1日30食限定! 京橋『都鳥』の絶品「唐揚げライス」が超絶に美味しい理由

1日30食限定! 京橋の老舗『都鳥』の絶品「唐揚げライス」を食べてきた

1日30食限定の「唐揚ライス」。ごはんに味噌汁、お新香、鳥スープ付き | 食楽web

 東京・京橋には、老舗料理店がたくさんあります。今回お邪魔した『京橋 都鳥』もそのひとつで、昭和26年創業の老舗鳥料理店。宮内庁との関わりが深く、二代目のご主人は新宮殿落成式典で調理番を務め、三代目は園遊会の焼き鳥模擬店で調理を担当したそうです。今は四代目がお店を切り盛りしています。

老舗の風格が漂う。シンプルな暖簾に“粋”を感じます

老舗の風格が漂う。シンプルな暖簾に“粋”を感じます

 夜は焼き鳥がメインですが、お昼のからあげも絶品。初めて食べた筆者も思わずうなったほどの美味しさです。人気なのはランチタイムの1日30食限定の「都鳥名物 唐揚ライス」(1300円)。からあげは創業当時から提供されているそうで、味付けもそのころから変わっていません。そこには“京橋ならでは”のこだわりがあります。

 このランチのからあげ、ニンニクを使用していません。さすがビジネスマンの多い京橋らしい配慮を感じますね。丁寧に下処理された新鮮な生の鶏肉を豪快に1枚使って、しょうゆベースのタレにしっかり漬け込んでいます。丸めた肉ではなく、開いたモモ肉に衣を付けて揚げたもの。平べったい形状が特徴です。そのため火の通りも完璧。

モモ肉を豪快に1枚使っているのでボリューミーで食べごたえ抜群!

モモ肉を豪快に1枚使っているのでボリューミーで食べごたえ抜群!

 衣はやや厚めですが、ごま油をブレンドした揚げ油で揚げており、香ばしくコクのある味に仕上がっています。ジャリッとした食感で、衣だけでも十分に美味しく、お酒のアテとしてもいけそう。肉はやわらかくて、ソフトな歯ざわりです。さすが老舗、肉に雑な味が一切なく、完璧な下処理に感服です。

ごま油をブレンドした揚げ油を使用しているので、衣にコクがあって美味!

ごま油をブレンドした揚げ油を使用しているので、衣にコクがあって美味!

 うま味がしっかりと残っていて、飲み込んだ直後にその風味がのどから口にかけて一気に広がる“うま味逆流系”のからあげ。大ぶりのものが4個とボリューミーですが、あっという間に完食した筆者でした。

しょうがの風味が効いた鳥スープ。お酒のあとに飲みたくなる味

しょうがの風味が効いた鳥スープ。お酒のあとに飲みたくなる味

 さて、この唐揚ライスには鳥スープがついてきます。これがまた美味しい。鳥の出汁がしっかり感じられるだけでなく、しょうがの味が効いています。ちょっと甘味もあって、何杯でもおかわりしたくなるほど。お酒のあとに飲みたくなる味です。ランチの定食ですが、思わずビールをオーダーしたくなったからあげでした。

●SHOP INFO

店名:京橋 都鳥

住:東京都中央区京橋1-4-10
TEL:03-3245-1378
営:ランチ11:30〜14:00
ディナー17:00〜22:00
休:土・日・祝

●著者プロフィール

松本壮平

ライター・編集者。一般社団法人日本唐揚協会認定カラアゲニスト。生まれも育ちも「からあげの聖地」である大分県中津市。美味しいからあげを求めて東奔西走する「から活=からあげ探索活動」に明け暮れている。

関連記事(外部サイト)