東中野のソウルフード!『大盛軒』の「ビッグ鉄板麺」とは?

東中野のソウルフード!『大盛軒』の「ビッグ鉄板麺」とは?

食楽web

 東中野在住&通勤通学、またはかつて東中野に縁があった人にとって、ソウルフードといえば、駅からすぐの場所にある『大盛軒』の「鉄板飯」。1982年のオープンから30年以上、ずっと愛され続けているローカルフードです。

 そんなスタンダードな「鉄板麺」でもゴハンは丼サイズでボリュームがあるのに、その上をいく「ビッグ鉄板麺」があると聞き、早速調査開始。“大盛”軒の“ビッグ”鉄板麺、いやがおうにも期待が高まります。

 でもその前に、そもそも「鉄板麺」って何? 鉄板で焼いた麺? 丼ゴハンがあるってことは焼きそば定食? よくわからないまま総武線に乗って東中野駅へと向かいます。

メニュー。「鉄板麺」の魅力、オーダー解説、食べ方などが紹介されている

メニュー。「鉄板麺」の魅力、オーダー解説、食べ方などが紹介されている

 駅の階段を降りて約10歩? の場所にある『大盛軒』。店内に入り、メニューを見ると、そこには「鉄板麺」のわかりやすい解説が。「鉄板麺」とは、鉄板焼き+半ラーメンのこと。もし半ラーメンをつけない場合は「○○○鉄板焼きライス」と注文すること。つまり「鉄板麺」と頼んだら、もれなく半ラーメンがついてきます。

 そしてバリエーションもいろいろあり、スタンダードの「鉄板麺」(900円)のほか、ヘルシーバージョンの「野菜鉄板麺」(900円)や牛肉バージョンの「ビーフ鉄板麺」(950円)など全6種。その中で一番ボリュームがあるのが、肉、ライス、麺すべて大盛の「ビッグ鉄板麺」(1,420円)です。

「ビッグ鉄板麺」1,420円。鉄板焼きに半ラーメン、丼ゴハン、生卵、ニンニクチップ、お新香がセット

「ビッグ鉄板麺」1,420円。鉄板焼きに半ラーメン、丼ゴハン、生卵、ニンニクチップ、お新香がセット

 待つこと数分。出てきた「ビッグ鉄板麺」は、一見1人前に見えないボリューム。まるでカップルで来たうちの、1人がラーメン、もう1人が炒め物とゴハン頼んだ? みたいな量。丼ゴハンは高さ12cm、重さは506g、ラーメンは743g、鉄板焼きは363g(すべて器の重さを除く)。ということで、トータル1,612g。重さを測っている間も鉄板からはジュージュー焼ける音と香ばしい香りが漂います。早く食べなくちゃ焦げる〜麺伸びる〜。慌てて計測するものの、鉄板が熱いっ!

 ちなみに、メニューには食べ方も紹介されています。1・鍋(鉄板)の中央にくぼみをつける。2・生卵を割りいれる。3・カリカリニンニク、タバスコをどばーっとかける。4・素早くかき混ぜる。とのこと。なるほど〜。だから別添えの小皿に生卵とニンニクチップがあるんですね。

鉄板の直径は約18cm。はみださんばかりのキャベツと豚肉! オレンジ色に見えるのは秘伝のタレ

鉄板の直径は約18cm。はみださんばかりのキャベツと豚肉! オレンジ色に見えるのは秘伝のタレ

 ちなみに鉄板焼きの味付けは醤油ベースの秘伝のタレ。創業当時から通い続ける常連さんも多く、リピーター率も高いとのこと。一度食べたらクセになるおいしさ、なんですね。

 店長の村上茂さんおすすめの食べ方を聞くと「みんな自分の好きなように食べていますね。卵を入れないって人もいれば、タバスコをいれないって人もいるし。まずはそのままで食べて、その後、卵やニンニクチップ、タバスコで味の変化を楽しむといいと思いますよ」。なるほど。メニューに書かれている食べ方を一気に行うのではなく、途中の段階も味わって楽しむってことですね。

最初はアツアツ・ハフハフ。ゴハンにワンバウンドしていただきます!

