行列必至の大人気アジフライ専門店『トーキョーアジフライ』で旨さも鮮度も抜群の「アジフライ定食」を食べてきた!

行列必至の大人気アジフライ専門店『トーキョーアジフライ』で旨さも鮮度も抜群の「アジフライ定食」を食べてきた!

食楽web

 アジフライといえば、定食屋さんなどでおなじみの定番中の定番メニュー。ご飯にもビールにも合う、まさに魚フライの王様です。筆者はこれが大好物で、メニューにあると必ずと言っていいほど頼むのですが、調理方法がシンプルが故に、鮮度や産地、獲れた時季によってけっこう味に差が出やすいのもまた事実。

 そんなわけで、普段から「ウマいアジフライはないか…」と目と耳を研ぎ澄ませているのですが、今年(2022年)の春頃、水揚げ量日本一を誇り、“アジの聖地”と呼ばれる長崎県松浦市のアジを使ったアジフライの専門店ができた、との情報をゲット。すぐに向かいました。

 それが、2022年3月に東京・市ヶ谷、靖国神社のすぐ近くにオープンしたアジフライ専門店『トーキョーアジフライ』です。開業して間もないのに、すでにとんでもない人気ぶりで、午前11時の開店前からお店の前に行列ができ、あっという間に売り切れてしまうほど。

市ヶ谷駅から徒歩3分。靖国神社近く、オフィスビルの地下1階にある『トーキョーアジフライ』

市ヶ谷駅から徒歩3分。靖国神社近く、オフィスビルの地下1階にある『トーキョーアジフライ』

 筆者も何度かチャレンジしたのですが、売り切れ前にお店に到着できず、非常に悔しい思いをしてきました。しかし某日、「何としてでもアジフライを食べてやるぞ!」といつもよりかなり早めにお店前に到着。なんとか3番目で入店できました。

長崎県松浦市でとれたアジを使ったアジフライ定食に昇天!

「手仕込みアジフライ定食」と数量限定の「胡麻鯵」。羽釜炊きのご飯はおかわり自由! ダシがよく効いた味噌汁も美味しい

「手仕込みアジフライ定食」と数量限定の「胡麻鯵」。羽釜炊きのご飯はおかわり自由! ダシがよく効いた味噌汁も美味しい

 メニューは「手仕込みアジフライ定食」(1500円)と数量限定の「胡麻鯵」(400円)のみという潔さ。もうこの時点で、強いこだわりを感じますよね。前述の通り、使っているのは、アジの水揚げ量日本一を誇る長崎県松浦市のアジ。松浦市から毎日直送されてくるものを店内で丁寧に下処理し、オーダーが入ってから揚げていきます。

 まず運ばれてきたのは、「手仕込みアジフライ定食」。ご飯に味噌汁と卵黄醤油漬け、漬物とわさびおろしがお盆にのっており、メインのアジフライは別皿で登場します。アジの身4切れにカリカリに揚げられた中骨の部分が鎮座。もうビジュアルからしてすでに美味しそうで、胸が高鳴ります! というわけで、さっそく実食です。

中骨周辺も見事な揚げ具合。香ばしいお煎餅のようでこれまた旨し!

中骨周辺も見事な揚げ具合。香ばしいお煎餅のようでこれまた旨し!

 もちろん、脇目も振らずにアジフライにかぶりつきます。サックリとした爽快な歯ごたえの後、肉厚でふっくらとしたアジの身に到達。アジの旨みと鮮度のよさが何者にも邪魔されずにダイレクトに迫ってきます。う~ん、ウマい! やはりアジフライは魚フライの王様だと改めて実感。中骨の周囲もうまく揚げられていて、パリッパリの香ばしいお煎餅のよう。さすが専門店だけあって、期待を裏切らない美味しさです。

アジフライは肉厚で身もふっくら。自家製のタルタルソースとの相性がバツグンに良い

アジフライは肉厚で身もふっくら。自家製のタルタルソースとの相性がバツグンに良い

 アジフライの相棒とも言うべきタルタルソースにも、当然抜かりはありません。酸味ひかえめでほんのり甘さを感じるスッキリ系の味で、さっくりと揚がったアジに最高に合います。

 ちなみに味変用の薬味はタルタルソース以外に、醤油や九州醤油、宮古島の雪塩、ウスターソースなど、トータル8種類が用意されており、アジの味のバリエーションを無限に楽しめる“アジ変”が可能。このあたりも専門店ならではの工夫が感じられますよね。

トータル8種類の味変が可能。各席に味変用の薬味が置かれている

トータル8種類の味変が可能。各席に味変用の薬味が置かれている

 ご飯は五つ星お米マイスターが厳選した銘柄米を約30分に1回、羽釜で炊き上げたというもの。羽釜で炊いたというだけあって、ほどよい歯ごたえと粘りです。さすがに見事な炊き上がりですね。これだけでごちそう感があります。

 ご飯に卵黄醤油漬けをかけて、いわゆる”TKG”にしてみるのもおすすめ。濃厚でとろみのある卵黄に、舌がメロメロになりそう。そこにパルメザンチーズをふりかければ、ちょっと高級なリゾットのようになります。

「胡麻鯵」。アジの濃厚な旨みが思いっきり堪能できる。海苔やわさびを加えるとより爽やかな味わいに

「胡麻鯵」。アジの濃厚な旨みが思いっきり堪能できる。海苔やわさびを加えるとより爽やかな味わいに

 そしてもうひと品、数量限定の「胡麻鯵」は、アジフライ以上にアジの鮮度の良さがビンビンに伝わってくる逸品。ゴマと海苔、そしてワサビの風味が爽やかで、白いご飯にのせて勢いよくかっこみながら、「絶対また来よう」と心に誓ったのでした。

(取材・文◎松本壮平)

●SHOP INFO

トーキョーアジフライ外観

店名:トーキョーアジフライ

住:東京都千代田区九段南3-8-10 ACN九段南ビルB1F
TEL:03-6272-4666
営:11:00~15:00(14:30LO) ※売切れ次第終了
休:日曜

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?