天丼・カツ丼・親子丼! 東京で一度は味わう価値のある珠玉の「丼ぶりメシ」3選

天丼・カツ丼・親子丼! 東京で一度は味わう価値のある珠玉の「丼ぶりメシ」3選

西荻窪『坂本屋』の「かつ丼」 | 食楽web

 カツ丼、牛丼、親子丼…いつの時代も日本人が愛してやまない“丼メシ”。一時期流行ったローストビーフ丼など、ごはんにのせる料理のバラエティが広がりを見せる一方で、「映え」を重視する丼やデカ盛り丼も増えています。

 しかし、やっぱりいつ食べても安心できて美味しいのは、昔から愛され続ける定番丼ではないでしょうか。というわけで、東京で長く愛されるかつ丼、天丼、親子丼の名店をご紹介しましょう。まずトップバッターは、東京・西荻窪で味わえる絶品カツ丼です。

まさに王道&理想! 西荻窪『坂本屋』の至極の「かつ丼」

 JR総武線・西荻窪駅から徒歩3分。火曜日のAM11時過ぎだというのに早くも長蛇の列が。これが東京屈指のカツ丼の名店『坂本屋』です。

 かつてはオムライスや餃子など多様な料理を出す町中華の店でしたが、いまは「かつ丼」オンリー。しかも火・木・土曜日の11時半~15時のみの営業ということで、店に暖簾がかかる日、特に土曜は行列必至。並ぶのはイヤだという人も多いでしょうが、並ぶ価値のある絶品かつ丼に出合えます。

西荻窪駅北口から徒歩3分、北銀座通り沿いに佇む坂本屋

西荻窪駅北口から徒歩3分、北銀座通り沿いに佇む坂本屋

 まず、割り下に浸ったカツをホールドする黄身と白身のそれぞれの食感の違いが秀逸。黄身のとろ~り感と白身のつるり感も非の打ち所がありません。そのベストな塩梅の黄身と白身に包まれたカツのウマさときたら、“至福”のひと言。衣はつゆを吸ったしっとり部分と、揚げたてのカリッとしたサクサク部分が自然に同居。豚ロース肉の食感も絶妙で、脂身がまた甘いこと! 完璧です。

 黄身と白身でまだら模様のカツをひと切れ口に放り込み、続けてごはんをかっこむ。ごはんの炊き具合も理想的で、カツと卵とつゆの旨味にコーティングされて実に美味。一点の曇りもない、まさに理想のかつ丼です。

●SHOP INFO

店名:坂本屋

住:東京都杉並区西荻窪北3-31-16
営:火・木・土11:30~15:00(売切れ次第終了)

『天麩羅 神田 はちまき』(神保町)の丼ぶりに収まらない「穴子海老天丼」

『天麩羅 神田 はちまき』の「穴子海老天丼」

『天麩羅 神田 はちまき』の「穴子海老天丼」

 神保町の三省堂前の交差点から、すずらん通りを少し入ったところにある1931(昭和6)年創業の『天麩羅 神田 はちまき』。作家・江戸川乱歩や俳優・三國連太郎も通った老舗です。

 同店の看板メニューの「穴子海老天丼」(1500円)は、高さ約11cm、重さは丼が673g、味噌汁が166g(共に器の重さを除く)でトータル839gとボリューム満点です。そして取材時のアナゴの長さは約26cm。アナゴの橋にもたれかかるようにエビ天2本と野菜天がのっています。

店は元々、末広町(現在の外神田)で創業、その後神田駅前に移り、1944(昭和19)年ごろに現在の地に店を構え、神保町で80年続いています

店は元々、末広町(現在の外神田)で創業、その後神田駅前に移り、1944(昭和19)年ごろに現在の地に店を構え、神保町で80年続いています

 穴子天は、衣はカリッとそして中はふっくら。ゴマ油とタレの香りがフワッと鼻から抜けていきます。一般的な天ぷらよりカリッと仕上がっており、中のフワフワな食感とのコントラストが心地よし。カリカリ一歩手前まで揚げられた厚めの衣と、隠し味が入っているというタレも丼全体の美味しさを引き上げています。

●SHOP INFO

店名:天麩羅 神田 はちまき

住:東京都千代田区神田神保町1-19
営:11:00~21:00(年中無休)

とろとろ卵がたまらん! 三島由紀夫が愛した料亭『末げん』(新橋)のひき肉の親子丼

新橋『末げん』の「かま定食」はひき肉の親子丼

新橋『末げん』の「かま定食」はひき肉の親子丼

 東京・新橋駅から徒歩2分。明治42(1909)年創業の老舗料亭『末げん』をご存知でしょうか? 元総理大臣の原敬、歌舞伎役者の六代目菊五郎、作家・三島由紀夫ら数々の著名人に愛されてきた名店中の名店です。

 料亭というだけあって、夜はちょっと入りづらい雰囲気ですが、実はイチオシはリーズナブルに楽しめるランチタイム。メニューは「かま定食」(1300円)、「から揚げ定食」(1700円)、「たつた揚げ定食」(1800円)の3つ。中でも一番人気がこの「かま定食」。いわゆる卵でとじた親子丼ですが、鶏肉ではなく、ひき肉を使っているのが特徴。

新橋駅烏森口から徒歩2分。烏森神社のすぐそばにあります

新橋駅烏森口から徒歩2分。烏森神社のすぐそばにあります

『末げん』には名物の「ソップ炊き」という鳥鍋があり、地養鳥、軍鶏、合鴨の3種類の鶏肉を合わせて2度挽いたひき肉を使って作る“つみれ”が名物ですが、この親子丼にはそのつみれと同じ素材が使われています。まさにここでしか味わえない唯一無二の逸品なのです。

 頬張ると、いわゆる「親子丼」とはまるで違う食感。たっぷりのひき肉からジュワッとにじみ出る鶏の濃厚な旨味が口中に広がり、ひき肉、卵、ごはんが三位一体となって溶けてなくなっていくようなまろやかさ。

2種の鶏と合鴨を合わせたたっぷりのひき肉を2Lの卵2個でとじています。鶏ガラスープとお新香、小皿付き

2種の鶏と合鴨を合わせたたっぷりのひき肉を2Lの卵2個でとじています。鶏ガラスープとお新香、小皿付き

 味付けはほんのり甘めでしっかりとした食べごたえ。余計なものを加えず、シンプルに酒とみりんと醤油で味を整えている程度です。なのに得も言われぬ奥深い味わいが口中に広がるのは、厳選された美味しい鶏肉と合鴨の賜物。散らされた三つ葉のほのかな苦味がちょうどいいアクセントとなって、タレの甘みと鶏のコクを引き立てています。

 老舗、有名店となっても常に初心を忘れない渾身の親子丼「かま定食」、まさに東京で一度は味わう価値のある逸品です。

●SHOP INFO

店名:末げん

住:東京都港区新橋2-15-7 S-PLAZA弥生 1F
営:11:30~13:30、17:00~22:00(日・祝休/土曜不定休あり)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?