新感覚のおいもスイーツに出会える!『をかしなお芋“芋をかし”』(下北沢)に行ってみた

新感覚のおいもスイーツに出会える!『をかしなお芋“芋をかし”』(下北沢)に行ってみた

食楽web

 長らく続くさつま芋スイーツブーム。もはや定番化した感もあり、焼き芋や干し芋、芋けんぴといった、昔ながらの“スイーツ”を中心に、専門店も多くなってきました。そんな中、江戸中期創業の老舗和菓子屋が手掛ける進化系和スイーツブランド『大三萬年堂HANARE』監修の新店『をかしなお芋“芋をかし”』が下北沢にオープン。さっそく行ってみました!

下北沢にオープンした『をかしなお芋“芋をかし”』

下北沢にオープンした『をかしなお芋“芋をかし”』

 下北沢駅から徒歩5分のところにオープンしたのが、『をかしなお芋“芋をかし”』。やたら気になるネーミングのお店です。店舗はテイクアウトをメインにしたつくりで、小さなテーブルとイスはあるものの、食べ歩きや持ち帰り用といった感じ。気になる店名ですが、古語の「いとをかし」の感性を芋で表現していくという思いを込めているのだとか。「いと」は“とても、非常に”、「をかし」は“趣がある、面白い、見事だ、かわいらしい”という意味。そんな幅広く深い意味を持つ言葉で、おいもスイーツの可能性の高さを表しています。

『大三萬年堂HANARE 渋谷店』

『大三萬年堂HANARE 渋谷店』

 そして、この店を監修している『大三萬年堂HANARE』は、江戸中期に兵庫で創業した老舗和菓子屋『大三萬年堂』の13代目がプロデュースする和スイーツ専門店。今回はヒゲ農園直送の「福井県産とみつ糖蜜芋」の美味しさをいかし、自身の好きな言葉、「いとをかし」を芋スイーツで表現したそうです。

新感覚のマシュマロとお芋のコントラストが堪らない!「をかしな芋パフェ 焦がし“ぽんぽん”のせ」

「をかしな芋パフェ 焦がし“ぽんぽん”のせ」980円。芋モンブランと“ぽんぽん”の相性も抜群

「をかしな芋パフェ 焦がし“ぽんぽん”のせ」980円。芋モンブランと“ぽんぽん”の相性も抜群

 ひとまず、看板メニューの「をかしな芋パフェ 焦がし“ぽんぽん”のせ」(980円)をいただくことに。見た目もかわいいこちらは芋モンブランのパフェ。ですが、気になるのが、上にのっている白くて丸い“物体”。ちょっと炙られています。これは、商品名の“ぽんぽん”で、新感覚のマシュマロです。作っている様子を見ているとわかるのですが、バーナーで炙ると、とろっと溶けてくるんです。中には芋カスタードクリームが入っていて、シュワとろな食感。お店のオリジナルの“をかしな”マシュマロに、いきなり心を掴まれます。

 芋モンブランの中には、紫芋のアイスや黒糖ゼリー、ホイップクリーム、『大三萬年堂』の餡子などが層になっています。この黒糖ゼリーが意外といい仕事をしていて、程よい甘さと食感の妙を生み出しています。さらに、大豆グラノーラと煎り黒豆がザクザク、カリカリした食感のアクセントをプラスし、香ばしい豆の香りも加わって、全体のバランスがいい塩梅になっています。

「福井県産とみつ糖蜜芋」という安納芋の焼き芋でディップ

「福井県産とみつ糖蜜芋」という安納芋の焼き芋でディップ

 トッピングしているのは、福井県あわら市富津地区で作られた『ヒゲ農園』の「完熟さつま芋」。糖度は驚異の40度越えという、そのままで“芋羊羹”のような、ねっとり甘く香り高い「福井県産とみつ糖蜜芋」です。

 これでクリームをディップしたり、アイスと一緒に食べると、芋の甘さとモンブランの風味、冷たくて甘いアイスとの組み合わせが絶品。見た目よりボリュームがある印象ですが、あっという間に食べられてしまいます!

