丸亀製麺にそっくり!? 埼玉県越谷市の謎のロードサイドうどん『鳴門製麺』は旨いのか?

"丸亀"激似の鳴門製麺を調査

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 埼玉県越谷市にある店舎「鳴門製麺」は外観が丸亀製麺に似ているが別店舗である。
  • 「鳴門製麺」のうどんや天ぷらは美味しく、システムも丸亀製麺と同様だが味は丸亀を超えていると評価した。
  • 個人店のような雰囲気の「鳴門製麺」は越谷方面に行く際は訪れる価値がある店舗だと記事は結論づけた。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

丸亀製麺にそっくり!? 埼玉県越谷市の謎のロードサイドうどん『鳴門製麺』は旨いのか?

丸亀製麺にそっくり!? 埼玉県越谷市の謎のロードサイドうどん『鳴門製麺』は旨いのか?

食楽web

丸亀製麺にそっくりな讃岐うどん店が埼玉県越谷市にあるという噂。実際、どこまで似ていて、味はどうなのか調査してきた!

 ある日、編集部に「車を運転しているとき、埼玉県の越谷あたりで『丸亀製麺』にそっくりな讃岐うどん屋を見かけた」との情報がもたらされました。情報を提供してくれたKさんによれば、「外観はほぼ丸亀製麺なのに、よく見ると違う店だったので思わず二度見した」とのこと。

 その店の名は、『鳴門製麺 越谷店』。ネットで検索してみると東武伊勢崎線・新越谷駅から徒歩7分ほど、登戸宮前通り沿いにあるようです。そして“越谷店”と名乗っているから他に店舗があるのかと思いきや、『鳴門製麺』は越谷店だけ。謎めいています。

 情報提供者は見かけただけで食べてはいないと言うので、実際にその謎の“ジェネリック丸亀製麺”に調査に行ってきました。

『鳴門製麺』は果たして丸亀製麺に似ているのか?

東武伊勢崎線・新越谷駅より徒歩7分。隣には「がってん寿司」がある

東武伊勢崎線・新越谷駅より徒歩7分。隣には「がってん寿司」がある

 都内から車で約1時間。埼玉県の越谷に到着しました。登戸宮前通りを走っていると、“自家製麺 讃岐釜揚げうどん”と大書されたでっかいタテ看板を発見。その文字の下には、小さく「鳴門製麺」と書いてあります。

 広々としたパーキングに車を止め、改めて正面から店舗を眺めてみると、確かに『丸亀製麺』の路面店にかなり似た店構えです。とはいえ、でかでかと『鳴門製麺』と書いてあるので、丸亀製麺と間違えて入ることはないでしょう。よほどぼんやりしていない限り……。

 ただし、“自家製の讃岐うどん”という点は一緒ですから、そのうどんがそっくりなのか、気になりますよね。というわけで、さっそく入店してみました。

丸亀製麺同様、店に入ってすぐレーンがあり、うどん⇒天ぷらなどのトッピングをチョイスしていくシステム

丸亀製麺同様、店に入ってすぐレーンがあり、うどん⇒天ぷらなどのトッピングをチョイスしていくシステム

 入店してみると、すぐに厨房があり、それに沿ってレーンがあります。中ではうどんを茹でる職人さん、うどんの注文を受けるスタッフ、最後にはお会計のスタッフが控えており、お客さんは、注文しながら、商品を受け取って進んでいくシステム。まさしく『丸亀製麺』と同じですね。

『鳴門製麺』のうどんラインナップ

『鳴門製麺』のうどんラインナップ

 うどんの種類は、かけ、ぶっかけ、釜揚げ、ざる、釜玉、おろし醤油、カレーうどん、きつねうどん、とろ玉うどんと9種類あり、そのほかカレーライスもあります。

 さて、注文前にレーンの先の方に目をやると、天ぷら各種がずらりと並んでいます。これも『丸亀製麺』と一緒ですが、それぞれの天ぷらがてんこもりなんです。

天ぷらゾーン。店内は広く、全82席。カウンター席、小上がり席もある

天ぷらゾーン。店内は広く、全82席。カウンター席、小上がり席もある

 かきあげ、イカ天、アジ天、とり天、玉子天、ちくわ天、串かつ、チーズロール、サツマイモ天、大学芋などがトレイに山盛りになっていて、さらにおにぎりやいなり寿司なども……。まるで激安のお惣菜売り場のような活気があって、うどんを選ぶ前からテンションが爆上がり。

