特製からあげをゴーゴーカレーのルーに浸けて楽しむ「ゴリカラ」を食べてきた

特製からあげをゴーゴーカレーのルーに浸けて楽しむ「ゴリカラ」とは? 『やきとり やきとんエイト』で食べてきた!

カレーにディップして食べる「ゴリカラ」。 | 食楽web

 からあげとカレーのコラボといえば、カレーライスのトッピングからあげがポピュラーですが、今回ご紹介するのはちょっと新しいコラボ。レトロな雰囲気の店内で焼き鳥や焼きとんを味わえる『やきとり やきとんエイト』と、濃厚なルーがクセになる金沢カレーのお店『ゴーゴーカレー』のコラボメニュー「ゴリカラ」です。お酒と一緒に楽しめるからあげというコンセプトで生まれたこの新メニューをいただくべく『やきとり やきとんエイト・池袋店』にお邪魔しました。

「ゴリカラ」(550円)はカレールーにからあげをディップして食べるスタイルです。カレーとの相性を研究して作られたからあげは濃いめのスパイシー系味付け。「スパイシーなもの同士でケンカしてしまうのでは?」という心配はご無用。カレーはコクがあり辛さひかえめで、かすかにフルーティーな甘みもあります。2種類の辛さがうまく調和して、マイルドな辛さに。

からあげは濃いめのスパイシーな味付け。カレーは辛さひかえめながらコクがあります

からあげは濃いめのスパイシーな味付け。カレーは辛さひかえめながらコクがあります

 タピオカスターチを使ったからあげの衣はモッチリ系。これがまたカレーと合うんです。コクのあるなめらかなカレーとモッチリした舌触り。ライスやナンなどと一緒に食べたときの食感に似ています。カリカリ系の衣だと、それこそからあげとカレーのケンカになってしまうでしょう。たっぷりの肉汁がカレーと混じって味が深まります。もう、何個でも食べられそうです!

『やきとり やきとんエイト』にはほかにも面白いメニューが多数そろっています。牛や豚などの内臓周辺についている網状のアミあぶらを巻いた「月見アミつくね」(一串258円)は卵黄に付けて食べると、まるでハンバーグのような味わい。アミあぶらのうま味が肉にうまくしみ込んでいます。

月見アミつくね

月見アミつくね

 また、うどんをすべて平らげると丼の底からライスがあらわれる「ミニゴリカレーうどん」(380円)は〆にぴったり。カレー雑炊のようにして食べる、1杯で2度美味しい逸品。春の歓迎会シーズン、ちょっと珍しいおつまみで楽しみたいというときにおすすめです。

ミニゴリカレーうどん。うどんのあとは丼の底のライスを食べるお楽しみも

ミニゴリカレーうどん。うどんのあとは丼の底のライスを食べるお楽しみも

(取材・文◎松本壮平)

●SHOP INFO

店名:やきとり やきとんエイト 池袋店

住:東京都豊島区西池袋5-4-8 河野ビル1F
TEL:03-6914-1487
営:17:00〜24:00(L.O.23:00)
  土・日・祝前日・祝15:00〜24:00(L.O.23:00)
休:無休

関連記事(外部サイト)