鎌倉の 超人気カレー店『珊瑚礁 本店』(七里ヶ浜)で絶品すぎる「ドライカレー」を食べてきた!

鎌倉の 超人気カレー店『珊瑚礁 本店』(七里ヶ浜)で絶品すぎる「ドライカレー」を食べてきた!

食楽web

 カレーは美味しい。チャーハンも美味しい。だからカレーとチャーハンが合体したら絶対に旨い! という前提のもと、都内でカレーチャーハンが食べられる店を探し歩く日々。なんですが、今回は湘南の超有名店へ。『珊瑚礁』といえば、地元の人はもちろんのこと、鎌倉観光の人などに愛され続け、鎌倉や湘南を舞台にした映画やドラマでも舞台となっている人気店。

 その『珊瑚礁』の「ドライカレー」にはカレーソースがかかっていて、まさにカレー×チャーハン! これは食べに行かなくちゃでしょ。とはいってもチャーハンではなくドライカレーですが。

『珊瑚礁』といえば、ステーキ肉並みの分厚い肉がどーんと乗ったゴージャスな「ビーフカツカレー」とか、ボリュームのある「シーフードサラダ」などがよく紹介されていますが、今回は「ドライカレー」一択。ウキウキしながら七里ガ浜高校と鎌倉プリンスホテルの間にある坂を登っていきます。

メニュー表。カレーの項目の一番上に「ドライカレー」がある。アンチョビポテトとか、ビッグオニオンフライも食べたいけれど、今日は「ドライカレー」のみで

メニュー表。カレーの項目の一番上に「ドライカレー」がある。アンチョビポテトとか、ビッグオニオンフライも食べたいけれど、今日は「ドライカレー」のみで

「本店は1972年創業で、前身は牛乳販売店でした。だから乳製品をたっぷり使った、コクのあるまろやかなカレー。地元のサーファーの方に大盛りで出すようなスタイルが定番なんですよ」と話すのは店長。福神漬けや香の物の代わりに、レタスのマヨネーズ和えを添えるのも独自のスタイルとのこと。

「ドライカレー」は本店の看板メニューで、「ずっとご贔屓にしていただいていますね」。終日注文が入る人気メニューだそうです。

地元サーファーに愛され続けている湘南を代表する「ドライカレー」!

「ドライカレー」1350円。カレーピラフに濃厚まろやかキーマソースがかかっているダブルカレー

「ドライカレー」1350円。カレーピラフに濃厚まろやかキーマソースがかかっているダブルカレー

 注文後、数分で卓上にやってきたのは、まるでデミグラスソースのような褐色のソースがかかった「ドライカレー」。もちろんレタスのマヨネーズ和えも添えられています。

 まずはゴハン部分を一口。最初にバシッとした辛さがやってきます。チャーハンで例えるならややしっとり系。辛さがきた後、おそらくですが、ベーコンやマッシュルーム由来の旨みが時間差でやってきます。

 そしてソースがかかった部分も一口! ピラフとソース、一緒に味わうと濃厚旨辛。カレーソース効果で重厚感がある深みのある味わいが一気に口の中に広がってきます。カレーチャーハンとは一線を画すザ・洋食と言える美味しさで、どこかおしゃれで品のある味わいです。

ソース部分。濃厚だけれどスパイスがしっかりきいていて、食べるごとにもっと欲しくなる!

ソース部分。濃厚だけれどスパイスがしっかりきいていて、食べるごとにもっと欲しくなる!

「ソースは昔から作り続けている“乳製品を効かせた”ドライカレー専用のキーマカレーですね。仕上げに、挽きたてのスパイスを数種類ブレンドしたものが入っています」と店長。

 カレーピラフの方は、ベースはバターライス、具はベーコン、タマネギ、ピーマン、マッシュルーム、グリーンピース。旨みはベーコンなどの具だけではなく、おそらくバターからもきているんですね。

ゴハン部分とソースを一緒に。辛さしっかり、だけれど旨みもしっかり感じられる

ゴハン部分とソースを一緒に。辛さしっかり、だけれど旨みもしっかり感じられる

 そもそも、なぜカレーピラフにカレーをかけるようになったんですか?「先代オーナーの時代、馴染みのお客様から『珊瑚礁らしいバターがたっぷりきいた、カレー味のピラフが食べたいなぁ』という、カウンター越しの会話を聞いたことから、店にあるものでささっと作ったのが始まりと聞いています。カレーソースは常にあったので、カレーピラフの上にかけちゃったんですよ」と、微笑みながら話すオーナー。

 このアレンジが好評だったことから、カレーピラフとカレーソースを改良、突き詰めて今のスタイルになったそうです。きっかけは常連さんからのリクエストだったとは!

日没後の店の雰囲気。天気がいい日、寒くない日はオープンエアにして、七里ヶ浜の風を感じながら過ごすことができる(食楽web)

日没後の店の雰囲気。天気がいい日、寒くない日はオープンエアにして、七里ヶ浜の風を感じながら過ごすことができる(食楽web)

 ちなみに、カレーメニューで一番人気はやはり、「ビーフカツカレー」(1950円)。そして「ナスとひき肉のカレー」(1550円)も人気が高いとのこと。「うちのカレーはドライカレー以外はベースは同じで具材が異なる、という感じです。乳製品たっぷり、濃厚なのに爽やかなソースなので、いろいろなカレーを味わってほしいですね」。

 ちなみに本店限定のメニューがあり、それは平日限定の「スープカレー」。「今は『仔羊のスープカレー』(1650円)ですが、週替わりのメニューです。熱々で程よくスパイシーな美味しさですよ」。それは気になる!

「ドライカレーの付け合わせのレタスは、そのまま食べても、またドライカレーと混ぜて食べるのもおすすめですよ」(料理長の岩出慎吾さん)

「ドライカレーの付け合わせのレタスは、そのまま食べても、またドライカレーと混ぜて食べるのもおすすめですよ」(料理長の岩出慎吾さん)

『珊瑚礁』の、食後の楽しみといえばソフトクリーム! 小250円・レギュラ−350円です。店内だけではなく、テイクアウトでも購入可能なので、通りすがりの人がソフトクリームを買っていく姿もよく見かけます。カレーを食べた後のスパイス感をソフトクリームがリセット。なんといっても前身は牛乳屋さん。美味しくないわけがないっ!

 ピラフもキーマソースもスパイスの香り豊か、辛さもしっかりある大人のカレーで、レタスのシャキシャキとマヨネーズの酸味がいいアクセントとなっている『珊瑚礁』の「ドライカレー」。単品でも合わせても美味しい、そして片方だけが突出していることはなく、お互いの良さを引き立て合うバランスのいい味わいでした。

 次回は誰かを誘って、サイドメニューやお酒と一緒に、ゆったりとした時間を過ごしに来たいなぁ。または、もっと夏らしくなってから、『モアナマカイ珊瑚礁』の方に行って海を眺めながら楽しむか。でも本店の、この知る人ぞ知るというか地元ローカル感も捨て難い。天気のいい日や、海で遊びたくなった日に、また食べにくること決定です!

(取材・文◎いしざわりかこ)

●SHOP INFO

珊瑚礁 本店外観

店名:珊瑚礁 本店

住:神奈川県鎌倉市七里ガ浜東3-1-2
TEL:0467-31-5500
営:10:30〜20:00(L.O.)
休:月曜(祝日の場合翌日)

関連記事(外部サイト)