『ロピア』で1.5億個以上売れた名作スイーツ「プチシリーズ」が人気のワケ

Robot Icon

AIざっくり要約

  • ロピアが長年のヒット商品「プチシリーズ」をご紹介。
  • 代表的な3品目「プチモンブラン」「プチティラミス」「プチフルーツプリン」の特徴を概説。
  • プチシリーズはシンプルながら工夫の工程と味覚で支持され、累計1500万個以上を売り上げた。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

『ロピア』で105億個以上売れた名作スイーツ「プチシリーズ」が人気のワケ

食楽web

●スーパーなどでもよく見かける人気スイーツ。20年以上続くチルドスイーツメーカー『ロピア』の自信作「プチシリーズ」とは?

 愛知県に本社を置き、チルドスイーツの企画・開発、製造を手がける『ロピア』という企業をご存知でしょうか? その名前は聞いたことがなくても、スーパーやコンビニで何気なく買って食べていたスイーツは、実は『ロピア』で作られたものかもしれません。

『ロピア』が創業したのは、「スイーツ」という言葉がまだ浸透していなかった昭和の終わり。オリジナル製法によるフレッシュで低価格のチルドデザートを毎日40万個も製造し、3秒に1個売れる大ヒットスイーツを開発するなど、日本のスイーツの発展を牽引するチルドデザートメーカーなのです。

 数ある商品の中で20年以上愛されるロングセラーが「プチシリーズ」です。累計1.5億個以上を売り上げる超人気スイーツを実際に味わってみました。

思わず手が伸びる“安さ”も人気の秘訣。一番人気は「プチモンブラン」

「プチモンブラン」149円

「プチモンブラン」149円 ※ドラッグストアなど販売店によっては98円のところも

 シリーズの中で大きな人気を集めるのが「プチモンブラン」です。昔ながらの卵プリンの上にホイップクリームとモンブランクリームをトッピング。よく見るとプリンの下にはカラメルソースもちゃんと忍ばせてあります。

プリンもクリームも程よい甘さがうれしい [食楽web]

プリンもクリームも程よい甘さがうれしい [食楽web]

 スプーンですくってクリーム2種とプリンを一口味わってみると、クリームもプリンも甘すぎないのがいいですね。プリンは想像よりもとろっとなめらかな口当たり。モンブランクリームはどこか懐かしい味わいで、これだけ単独で味わうのもおすすめ。1個179Kcalというのも罪悪感少なく楽しめる数値です。

手作りラインならではの三層構造がすごい「プチティラミス」

「プチティラミス」149円

「プチティラミス」149円

 仕上げのクリームを手作業で絞るなど、できるだけ手作りにこだわる『ロピア』ならではの一品が「プチティラミス」。ほろ苦のココアパウダーがかけられたチーズカスタードホイップクリームの下には、コーヒーシロップを染み込ませたココアスポンジ、さらにその下にはチーズカスタードムースの三層構造になっているではありませんか。

ココアスポンジの洋酒の風味もいいアクセント [食楽web]

ココアスポンジの洋酒の風味もいいアクセント [食楽web]

 多重構造ゆえの醍醐味は、異なる食感を一口で味わえること。チーズカスタードホイップクリームはふわっと軽く、コーヒーシロップがジュワッと染みたスポンジはしっとり、チーズカスタードムースはややぷるんとしていて味わいも本格的。200kcalを切る186kcalもうれしい限りです。

アラモード感覚が楽しい「プチフルーツプリン」

「プチフルーツプリン」149円

「プチフルーツプリン」149円

 3品目はフルーツとクリームをトッピング、プリンアラモード感覚で楽しめる「プチフルーツプリン」です。たっぷりめに盛られたホイップクリームの上に鎮座するのは、パイン、みかん、桜桃の3種のフルーツ。昔懐かしいプリンアラモードのミニ版といった印象を受けます。ちなみにカロリーは157kcalと低めです。

小さいながらも3種のフルーツでちょっぴり贅沢気分

小さいながらも3種のフルーツでちょっぴり贅沢気分

 フルーツを1種類ずつ味わうのもありですが、ちょっと欲張って3種まとめて味わってみました。口溶けがよいホイップクリームとフルーツの相性は言わずもがな。卵プリンは「プチモンブラン」のそれと比べると、うっすらオレンジがかっているのですが、原材料にフルーツピューレとあるのでプリンにも使われているのかも!? プリンの下にはもちろんカラメルソースもあり、なかなか満足できる一品です。

調査結果

 プチという名前が付いているものの、どれも手の込んだ作りで味も申し分なし。量が多すぎないので、食後のデザートや小腹が空いたとき、甘いものがちょっとだけ食べたいというときにぴったりで、多くの人に長く愛されるのも納得です。

 ご紹介した他にも、「プチレアチーズ」「プチ青りんごパフェ」「丸福珈琲店のプチキャラメルナッツラテ」など、現在9種のラインナップが販売されています。東北・関東・甲信越・北陸・東海・近畿・中国の大手スーパーで扱われているほか、足利市(栃木県)、一宮市と北名古屋市(愛知県)には工場直営のアウトレット店舗もありますよ。ぜひ味わってみてください。

●DATA

株式会社ロピア

https://www.ropia.co.jp/

※価格は全て税込です。
※店舗により価格が異なる場合があります。

(撮影・文◎池田実香)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?