餃子×シャンパンに続くトレンド? “ワイン×シュウマイ”を提案する渋谷『焼売酒場 小川』が旨い!

餃子×シャンパンに続くトレンド? “ワイン×シュウマイ”を提案する渋谷『焼売酒場 小川』が旨い!

 2019年2月1日に渋谷にオープンした『焼売酒場 小川』。焼売(シュウマイ)酒場。素敵な言葉です。私のリサーチでは、福岡にその名を冠する店は存在しますが、渋谷という私の食エリアである首都圏にオープンしたことは、シュウマイのみならず、酒をとともに味わうことを愛する者として、これ以上ない喜びでした。

「マルスワイン」コップ1杯600円

「マルスワイン」コップ1杯500円

 そしてそのシュウマイに合わすお酒は、ワイン。シュウマイといえばビールが一般的ですが、個人的には最近、肉の脂分をさっぱり洗い流す効果もあるレモンサワーもお勧めしています。また、佐賀・呼子のイカシュウマイのような魚介系は、日本酒も相性は良いと思います。ですが……正直、シュウマイは中華や和の特徴が強い料理ということもあり、西洋的なワインが選択肢に挙がることは、ほとんどありませんでした。

「焼売」3個480円(1個160円)

「焼売」3個480円(1個160円)

 ですが、この店のシュウマイはワインに合うのです。詳細は後述しますが、特に白ワインとの相性は最高です。実は取材前にも客としてお店を利用したのですが、調子に乗り白ワインが進み、年甲斐もなく久々に翌日にお酒が若干残る有様でした。コップ1杯600円で味わえる一升瓶ワインという気軽さも影響したわけですが、いずれにしても、それぐらい違和感なく、ワインとともに楽しめるシュウマイなのです。
『焼売酒場 小川』と、シュウマイ×ワインという新たなマリアージュ。近年、餃子×シャンパンのマリアージュが話題になったことも考えると、2019年の新たなトレンドになる可能性は十分あると、期待も込めて思っています。

 一般的なサイズよりも少々大きめのシュウマイを半分に割ると、赤みがかった豚肉たちがひしめき合う断面が現れます。その景観は、肉汁あふれるジューシーさよりも、むしろ引き締まった筋肉質に近い美しさが際立ちます。使用するのは、岩手県産の岩中豚。その4種の部位を独自に配合、そこに和ビストロらしくフレンチならではの独自の調味料(企業秘密)を加え、「混ぜ過ぎない」程度にざっくりとあわせ、ひとつひとつ手で包んでいきます。

 包み上がったシュウマイは「二度蒸し」で仕上げます。一度は20分ほど蒸し、そこから一度冷まし、二度目に仕上げで5分ほど蒸し、完成。一度蒸した後に冷ますことで、豚特有の脂感がほどよく落ち着き、豚肉の旨味と食感がしっかり残った、筋肉質の断面のシュウマイが完成するわけです。

 そしてシュウマイ×ワインの組み合わせと同じぐらい独創的な、「山椒」を振りかけて食べるという提案。私の記憶の中でも、この店以外に山椒をかける店は存在しません。おそらく企業秘密の調味料と、この山椒が融合することで、いわゆる和にはない特有の香味が立ち上がり、それが西洋的なワインとの相性を作り上げているのだと、私は推測しています。

新たな挑戦と二つの看板メニューとは?

『焼売酒場 小川』は、運営会社が同じ『ミニヨン坂ノ上』という渋谷の隠れ家和ビストロと、入れ替わる形で新規オープンしました。そして『ミニヨン坂ノ上』は、シュウマイ×ワインを提唱し始めたお店で、同店はその流れをくむ新業態店舗です。

 ご存知の方もいるかもしれませんが、私が昨年5月に『マツコの知らない世界』にて、ワインに合うシュウマイとしてこの『ミニヨン坂ノ上』を紹介しました。マツコさんもこの組み合わせに納得し、白ワインをジュースのようにがぶ飲みしていました。

『ミニヨン坂ノ上』が開店したのは、今から10年前の2009年。実はその同じ年の少し前に、グループの一号店である、東京食材を用いたビストロ『ミニヨンTOKYO』がオープン。コンセプトは食材のこだわりと、新潟県燕市で製造されたダッチオーブンを用いたグリル料理。そしてワインや日本酒など自然派のお酒。今では同じようなコンセプトを掲げた飲食店も見られますが、ミニヨングループはその先駆けとも言える存在です。

