おこげの香ばしさが最高! 高級生食パン『乃が美』がタブーに挑んだ「黒山乃が美」を食べてみた

おこげの香ばしさが最高! 高級生食パン『乃が美』がタブーに挑んだ「黒山乃が美」を食べてみた

食楽web

『乃が美』といえば、それまで業界ではタブーとされてきた、腰折れぎりぎりの柔らかさを追求した、耳まで美味しい“高級生食パン”を生み出したことで知られていますが、この夏、もう一つのタブー「こがし」に挑んだ新商品が発売されたのをご存知でしょうか?

 その商品名は「黒山乃が美」。パン型に蓋をせず、山型に焼き上げたパンの頂きはまさしく黒い山。これまでに見たことがないようなこげ具合にびっくりします。一体、どんな味わいなのでしょうか。

誰もが美味しいと感じる“おこげ”を食パンで実現

「黒山乃が美 レギュラー(2斤)」972円(税込)

「黒山乃が美 レギュラー(2斤)」972円(税込)

 ごはんやもんじゃ、玉ねぎなどの“おこげ”って香ばしくて美味しいですよね。おこげのほんのりビターな香ばしさとコクと旨みを、『乃が美』ならではの生食パンで実現できないか……。そこから誕生したのが、「黒山乃が美」です。

 材料・ミキシング・焼き温度・焼き時間、それらのベストを探すために繰り返した試作はなんと15回。全国各地の店舗で同じ焼き加減を出すため、各店舗で温度調整が異なるカマドで地道な調整を重ね、完成しました。

皮はパリッと中の生地はしっとり焼き上げてある

皮はパリッと中の生地はしっとり焼き上げてある

 中央からざっくり割ってみると、こがしが効いたパリッと香ばしい皮に対し、中の生地は驚くほどしっとり。膨らんだ山の部分がおこげで覆われることで、旨みを含む水分がとじ込められ、究極のもっちり食感を実現したそうです。

中の生地は手で割いてもすぐには千切れないほどもっちり [食楽web]

中の生地は手で割いてもすぐには千切れないほどもっちり [食楽web]

『乃が美』の定番商品である「創業乃が美」は、練乳やハチミツが使われほんのり甘味を感じるのが特長。一方の「黒山乃が美」は、どちらも不使用のため全体に甘さは控えめ。高級食パンの甘みが苦手という人にも食べやすいでしょう。

 続いて、「黒山乃が美」を楽しむ簡単アレンジをご紹介します。

焼かずに塩とオリーブオイルで味わってみたら絶品だった!

塩により生食パンの味わいがより引き締まる

塩により生食パンの味わいがより引き締まる

 塩味との相性がよいという「黒山乃が美」。『乃が美』が推奨する、生でオリーブオイルと塩を合わせる食べ方を試してみました。焼いていないので、生食パンの風味がダイレクトに感じられ、シンプルな味わいで美味。白ワインなどのおつまみにも合いそうです。

海苔の佃煮をぬって和風トーストで味わう

おこげの色がさらに濃くなってカリッ、サクッとした軽い食感が楽しめる

おこげの色がさらに濃くなってカリッ、サクッとした軽い食感が楽しめる

 佃煮や黒カレーなど黒色食材とも合う「黒山乃が美」。そこで冷蔵庫にある海苔の佃煮をぬって生しらす(じゃこでもOK)をトッピング。適量のマヨネーズを斜めがけして、焦げすぎに気をつけながらトーストしてみました。

 佃煮というコテコテの和食材とパンがこんなに合うなんて驚き! 具材の塩気と「黒山乃が美」のほのかな甘味のバランスが絶妙で、完成度、満足度の高いおかずパンになりました。ハムチーズなどで洋風トーストにしても、もちろん美味です。

乃が美の「上久保農園ロイヤルミルクティージャム」がよく合う

香り豊かで見た目も愛らしいジャムロール

香り豊かで見た目も愛らしいジャムロール

 甘い系のアレンジとして、『乃が美』が数量限定で販売する「上久保農園ロイヤルミルクティージャム」を使ってジャムロールにしてみました。

 作り方は簡単。「黒山乃が美」を1cmほどの厚さに切って、麺棒(なければ手でもOK)で両面をプレスしたら、広げたラップの上にパンを置き適量のジャムを塗ります。端からくるくるとラップを巻いて冷蔵庫で30分ほど寝かせ、お好みのサイズに切ればできあがり。

 奈良の自然豊かな大地で育った茶葉を1年間熟成させた、和紅茶の豊かな香りとまろやかな甘さが「黒山乃が美」の風味を引き立て、ティータイムにぴったりなおやつになりました。

 香ばしさともちもち食感が魅力の「黒山乃が美」は、レギュラーサイズのほか、「ハーフ(1斤)」486円もあります。一部取り扱いのない店舗もあり数量も限られているので、まずはお近くの店舗に確認してから味わってみてください。

(撮影・文◎池田実香)

●DATA

乃が美の「黒山乃が美」

https://nogaminopan.com/kuroyama/

関連記事(外部サイト)