オススメはまだまだある! お芋を使った注目スイーツ5つを紹介

「恋来、飲む焼き芋」650円

「恋来、飲む焼き芋」650円

「をかしな芋パフェ 焦がし“ぽんぽん”のせ」が同店の看板ではありますが、個人的にももうひとつ推したいのが「恋来、飲む焼き芋」(650円)。分類としてはドリンクですが、団子がのっていたり、芋チップスが飾ってあったり、飲み物と言っていいのかわからないぐらい、食べ応えがあります。

 カップの中は黄芋と紫芋が2層になっていて、夕日のようにキレイ。味わいは芋と豆乳を合わせているので、まろやかで見た目よりもさっぱりしています。そして、ちょっとした遊び心として、ストローに巻き付けてあるのは「をかしな恋みくじ」。ドリンクを飲みながら、おみくじを楽しむなんていいですよね。もちろんランダムで内容が違うので、ぜひドキドキしながらめくってみてください。

「ぷっくり芋ブリュレ」630円。オプションで芋アイス&芋チップスをプラス

「ぷっくり芋ブリュレ」630円。オプションで芋アイス&芋チップスをプラス

 シンプルながらお芋の美味しさを堪能できるのが「ぷっくり芋ブリュレ」(630円)。ヒゲ農園直送の「福井県産とみつ糖蜜芋(安納芋)」の焼き芋に、芋キャラメルクリームをのせ、表面をキャラメリゼした新感覚スイートポテト。仕上げにヒマラヤ岩塩をふり、甘じょっぱい味わいがクセになります。これだけでも十分満足できますが、よりデザート感を高めるならオプションで芋アイス&芋チップス(+150円)をプラスするのもオススメです。

夏季限定の「夏芋のモンブランかき氷」950円

夏季限定の「夏芋のモンブランかき氷」950円

 夏季限定品もあります。1つは芋モンブランクリームをたっぷりのせた「夏芋のモンブランかき氷」(950円)。かき氷の中には大豆グラノーラ、煎り黒豆、カスタードクリームが入っていて、氷だけのかき氷とは違った食感の楽しさがあります。芋の甘露煮と芋チップスのトッピングもあり、芋感を体験できるかき氷です。こちらもオプションがあり、+100円で黒糖ソースを足すことができます。期間限定なので気になる人は早めにチェックしてください。

夏季限定の「しゅわっと金魚ポンチ」600円

夏季限定の「しゅわっと金魚ポンチ」600円

 もうひとつの夏季限定は、フォトジェニックな夏季限定品が「しゅわっと金魚ポンチ」(600円)。こちらは金魚すくいがモチーフの“飲むフルーツポンチ”。特製飲むゼリーが入ったラムネに、金魚の形の琥珀糖、自家製芋団子、みかんが入っていて、見た目にも涼やか。飲んでしまうのがもったいなくなるほどかわいい一品です。

「をかしなお芋の枯山水“芋庭”」3000円

「をかしなお芋の枯山水“芋庭”」3000円

 お土産やテイクアウトにおすすめなのが「をかしなお芋の枯山水“芋庭”」(3000円)。紫芋のモンブランクリームで砂紋を表現し、景石に見立てた糖蜜焼き芋を飾っています。モンブランクリームの下にはわらび餅、「福井県産とみつ糖蜜芋(安納芋)」、クリームを重ねています。

 ほかにも「糖蜜焼き芋サンド」(650円)や、「ショコラ」(500円)、「エスプレッソ」、「黒蜜きなこ」(各450円)の3種ある「をかしな芋けんぴ」、大学芋のような風味の「焼き芋をこし」(400円)もあり、芋好き、スイーツ好きにはたまらないラインナップ。これから涼しくなってくるとより芋スイーツが恋しくなるシーズン。ぜひ、一度、食べてみてください。

●SHOP DATA

店名:をかしなお芋 芋をかし 下北沢

住:東京都世田谷区北沢2-12-15
営:11:00~20:00
休:不定休
https://imowokashi.base.shop/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?