、さらには〆のラーメンやお茶漬けなどの糖質を食べたら、それらも全部、内臓脂肪行き、です。

 しかし、飲み過ぎた翌朝、体重計に乗ったら、体重が減っていることってありませんか? 「やっぱりお酒は痩せるんだわ」なんて思っている人。これも大間違い。単なる“脱水”です。水を飲んだら、元どおり。それどころか、体重は間違いなく増えていくでしょう。

 とはいえ、年末年始。お付き合いの酒の席も多いので、ある程度は仕方ないとは思います。多少、飲み過ぎてもアウトではありません。大事なことは、飲んだ分は運動とタンパク質摂取でしっかり取り返すことです。

 この世に、自身が消費するエネルギー(カロリー)を上回るエネルギーを摂取して太らない生物はいません。何度も言いますが、ダイエットに近道なし。アルコールは太る。これを肝に銘じて、羽目を外して酔っぱらい、正気に戻ったら、ちゃんと筋トレを!

(取材・文◎土原亜子)

●お話を聞いた方

宮本健太郎

宮本健太郎

『エベレストフィットネス』代表。日本体育大学卒 第一種高等学校教諭(保健体育)。全米ストレングス&コンディショニングスペシャリスト。NSCA認定パーソナルトレーナー。大学生時代よりプロボクシングでの競技生活をスタート。競技引退後は某有名ボクシングジムのチーフトレーナーとして後進の育成に従事し、2011年から2018年3月までこの職を勤めトレーナーとしてのスキルを磨く。今季夏より独立し、ボクシング&フィットネスのジム『エベレストフィットネス東高円寺』を経営。
https://everest-fitness.jp

関連記事(外部サイト)