 ひとまず心を落ち着けて、うどんから選びます。しかし、どれにしようか、迷いまくっていると、店員さんが「ゆっくりでいいですよ」と声をかけてくれました。

 結局、筆者は「ぶっかけ」(並・冷やし390円)、友人は「かけ」(並390円)をチョイス。ちなみにお値段は『丸亀製麺』と同じです。

天ぷらの一番人気は「とり天」

天ぷらの一番人気は「とり天」

 レーンを進み、天ぷらコーナーへ。イカ天130円、とり天160円、半熟玉子天120円、ハーフちくわ天120円、串かつ160円、チーズロール100円をトングで取ります。初めてだったので、あれもこれもと欲張ってしまいました。

お会計を済ませると、最後にネギや天かす、煮干などをフリーで入れられるコーナーがある

お会計を済ませると、最後にネギや天かす、煮干などをフリーで入れられるコーナーがある

 お会計を済ませると、ネギや天かす、煮干しのふりかけをフリーで入れられるコーナーに。これも丸亀製麺と同じシステムですね。というわけで、いざ実食です。

『鳴門製麺』のうどんの味はいかに?

『鳴門製麺』の「ぶっかけ」390円(並・冷やし)

『鳴門製麺』の「ぶっかけ」390円(並・冷やし)

 システムはほぼ丸亀製麺と同じでしたが、肝心なのは味。というわけでいざ実食!

「ぶっかけ」のおうどんは、1本1本が太くしっかりしていて、つややか。見ているだけでもそのコシを感じます。1本食べてみると、ワシワシとしっかりした歯ごたえ。とはいえ硬すぎず、噛むのが楽しいほど良い硬さ。そしておつゆとうどんの旨味が口の中にしっかりと広がる。え、美味しい。めちゃくちゃ旨いじゃないか! と、思わずのけぞってしまいました。

『鳴門製麺』の「かけうどん」390円(並盛)

『鳴門製麺』の「かけうどん」390円(並盛)

「え、丸亀より美味しいんじゃ?」と言うと、隣の友人も「かけうどん」をすすりながら何回もうなずいていました。

 ここで、小皿に取り分けてもらっていた「かけうどん」をひと口。温かいので「ぶっかけ」よりはうどんがやや柔らかめですが、それでもちゃんとコシがあります。さらにうどんにいりこやカツオのお出汁がじゅわっと染みていて、これが旨いのなんの。

店内の壁には『鳴門製麺』のこだわりが書かれた説明書きが貼られています

店内の壁には『鳴門製麺』のこだわりが書かれた説明書きが貼られています

 うどんだけではありません。天ぷらもまたとっても美味しいんです。から揚げのような醤油味のとり天は、外はカリッと、中はしっとりやわらか。串かつも、専門店か? と思うくらい衣の味&食感も肉の柔らかさも秀逸なんです。

左から、串かつ、とり天、いか天、チーズロール。どれも間違いなく美味しい!

左から、串かつ、とり天、いか天、チーズロール。どれも間違いなく美味しい!

 うどんも天ぷらも全部、食べ尽くしたのですが、「うどん、もっと食べたいよね……」と気持ちが湧き上がってきたので、再びレーンに並び、「とろ玉」(冷・並540円)を追加注文。普段、『丸亀製麺』ではおかわりしたことはないので、我ながらびっくりですが、これも最高に美味しかった!

まとめ

おかわりした『鳴門製麺』の「とろ玉」(冷・並)540円

おかわりした『鳴門製麺』の「とろ玉」(冷・並)540円

 調査結果です。丸亀製麺にそっくりという噂の『鳴門製麺 越谷店』は、店の外観やシステムは似ていますが、正直言って味は丸亀製麺を超えてるんじゃないかと思いました。

 うどんの美味しさもさることながら、レーンに並ぶ天ぷら各種の活気や、店員さんの親切な対応など、なんとなく個人店のようなアットホームな雰囲気も良かったです。というわけで、越谷方面に行く際は、ぜひ、『鳴門製麺』に寄ってみてください。

(撮影・文◎土原亜子)

●SHOP INFO

店名:鳴門製麺 越谷店

住:343-0857 埼玉県越谷市新越谷1丁目45−4
TEL:048-961-7610
営:11:00~19:30
休:水曜

関連記事(外部サイト)

  • 1

    宣伝やらせ記事? 丸亀製麺にそっくりな理由を問い質さないと取材の意味無いだろ。

すべてのコメントを読む