北海道の絶品グルメにお土産も! 札幌・函館旅行で絶対ハズさない「激旨グルメ」7選

北海道の絶品グルメにお土産も! 札幌・函館旅行で絶対ハズさない「激旨グルメ」7選

食楽web

 全国旅行割が始まり、いつもと違う観光地へ出向いて美しい景色にふれたり、地方グルメを堪能したいと考えている人も多いでしょう。

 中でも北海道は、冬に向けても人気のスポットのひとつ。秋が深まると、初雪にも出会うことができ、キンと冷えた空気がまた新鮮。そんな中、北海道のグルメに舌鼓を打てば、心も身体もほっこりと温まるに違いありません。

 今回は札幌・函館エリアを訪れたら是非、訪れるべき名物グルメやお土産に最適な一品をご紹介します。是非参考にしてみてください。

秋から冬の寒さの中でこそ味わいたい! 北海道グルメの王道スープカレー「マジックスパイス」

 2000年頃、札幌を中心に北海道で大ブームとなったご当地食「スープカレー」。現在ではすっかり市民の味として定着し、札幌市内におけるスープカレー専門店は200店近くにも及びます。1990年代には「スープカレー」の名づけ親『マジックスパイス』が誕生しました。

『マジックスパイス』の「スープカレー」は、イメージを覆す一品! 札幌に来たらぜひ、本家の味を味わってもらいたいのです。

●SHOP DATA

マジックスパイス外観

店名:マジックスパイス

住:北海道札幌市白石区本郷通8丁目南6-2
TEL:011-864-8800
営:11:00~22:00(15:00~17:30は休み ※土日祝日は通し営業)
休:水・木曜
http://www.magicspice.net/

※もっと詳しく知りたい人は下記の記事をチェック!

スープカレーブームの火付け役『マジックスパイス』札幌本店で人気No.1の「北恵道」を食べてきた!

わざわざ訪れても食べてみたい! 函館市民のソウルフード「ステピ」って何?

 元町や五稜郭など主要な観光地からは離れていますが、函館市民が愛するソウルフードが食べたくなったら、ぜひ『Jolly Jellyfish(ジョリージェリーフィッシュ)』へ。

 1982年創業のアメリカンレストランで、名物は「ステーキピラフ(通称ステピ)」。ランチタイムや夕飯時はあっという間に満席になってしまいますので、少し時間をずらしたり、テイクアウトの予約をするのもおすすめです。

●SHOP INFO

Jolly Jellyfish外観

店名:Jolly Jellyfish

住:函館市東山2丁目6-1 South Cedar DRIVE INN内 1F
TEL:0138-86-9908
営:11時~22時
休:なし

※もっと詳しく知りたい人は下記の記事をチェック!

牛肉×ピラフが最高に合う! 函館市民が愛する「ステピ」ってどんな料理?

函館名物・塩ラーメンを食べるならここ! 『西園』の「ネギラーメン(しお)」

 函館といえば、塩ラーメン。そんな“函館ラーメン”を食べるなら、ここを避けては通れません。それが昭和10年創業、末広町の電停目の前にある『西園』。評判を知らなければ、ちょっと入りにくさも感じるかもしれませんが、味は一級品です。

 周辺には「市立函館郷土資料館」や「日本最古のコンクリート電柱」、「元町公園」、「旧イギリス領事館」など見どころ満載。観光を楽しんだら、お腹もちょうど良くすいてくるはず。こちらでは是非、名物の「ネギラーメン」(しお)を食べてみてください。唯一無二の塩ラーメンを味わうことができますよ。

●SHOP DATA

西園外観

店名:西園

住:北海道函館市末広町19-14
TEL:0138-27-1943
営:11:30~18:45 ※中休みあり
休:日曜

※もっと詳しく知りたい人は下記の記事をチェック!

函館に行ったら絶対寄りたい老舗ラーメン店『西園』で名物「ネギラーメン」を食べてきた!

旬のクロマグロを食べるなら「クロマグロ専門工房 鮪斗」へ

 函館と言えば、海産物も抑えておきたいグルメ。駅前の朝市や赤レンガ倉庫周辺にある「はこだて海鮮市場」などが定番ですが、滞在期間に余裕があれば『クロマグロ専門工房 鮪斗』にぜひ、立ち寄ってみてください。

 ここのマグロがとにかく絶品。都内だと、超高級な寿司屋や料亭に行かなければお目にかかれないようなクオリティーなのに、価格はとっても庶民的。地元客もわざわざ足を運ぶ名店です。

●SHOP DATA

どんぶり家 鮪斗内観

店名:どんぶり家 鮪斗

住:北海道函館市美原1-7 MEGAドン・キホーテ函館店B1F
TEL:0138-42-7588
営:11:00~14:30(LO)、物販は~19:00
休:無休

※もっと詳しく知りたい人は下記の記事をチェック!

函館で旨いマグロを食べるならココ! 地元客が激推しする『クロマグロ専門工房 鮪斗』が最高すぎた

土産探しに欠かせない! ご当地コンビニ「セイコーマート」へ行こう

 大手のコンビニエンスストアを抑え、北海道では顧客満足度No.1の『セイコーマート』。ご当地色あふれるオリジナル商品に加え、1本500円前後でワインが購入できたり、1人前のパスタや焼うどんが100円で買えたりと、道民の生活にはなくてはならないお店です。

 地元ライターが帰省するときに必ず買って帰り、お土産にも重宝している逸品がたくさんあります。例えば、多彩なカップ麺やご当地ドリンク「ガラナ」、「ビタミンカステラ」や「ちくわパン」など。商品を見ているだけでも楽しい『セイコーマート』で是非、自分好みの一品を探してみてください。

※もっと詳しく知りたい人は下記の記事をチェック!

北海道出身ライターが帰省時に必ず買う「セイコーマート」の逸品グルメ8選

北海道といえばじゃがいも! まとめ買いしたい老舗精肉店『阿佐利』の「コロッケ」

 函館名物のひとつ「ちんちん電車」に乗るのも一興です。函館駅から宝来町駅へ向かったら、是非訪れて欲しいのが1901年より営む老舗精肉店『阿佐利(あさり)』。

 1階は精肉店、2階はすき焼き専門店として営業。ランチタイムなら「すき焼きランチセット」が1500円(税込)で楽しめることもあり、予約必至の人気店です。1階精肉店の名物は、1個85円の「コロッケ」。じゃがいものなめらかな甘みに挽肉の旨みが合わさり、素朴ながら止まらなくなる美味しさです。

●SHOP DATA

阿佐利精肉店外観

店名:阿佐利精肉店

住:北海道函館市宝来町10-11
TEL:0138-23-0421
営:11:00~21:00(※ランチメニューは平日11:00~13:30まで)
休:水曜

※もっと詳しく知りたい人は下記の記事をチェック!

毎日即完売! 創業1901年『阿佐利精肉店』の「コロッケ」が函館市民に愛される理由

新千歳空港でも買える絶品の函館土産はこれ!

 北海道は土産物店が多すぎて、何を買ったらよいか悩んでしまいますよね。フライトまであまり時間がないなら、なおさら絶対に外さない品を選びたいものです。

[食楽web]

「チーズオムレット」 [食楽web]

 お土産に外せないスイーツ系も盛りだくさん。中でも人気の「チーズオムレット」をはじめ、『五勝手屋本舗』の羊羹や絶品すぎる「トラピストバター」などが目白押し。是非チェックしてみてください。

※もっと詳しく知りたい人は下記の記事をチェック!

北海道出身ライターが必ず買って帰る「函館のご当地みやげ」7選

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?