ラーメン官僚が厳選! GWに食べたい日本全国の超優秀ラーメン【東日本編】

ラーメン官僚が厳選! GWに食べたい日本全国の超優秀ラーメン【東日本編】

食楽web

 未曾有の最大10連休が実現される、2019年のゴールデンウィーク。来たるべき超大型連休に向けて、現在、旅行の計画を練っている方も多いと思います。

 今回、そんな皆様に向けて、通常連載の対象エリアとなっている東京都から範囲をググッと拡大し、日本全国を対象に、各エリアで特にオススメできるラーメン店を、エリアの特徴にも簡単に触れながら、紹介させていただきます。

 紹介すべき事項が膨大になることが予想されるため、今回の特集は「東日本編」と「西日本編」の2編に分けてご紹介。その上で「東日本編」では、北海道エリア、東北エリア、関東エリア、中部・北陸エリアを、「西日本編」では、近畿エリア・中国・四国エリア、九州・沖縄エリアを対象とし、「ここは、是が非でも足を運んでいただきたい!」と太鼓判を押せる優良店について言及することにします。

 このコラムが、皆様方のGW中の旅行計画づくりの一助となれば、これ以上の喜びはありません。では、第1弾は「東日本編」から!

北海道エリアは札幌と旭川に絞るのが吉

『雨は、やさしく』(札幌・白石駅)の「白肝煮干し味噌」。鶏のレバーペーストを溶かしながらいただく

『雨は、やさしく』(札幌・白石駅)の「白肝煮干し味噌」。鶏のレバーペーストを溶かしながらいただく

 北海道は、広大な土地に点在する各都市に優良店が満遍なくひしめく、ラーメンマニア的には“攻略しがい”のあるエリア。

 しかし、1〜2軒のラーメン店に足を運ぶつもりならまだしも、1日4〜5軒レベルの連食にチャレンジするなら、あまり広域に目を向け過ぎるのは危険。都市間の移動に膨大な時間を消費し、満足度の高い食べ歩きの遂行が困難となるおそれがあるからだ。

 なので、効率の良い食べ歩きを楽しみたいのであれば、まずは、同道最大の都市である札幌市、または、同道第二の中核市である旭川市に焦点を絞り、両市内に存在する優良店を巡り歩くのが得策。

 同地のラーメンに初チャレンジするのであれば、札幌市の『麺屋彩未』『コクミンショクドウ』『雨は、やさしく』『中華そばカリフォルニア』、旭川市の『天金』『青葉本店』等を薦めたい。

『天金』(旭川市)の「正油ラーメン」

『天金』(旭川市)の「正油ラーメン」

『麺屋彩未』(札幌・美園駅)の「味噌らーめん」

『麺屋彩未』(札幌・美園駅)の「味噌らーめん」

『麺屋彩未』の味噌ラーメンと、『らーめんや 天金』『旭川らぅめん青葉本店』の醤油ラーメンは、それぞれ、ご当地麺〈札幌味噌〉と〈旭川醤油〉の代表格。『コクミンショクドウ』『雨は、やさしく』『中華そばカリフォルニア』では、作り手の技術の粋を凝らした最先端の1杯が堪能できる。

東北エリアはラーメン店が密集する都市部を狙おう

『手打中華 特札堂』(福島県郡山市)の「中華そば」

『手打中華 特札堂』(福島県郡山市)の「中華そば」

1)青森市・弘前市を中心に、煮干しラーメン文化が息づく青森県
2)新進気鋭の店舗が立て続けにオープンし、ラーメン好きの注目の的となっている秋田県
3)盛岡市・花巻市を中心に、地域性を色濃く反映した“いぶし銀”の1杯が堪能できる岩手県
4)ラーメン消費量日本一であり、東北トップのご当地ラーメン数を誇る山形県
5)仙台市及びその周辺を中心に、東北エリアの最先端を走る味が集結する宮城県
6)〈喜多方ラーメン〉〈白河ラーメン〉に加え、「中通り」、とりわけ福島市と郡山市を中心に俊英が集いつつある福島県。

