雪見大福にラー油!? 「四川フェス2019」で絶対食べたい激ウマ中華スイーツ

雪見大福にラー油!? 「四川フェス2019」で絶対食べたい激ウマ中華スイーツ

四川フェス2019に登場する『本格熊猫』のスイーツ | 食楽web

今年で3年目となる「四川フェス 2019」が4月20(土)・21日(日)が、新宿中央公園で開催されます。来場者数のべ10万人を超え、本場・四川の味伝えてきた大人気フェス。その仕掛け人の一人、麻辣連盟総裁・中川正道さんに、四川料理の魅力について語ってもらうカウントダウン企画。

 今回紹介するのは四川省のスイーツです。四川省の中心地・成都の街角では、昔ながらの素朴なおやつを売っている店が多く、なかなか東京では味わうことができません。今週末の「四川フェス2019」では、そんな素朴な四川スイーツが味わえるので、ぜひ食べて欲しいおすすめスイーツベスト3をご紹介します。

蛋火共米羔(本来は1つの漢字。火偏に共、米偏に羔/以下同じ)

 まずは、「蛋火共米羔(ダンホンガオ)」です。これは、小麦粉と卵で作った皮で具材を挟む、いわば“成都式のクレープ”です。

成都の街中で売られている「蛋火共米羔(ダンホンガオ)

成都の街中で売られている「蛋火共米羔(ダンホンガオ)

四川の街角で作られる「蛋火共米羔」

四川の街角で作られる「蛋火共米羔」

 挟んであるものも、原宿などで売っているようなクリーム系の味ではなく、クルミやピーナッツバターなどのナッツ系の素朴な食材なんですよ。

 チョコレートや生クリームなど油脂をたっぷり使った濃厚な味のスイーツに慣れた現代人の舌からすると、「蛋火共米羔」はなんてシンプルな味だろうと思うかもしれません。しかし、食べていてほっこりした気分になるんです。

 今回の「四川フェス2019」では、高田馬場の四川料理『本格熊猫(ホンカクパンダ)』さんが、「蛋火共米羔」を作ってくれます。味は、クリーム、イチゴジャム、麻辣、肉松(肉の佃煮)、ジャガイモ、ピーナッツの6つの味を用意しています。

『本格熊猫』の「蛋火共米羔」

『本格熊猫』の「蛋火共米羔」

『本格熊猫』のオーナーの劉少虎さんの故郷はまさに成都。「蛋火共米羔を出すなら成都と同じように、バラエティ豊かな味を提供したい」という郷土愛と心意気でフェスに臨んでくれますので、ぜひいろんな味を試してみてください。

よだれ雪見だいふく

 続いてのおすすめスイーツは、「よだれ雪見だいふく」です。名前のとおり、雪見だいふくに特製のラー油をかけた、まさに甘くて辛い、びっくり仰天スイーツです。

「よだれ雪見だいふく」は、四川料理店『萬的中華〜笑龍』(埼玉県・吉川)が提供してくれます

「よだれ雪見だいふく」は、四川料理店『萬的中華〜笑龍』(埼玉県・吉川)が提供してくれます

 実はこの「よだれ雪見だいふく」、四川にあるスイーツではなく、今回のフェスのために創作しました。ちなみに現地では、「麻辣アイス」というスイーツがあります。甘くて辛くて痺れるアイス。その「麻辣アイス」にヒントを得て、今回、四川好きの仲間たちと一緒に、名前からパッケージまで遊び心たっぷりに創ったのが、この「よだれ雪見大福」なんです。

 これが、まさによだれが出るほど美味しくて、不思議なスイーツです。ぜひお試しあれ。

麻辣ポップコーン

 そして最後にオススメするのが「麻辣ポップコーン」です。ポップコーンといえば、チーズやキャラメル、チョコレートなどいろいろな味があると思いますが、名前の通り、辛くて痺れるポップコーン。

 この「麻辣ポップコーン」を作ったのは飯田橋にある『ビストロ メリメロ』の宗像シェフです。フレンチレストランのシェフがなぜ? と思うかもしれませんが、じつは宗像シェフは、最近、四川料理の魅力にハマり、そのスパイス使いに夢中なのです。そんな実力派シェフの力作のポップコーンです。かなり、香り高く、味わい深いポップコーンに仕上がっていますので、ぜひ味わってみてください。

「麻辣ポップコーン」

「麻辣ポップコーン」

 というわけで、今年の「四川フェス2019」では、四川料理からスイーツまで、四川の魅惑の味を存分に楽しむことができますので、ぜひ、遊びに来てください。

(取材・文◎土原亜子)

●DATA

「四川フェス2019」

「四川フェス2019」

開催日時:2019年4月20日(土)11:00〜17:00、4月21日(日)10:30〜17:00
会場:新宿中央公園(東京都新宿区西新宿2-11)
※料理は売切れ次第終了

四川フェス2019 公式サイト
https://meiweisichuan.jp/sisen-fes2019

四川フェス実行委員会は3月22日から四川料理クラウドファンディングを開始しています。
https://camp-fire.jp/projects/view/131659

●プロフィール

中川正道

中川正道

四川省公認の四川料理の専門家、麻辣連盟総裁、時色株式会社代表兼デザイナー。2002〜2006年まで四川省に滞在、四川料理に魅了される。2012年に単身、四川省へ行き、四川の仲間たちと200店舗の四川料理店を食べ歩き「おいしい四川」サイトをリリース。2014年夏に日本初!四川料理食べ歩きガイドブック「涙を流して口から火をふく、四川料理の旅」を出版。2日間で6.5万人を動員した四川フェス主催。これまでの活動が実を結び、2018年のマー活、花椒がブームに。「今年の一皿」ではしびれ料理が準グランプリになる。

関連記事(外部サイト)