最初はアツアツ・ハフハフ。ゴハンにワンバウンドしていただきます!

 ということで、まずはそのままの鉄板焼きを一口! そして山盛りゴハンを追っかけで一口! 鉄板で熱々なのに、キャベツはシャキシャキ、豚肉とタレの旨味が一気に口の中に広がります。

 何度かそのままで味わい、鉄板焼きの山がやや平らになったところで、メニューに書かれていた食べ方の1番目と2番目、中央にくぼみをつけて生卵投入! まだ鉄板が熱々なので、混ぜるうちに半熟卵となって豚肉とキャベツにからみます。すると、まろやか、かつコクのあるおいしさに進化。

 さらにニンニクチップ投入。すると香りがガーッとたち、食欲をそそる香りにさらにワンランクアップ。カリカリ感もたまらない〜! 鉄板焼き⇒ゴハン⇒鉄板焼き⇒ゴハンを進めていくうちにハッと気づく。ラ、ラーメンの麺が伸びるっ!

直径約21cmの器に盛られたラーメン。スープも含め重さ743g(器の重さを除く)

直径約21cmの器に盛られたラーメン。スープも含め重さ743g(器の重さを除く)

 一旦ゴハンと鉄板焼きから離れ、今度はラーメンに。ノリとネギ、シンプルな醤油味のラーメンは、中ぐらいの太さのちぢれ麺。昔懐かしい支那そばのようなおいしさです。まずは麺を先に食べて、後半はラーメンのスープを汁もの代わりにするっ! と決めて、麺をガーッとすすり始めます。その横でジュージュー音を立て続ける鉄板。麺を食べつつも、鉄板炒めの誘惑がスゴイ! さっきいれたばかりのニンニクチップの香りもグイグイきます。

半ラーメンの大盛なので、ほぼ1人前の量。いや、ほぼではなく1人前の量

半ラーメンの大盛なので、ほぼ1人前の量。いや、ほぼではなく1人前の量

 ラーメンの麺をほぼ食べきったところで、再度ゴハンと鉄板炒めに戻ります。今度は食べ方3のタバスコ投入! するとホット&スパイシー感がアップして、さらにゴハンとの相性が良くなりました。すごい。味変によってどんどん進化していく鉄板炒め。ゴハンが丼サイズでよかった。タバスコのきいた味になってからは、さらにゴハンがすすみます。

 後半に加速する食欲&食べるスピード。最初の方が熱くてスピードが出せなかったせい? ほどよく冷めてきた後半の方が、ガンガン食べるスピードがあがります。

店頭にある看板。人気があるのがわかる証拠がこんなところにも

店頭にある看板。人気があるのがわかる証拠がこんなところにも

 ちなみにランチタイムや週末には20人ほどの行列ができることもありますが「回転が速いので、並んでも15〜20分程度で入れますよ」と村上さん。おすすめの時間帯は平日の14時〜18時だそうです。

 鉄板麺以外のメニューもあり、「棒々鶏麺」(950円)や「カルビ麺」(950円)、「焼肉麺」(900円)などがあります。鉄板麺同様、メインのおかずプラス麺、そしてゴハンの組み合わせです。
 店長の村上さんが、鉄板麺の次におすすめなのが「餃子」(500円)。野菜と肉が半々で包まれた手作り餃子で、「餃子麺」(750円)というメニューもあります。

 地元在住・在勤の人はもちろん、場所柄、芸人さんもよく食べにくるという『大盛軒』。リピーターの中には、子供の頃から食べ続け、大人になった今、自分の子供を連れて食べに来るという人も。東中野で30年以上愛され続けているソウルフードは、パワフルかつクセになるおいしさ間違いなし! でした。

(取材・文◎石澤理香子)

●SHOP INFO

大盛軒 外観

店名:大盛軒

住:東京都中野区東中野1-51-1 村上ビル 1F
TEL:03-3371-5743
営:11:00〜22:00LO
休:なし(年末年始のみ)

関連記事(外部サイト)