 東北のラーメンシーンは、県ごとに明確な個性があり、何回足を運んでも新たな魅力が発見できる懐の深さが特徴だ。

『中華そばひらこ屋』(青森市)、『たかはし中華そば店』(弘前市)、『十八番』(能代市)、『麺饗松韻』(由利本荘市)、『中華そば 弥太郎』(盛岡市)、『さかえや本店』(花巻市)、『ケンちゃんラーメン』(酒田市ほか)、『そばの店 ひらま』(米沢市)、『だし廊』(仙台市)、『うろた』(福島市)、『手打中華 特札堂』(郡山市)など、足を運ぶ価値がある良店は星の数ほど存在するが、効率の良い食べ歩きを望むのであれば、盛岡市、仙台市、福島市、郡山市など、一定の範囲内にラーメン店が密集する都市部を目指すのがオススメ。

『十八番』(秋田県能代市)の「醤油」

『十八番』(秋田県能代市)の「醤油」

『中華そば 弥太郎』(岩手県盛岡市)の「中華そば」

『中華そば 弥太郎』(岩手県盛岡市)の「中華そば」

 数泊の滞在が可能であれば、比較的近接した場所にある仙台市、福島市、郡山市の三都市を電車等も活用しながら移動し、お目当てのラーメン店にアクセスするのも一案だ。

関東エリアは店が多い! テーマに沿った食べ歩きがオススメ

『中華そば 四つ葉』(埼玉県川島町)の「四つ葉そば」

『中華そば 四つ葉』(埼玉県川島町)の「四つ葉そば」

 他県と比較して圧倒的な店舗数を誇り、年間数百軒もの新店が生まれる東京都が中核。

 東京都を囲むような形で鎮座する三県(神奈川県・埼玉県・千葉県)の陣容も厚く、北関東三県(茨城県・栃木県・群馬県)も、仮に関東エリア以外にあれば、店舗数相対上位となるほどの充実ぶり。

 関東エリア以外にお住まいで、初めて同エリアのラーメン店に足を延ばそうと考えている方々は、あまりの店舗数の多さに、どの店に足を運べば良いのか分からなくなってしまうことだろう。

 というわけで、結論。GW中のラーメンライフを関東エリア、特に東京都で楽しみたいと考えている方には、ある種の“割り切り”が必要。例えば、食べ歩きに自分なりのテーマを設定し、そのテーマに沿った食べ歩き行程を立案すること等をオススメしたい。

 具体的には、例えば〈荻窪ラーメン〉の代表格である『春木屋本店』(杉並区)、「油そば」の元祖とされる『珍珍亭』(武蔵野市)、〈つけ麺〉の聖地『東池袋大勝軒』(豊島区東池袋)、『東池袋大勝軒』と肩を並べる“もうひとつ”の大勝軒の総本山『永福町大勝軒』(杉並区永福町)。〈八王子ラーメン〉の元祖『初富士』(八王子市)といった、歴史的名店に絞り込んだ食べ歩きなどは、なかなか面白いのではないかと思う。

 もちろん、食楽webで私が紹介した店舗の中から数軒をチョイスし、それらに足を運ぶという食べ歩きも、個人的には大いに歓迎だ。

東京・本郷三丁目の名店『中華蕎麦にし乃』の水原氏が新たにオープンした『キング製麺』(北区)の「白だしラーメン」

東京・本郷三丁目の名店『中華蕎麦にし乃』の水原氏が新たにオープンした『キング製麺』(北区)の「白だしラーメン」

 東京都以外にも『手打焔』(栃木県那須塩原市)、『支那そばなかじま』(群馬県高崎市)、『拉麺 時代遅れ』(茨城県常総市)、『中華そば 四つ葉』(埼玉県川島町)、『中華蕎麦 とみ田』(千葉県松戸市)、『らぁ麺屋 飯田商店』(神奈川県湯河原町)といった全国的名店や新進気鋭店がひしめき合う同エリア。

 特に、今年のGWは大型休暇となるため、観光も兼ねて、店舗近隣に有名観光地が控える『手打焔』『飯田商店』などを攻めてみるのもアリ。また、営業時間が非常に短く「雨の日・風の強い日・暑い日・寒い日・店主の体調が良くない日」には店を開けない『時代遅れ』のような高ハードル店にアタックを試みるのも、選択肢のひとつだ。

