台湾グルメファンが熱狂中! 話題のインスタント汁なし麺「曽拌麺」ってどんな料理?

台湾グルメファンが熱狂中! 話題のインスタント汁なし麺「曽拌麺」ってどんな料理?

食楽web

「大鶏排(ダージーパイ)」や「台湾カステラ」など、台湾グルメの人気はここ数年で天井知らずの急上昇中。そして今年2022年、また新たなメニューが大ブレイクの兆しを見せています。

 そのメニューとは、台湾では古くからソウルフードとして親しまれているインスタントの汁なしまぜそば「拌麺(バンメン)」。日本では今年の4月から『food next』が、台湾におけるトップブランド『曽拌麺(ソウ・バンメン)』の販売をスタートしており、台湾グルメファンを中心にただ今大きな注目を集めています。

曽拌麺(麻辣山椒風味)4食パック/1620円(税込)

曽拌麺(麻辣山椒風味)4食パック/1620円(税込)

「曽拌麺」は2種類のテイストで展開。「麻辣山椒風味」は麻辣のピリッとした辛味と山椒のシビれる味わいを楽しめる、ヤミツキ度高めの一品です。

曽拌麺(麻辣胡麻油)4食パック/1620円(税込)

曽拌麺(麻辣胡麻油)4食パック/1620円(税込)

「麻辣胡麻油」は、同じく麻辣味をベースに胡麻油のまろやかな味わいを楽しめる一品。調理はどちらも麺を5〜6分茹でた後、湯切りをして丼に移したら同梱の調味料を入れてよく混ぜるだけ。温泉玉子やネギ、ニンニクのみじん切りなど、好みのトッピングを乗せていただくのがオススメです。

好みのトッピングを加えることで、より美味しくいただけます!(食楽web)

好みのトッピングを加えることで、より美味しくいただけます!(食楽web)

 特徴的な「曽拌麺」の麺は、平打ちの刀削麺を台湾の伝統的な天日干し製麺方法で乾燥させることで、小麦粉の豊かな風味としっかりとしたコシ、幅広でひらひらした形状が特徴。調味料が絡みやすく、一食でも十分すぎる食べ応えを備えています。

『food next』公式サイトやECサイトなどからのお取り寄せに加え、5月からは『北野エース』や『ヤマナカフランテ』などの一部スーパーで1食パックの販売がスタートし、より手軽に入手できるようになりました。大ブレイクを果たして品薄となる前に、一足早く「曽拌麺」の美味なるテイストをじっくりと味わってみてはいかがでしょうか。

●DATA

曽拌麺(ソウバンメン)

販売:『food next』公式サイト、各ECサイトでの通信販売及び、スーパーマーケット『北野エース』『ヤマナカフランテ』など
https://paminoodles-jp.com/
※通販での購入時は別途送料がかかります。
※「1食パック」は実店舗での販売となります。

関連記事(外部サイト)