「玉子焼」小780円、大1,280円

「玉子焼」小780円、大1,280円

 その後、さらなる付加価値を求め、ビストロに和食の要素を加えることを模索。そのシンボルともなるメニューがシュウマイであり、『焼売酒場 小川』のもうひとつの看板料理である、「玉子焼」でした。そしてこの卵焼きもまた、シュウマイに並ぶ絶品料理なのです。

 卵焼きは、ミニヨングループの象徴とも言えるダッチオーブンで焼き上げます。近年、卵焼きは半熟とろとろでふんわりなものが良しとされがちですが、ダッチオープンで焼かれたものは、中まで火がしっかり通っていながら、ふんわり柔らかな食感。こんがりと焼けた表面の香ばしさと食感とのコントラストが心地よく、こちらもまたワインをはじめとするお酒とよく合います。

「焼売」と「玉子焼」。この二つの料理には、ミニヨングループの代表取締役である四ツ橋壮大(よつはし そうた)さんの「食歴」が大きく影響しています。

入り口に置かれているメニュー表の中でも「焼売」と「玉子焼」の文字が大きく掲げられている

入り口に置かれているメニュー表の中でも「焼売」と「玉子焼」の文字が大きく掲げられている

 ひとつは、卵焼きとシュウマイを名物とする、早稲田では知る人ぞ知る居酒屋『源兵衛』。幼少時代、家庭教師だった大学生の先生が連れて行ってくれたお店で、この二つの名物料理を食べた記憶が残っているといいます。「味の記憶よりも、大人の雰囲気の食空間という印象が強く、ミニヨングループの店舗やメニューづくりに大きく影響しています」(四ツ橋さん)。ただ、料理そのものには「源兵衛」の典型的な和食的なスタイルは採用せず、それまで作り上げてきたミニヨンスタイルを融合させた、独自のシュウマイと卵焼きを完成させました。

 卵焼きは前出のとおり、ダッチオーブンというミニヨンらしい調理が特徴ですが、シュウマイは、四ツ橋さんが今も愛する、横浜中華街の知る人ぞ知る名店「海員閣」の看板料理であるシュウマイの方向性を土台に、和ビストロの要素を盛り込み、現在の形になったと言います。

 日本初の「シュウマイ×ワイン」のマリアージュを提案する酒場としてスタートした『焼売酒場 小川』ですが、シュウマイをさらに進化させようと模索しているようです。

「前身の店の雰囲気の印象がまだ強いようで、カジュアルにシュウマイとワインを楽しむ、というコンセプトが伝えきれていないように思います。そのためにも、揚げシュウマイやジビエシュウマイなど、シュウマイのラインナップを広げようと試行錯誤を繰り返しています」(四ツ橋さん)

 揚げシュウマイはビール、ジビエなら赤ワイン……と、勝手に妄想を膨らませている私ですが、いずれにしても、この店の挑戦により、日本のシュウマイの味わい方の可能性が広がることは間違いないでしょう。今後のシュウマイ界の活性化のためにも、ぜひ貪欲にチャレンジし続けて欲しいです。試食なら、何個でも何種類でもお付き合いしますよ。

●SHOP INFO

焼売酒場 小川 外観

店名:焼売酒場 小川

住:東京都渋谷区渋谷3-1-10
TEL:03-6427-3560
営:12:00〜14:00、18:00〜23:30
休:日曜、祝日
http://www.miniyon.com/ogawa/

●著者プロフィール

シュウマイ潤

本名種藤潤。教育大学卒業後、フリーランスのライター、エディター、ウェブプランナーとして活動を開始し、現在はオーガニックと食を中心とした幅広いジャンルで取材執筆を行う。焼売に関しては2015年頃から着目し、インスタグラム「焼売生活」で全国各地の焼売を実食し発信。2019年2月現在で350種類を制覇した。2018年5月にTBS「マツコの知らない世界」でシュウマイの知らない世界を紹介。2019年1月からは「東京シュウマイ弁当」(製造:オーガニックキッチン)を監修している。

関連記事(外部サイト)