『拉麺 時代遅れ』(茨城県常総市)の「昭和の素ラーメン」

『拉麺 時代遅れ』(茨城県常総市)の「昭和の素ラーメン」

中部・北陸エリアは静岡・長野・新潟・愛知のラーメン激戦県が狙い目

『麺’s食堂 粋蓮』(静岡県焼津市)の「粋蓮醤油らぁ麺」

『麺’s食堂 粋蓮』(静岡県焼津市)の「粋蓮醤油らぁ麺」

1)県土が東西に長く、県東・県央・県西で全く異なるラーメンシーンを展開させる静岡県
2)老舗と新店とが仲睦まじく共存し、独自のラーメン文化を構築している山梨県
3)都内最先端のノウハウを巧みに採り入れた、多種多様なラーメンが各地で楽しめる長野県

 これらの県におけるオススメ店舗は、『麺’s食堂粋蓮』(静岡県焼津市)、『麺屋さすけ(静岡県掛川市)』『麺屋龍壽(静岡県浜松市)』『桂山(山梨県上野原市)』『平和園(山梨県甲州市)』『アルプス食堂(山梨県韮崎市)』『中華そば鍾馗(長野県長野市)』『尚念(長野県松本市)』『大黒食堂(長野県千曲市)』等。

『成龍』(新潟県加茂市)の「中華そば」。背脂の量は調整可能

『成龍』(新潟県加茂市)の「中華そば」。背脂の量は調整可能

4)全都道府県トップのご当地ラーメン数を誇るラーメン王国・新潟県
5)全国レベルの有名ご当地麺〈富山ブラック〉を擁する富山県
6)北陸四県の中ではラーメンのバリエーションに富む石川県
7)ラーメン屋台が現在もなお盛況な敦賀市の存在が光る福井県

 これらの県におけるオススメ店舗は、『成龍』(新潟県加茂市)、『ニューハルピン』新潟県上越市)、『はじめ家』(富山県魚津市)、『喜八』(富山県富山市)、『自然派ラーメン神楽』(石川県金沢市)、『金澤濃厚中華そば神仙』(石川県金沢市)、『池田屋ごんちゃん』(福井県敦賀市)など。

『らぁ麺 紫陽花』(名古屋市)の「醤油らぁ麺」

『らぁ麺 紫陽花』(名古屋市)の「醤油らぁ麺」

8)また、一都三県に負けずとも劣らない水準の創作ラーメンの実力店がしのぎを削る愛知県のオススメ店舗は『らぁ麺 紫陽花』(名古屋市)、『自家製麺 公園前』(岡崎市)、『だし・麺 未蕾』(蒲郡市)など。
9)関西圏の出汁文化を巧みに採り入れたラーメンがきら星のごとき輝きを放つ三重県のイチオシは『青雲志』(松阪市)、『鉢ノ葦葉』(四日市市)の2軒だ。
10)さらにご当地麺〈高山ラーメン〉を擁し、県南部も同県史上かつてない程の盛り上がりを見せる岐阜県。オススメ店舗は『つづみそば』(高山市)、『りきどう』(岐阜市)など。

 計10県で構成される、中部・北陸エリア。とりわけ、静岡、長野、新潟、愛知の四県は、全国でも指折りのラーメン激戦県であり、現地に足を運べば、ラーメンの世界にドップリと浸ることができるはず。

 静岡県と愛知県の二県を股に掛け、東海道沿いのオススメ店舗を攻略していくのも面白そう。新潟県と長野県を合わせ、温泉巡りをしながら気になる店舗をジックリと食べ歩くといった、大型休暇ならではの行程を組んでみるのも楽しそうだ。

●著者プロフィール

田中一明

フリークを超越した「超・ラーメンフリーク」として、自他ともに認める存在。ラーメンの探求をライフワークとし、新店の開拓、知られざる良店の発掘から、地元に根付いた実力店の紹介に至るまで、ラーメンの魅力を、多面的な角度から紹介。「アウトプットは、着実なインプットの土台があってこそ説得力を持つ」という信条から、年間700杯を超えるラーメンを、エリアを問わず実食。47都道府県のラーメン店を制覇し、現在は各市町村に根付く優良店を精力的に発掘中。

関連記事(外部サイト)