欧州No.1ブランドが日本上陸! 英国発の100%スムージー「イノセント」を飲んでみた

欧州No.1ブランドが日本上陸! 英国発の100%スムージー「イノセント」を飲んでみた

写真左から、やんごとなきマンゴー、ゴージャスグリーン、おおまじめストロベリー(各298円 ※すべて税別)| 食楽web

 フレッシュな野菜やフルーツをミックスして作るスムージー。ひと昔前まではダイエットのイメージが強くありましたが、最近は野菜不足を気軽に補えたり、食欲のない日の朝食がわりにできたりと、気軽に栄養が摂れる便利アイテムとして定着しつつあります。そんな世相を反映してか、今ではコンビニにも当たり前のように置かれるようになりましたよね。

 そんな中、日本よりもはるか昔からスムージー文化が根付くイギリス発祥のスムージーブランド「イノセント」が満を持して日本に上陸。7月9日から国内販売がスタートしています。

 このイノセント、ヨーロッパの23か国で売り上げナンバーワンを誇るスムージーブランドなんです。使われる野菜と果物は、30カ国以上の生産地から厳選され、バイヤーが目と舌で確かめた食材のみを使用。また、すべて果汁100% or 果汁・野菜汁100%で、濃縮還元果汁、甘味料、合成着色料、増粘剤は一切使用していない、まさに本物のスムージーです。

 というわけで、さっそくイノセントを飲んで、その味わいを確かめてみました。

 こちらは「ゴージャスグリーン」。ケールやズッキーニ、ほうれん草などの葉物野菜を使用したスムージーです。グラスに注いでみると、トロッとしたテクスチャーで、飲みごたえもありそうです。そんなわけでひと口飲んでみると……これはもう「THE 野菜」です! 他社のスムージーの中には、甘味を多めにし、あえて野菜感を抑えているものもありますが、こちらはしっかり野菜!

 とはいえ、青臭さや苦味はなく、かなり爽やか。スッキリとした後味は、りんごや洋ナシなどの果物を絶妙な配分で合わせることで、飲みやすく仕上げているんだそうです。さすがヨーロッパ売上ナンバーワン、といったところでしょうか。

 次に試してみたのは「おおまじめストロベリー」(写真右)。ネーミングに偽りなし。イチゴ味というか、もはやイチゴです。ものすごく濃厚で、どっさり惜しげもなくイチゴを使っているのがよくわかります。フルーツ本来の酸味もしっかり主張してくるので、甘すぎず、とても飲みやすいです。人工的な味になりやすいイチゴ味ですが、このスムージーは本当に自然な味わい。本当にオススメです。

 最後は「やんごとなきマンゴー」。りんごとアルフォンソマンゴーをベースに、パッションフルーツやオレンジなどを加え、南国チックな味わいに仕上げた一杯です。オレンジのツブツブとした果肉も感じられ、甘酸っぱく、飲むだけで元気が出そうな味わいです。100mlあたり34kcalと、カロリー控えめなのもうれしいですね。

・・・・・・・

 というわけで、3種を試してみましたが、甘さと酸味のバランスがちょうど良く、美容が気になる女性はもちろん、野菜不足に悩む男性にもオススメです。自分でイチから野菜や果物を買って作るより、はるかに簡単で美味しく、ビタミンやミネラルをチャージできる「イノセント」。この機会に、日々の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

●DATA

イノセント

https://www.innocentdrinks.jp/

関連記事(外部サイト)