超合体型ラーメンって何だ!? 『らあめん花月嵐』30年の集大成「げんこつらあめん5GMAX」を実食!

超合体型ラーメンって何だ!? 『らあめん花月嵐』30年の集大成「げんこつらあめん5GMAX」を実食!

食楽web

 ハイレベルなラーメンが高い支持を獲得している人気チェーン店『らあめん花月嵐』では、ただ今期間限定メニュー「嵐げんこつらあめん5GMAX(ファイブジーマックス)」を販売中。圧倒的な旨さとボリューミーな仕様が、ラーメン好きのハートを早くもガッシリと鷲掴みにしている模様です。

店頭でも大きく紹介されている(食楽web)

店頭でも大きく紹介されている(食楽web)

 7月に発売されて好評を博した創業30周年記念特別メニュー第1弾「嵐げんこつらあめん3DX」に続く今作の注目ポイントは、何といってもそのスープにアリ。お店の看板メニュー「嵐げんこつらあめん」のスープの素となる秘伝タレに、レギュラーとなっているコラボラーメン「中華そば竹下食堂」「豚そば銀次郎」「横浜家系ラーメン藤崎家」のタレを絶妙なバランスで配合。誰も体験したことがない“超合体”スープ「5GMAXスープ」で提供されます。

 とりあえず、美味しいんだろうなというのはわかるとして、どんな味になっているのかが全くもって想像できない今回のラーメン。ということで、さっそく最寄りの『らあめん花月嵐』に行ってまいりました!

『らあめん花月嵐』の本気度が伝わる「嵐げんこつらあめん5GMAX」を実食!

「嵐げんこつらあめん5GMAX」990円(税込)。大盛りでの提供はなし

「嵐げんこつらあめん5GMAX」990円(税込)。大盛りでの提供はなし

 オーダーから5分ほどでラーメンが運ばれてきました。こんもりと盛られた刻みネギ、濃厚さが伝わる茶色いスープ、チャーシュー、味玉、のりと、秒で合格が出るほどのグッドルッキングです。

 最初に確認するのはもちろん、目玉である「5GMAXスープ」から。レンゲですくい一飲み…ああ、見た目通りの濃ゆい味。2口目、3口目と立て続けに口に運ぶと、おぼろげながらもスープの味わいが見えてきました。ベースの豚骨感は「藤崎家」の家系、強いコクは「嵐げんこつらあめん」の味噌ダレ、多めの背脂と魚紛の風味は「豚そば銀次郎」、醤油の味わいが「嵐げんこつらあめん」の秘伝ダレと「竹下食堂」の醤油スープになるのかな? ブレンドされていても各ラーメンのスープの特徴が消されず、並列均等に感じられるテイストになっていました。

 しかも濃厚でありながら、塩っ辛さやくどさしつこさがなく、隠し味の唐辛子粉(お店オリジナルトッピング「壺ニラ」かも?)のピリっとした辛さが、後味のすっきり感を演出してます。

 続いては麺。スープの中から現れたのは、軽くウェーブがかかった中太ストレート麺。公式によると「特製太麺をたっぷり1.5玉使用」とのことですが、確かに量が入っていそうな手応えです。ずずっと啜ると、その身に纏ったスープの味わいに続いてもちもちの食感、麺の味わいが広がります。パンチのあるスープに全然負けない主張の強さ、さすがのチョイスに脱帽です!

具材が盛りだくさんで嬉しい

具材が盛りだくさんで嬉しい

 改めて乗っている具材を確認すると、チャーシューが3枚、たっぷりの刻みネギ、味玉1/2個、のり1枚、メンマ、刻んだ玉ねぎ、ほうれん草、ニラ、そしてナルトが1枚と種類が豊富。こちらは元のラーメンのトッピング(のりとほうれん草は「藤崎家」、刻んだ玉ねぎは「豚そば銀次郎」、ナルトは「竹下食堂」)をイメージしているようです。

 チャーシューは豚バラチャーシュー、炭焼き燻しチャーシュー、大判チャーシューの3種類で、どれもしっかりとタレの味が染みています。ただ…どれもカットが薄い印象。箸でリフトすると柔らかさも相まって、ぼろっと崩れてしまいました。肉っとして美味しかっただけに少し物足りなさを感じました。

 とにもかくにも、全ての具材がスープと麺の味わいを邪魔せず、時にはアクセントになり、また具材自身もスープを纏って美味しくいただけちゃうという、実にWIN-WINなポジションに収まってます。

 それにしても、このスープは美味しい。お冷で口の中をリセットしてごちそうさまとなるはずが、ついもうひと口とレンゲですすってお冷を飲むのルーティンを繰り返し、結局スープを完飲してしまいました。ごちそうさま!

 5種類にも及ぶベースをブレンドしながら、味の潰し合いやどれかひとつの味だけが突出したりといったネガな味わいは、今回のスープに関しては一切なし。それぞれが持っている個性と存在感をしっかり残しつつ、バランスの取れた美味しい味にまとめ上げていたのには本当に驚かされました。

 そして麺と具材も、スープとの好相性に加えて抜群の食べ応えと味&食感に適度なアクセントを付与させるなど、唯一チャーシューのほどけるような薄さを除いて、どこをとっても隙が見当たらない、ナイスな美味しさでした。

 創業30周年記念という重めの看板を背負う重責を見事に果たした「嵐げんこつらあめん5GMAX」。ぜひお近くの『らあめん花月嵐』で、限界MAXな5Gテイストを存分に味わってみてください!

●DATA

「嵐げんこつらあめん5GMAX」

期間:2022年9月7日(水)~ ※期間限定・なくなり次第販売終了
販売:国内の『らあめん花月嵐』(一部店舗を除く)
http://www.kagetsu.co.jp/index.html

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?