旨いけど汗が噴き出す! もつ鍋専門店『うる虎』のシビ辛「麻辣火鍋」を食べてきた

旨いけど汗が噴き出す! もつ鍋専門店『うる虎』のシビ辛「麻辣火鍋」を食べてきた

食楽web

 シビれる辛さで一躍大ブレイクを果たした、中華を代表する味覚「麻辣(マーラー)」。山椒を始めとする多彩なスパイスによって生み出される刺激的な味わい、その向こうに感じられる絶妙な美味しさは、一度でも体感してしまうとヤミツキになること必至のデンジャーな魅力を備えています。

 神奈川県横浜市にお店を構える、大人気のお店『炭火焼鳥・牛もつ鍋 うる虎 総本店』では、8月13日(火)より新メニュー「麻辣火鍋(マーラーひなべ)』の提供がスタート。“熱さ”と“辛さ”が自慢の今夏一押しメニューを目当てに、毎日多くのお客さんからのアツいオーダーが殺到している模様です!

「麻辣火鍋」は、何といっても特製麻辣スープが自慢。同店の名物メニュー「牛もつ鍋」で使われている8時間炊きの濃厚鶏がらスープをベースに、花椒やナツメなど15種類以上のスパイス、豆板醤など数種類の“醤(ジャン)”をブレンドして完成します。

「麻辣火鍋」1人前1680円

「麻辣火鍋」1人前1680円

 この刺激的なスープに、ビタミン・コラーゲンが豊富な牛もつ、ニラやもやしなどの野菜がたっぷりと入ります。一口食べれば、後を引く旨さと辛さのダブルパンチが炸裂! 箸の動きと流れ出る汗がノンストップ状態になる、モグ・パク・ダラダラの最高すぎる時間に突入します。栄養満点かつスパイスの薬膳効果で疲労回復や新陳代謝促進が期待でき、食欲不振や夏バテを撃退。しばらく続く厳しい残暑も、左うちわで乗り越えられることでしょう。

 特製麻辣スープは好みに合わせて、辛さを「ピリ辛・中辛・大辛・激辛・極辛」の5段階に調節可能。さらに魚介ときのこの旨みを凝縮したオリジナル調味料「海鮮きのこ醤」をちょい足しすることで、味の変化を楽しむことができます。

 今回の「麻辣火鍋」提供開始に合わせ、クラウドファンディングサイト・Makuakeにて支援プロジェクトも展開中。支援へのリターンとして、食べ放題チケットや食べ放題会員権が用意されていますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

 全国から集めた四季折々の美味しいお酒や、備長炭でじっくりと焼かれた看板メニューの炭火焼鳥など、落ち着いた雰囲気の店内で楽しめる“大人の居酒屋”で、「麻辣火鍋」を始めとする数々の極上料理とプレミアムな時間を、心行くまで堪能してみてはいかがでしょうか。

●SHOP INFO

炭火焼鳥・牛もつ鍋 うる虎 総本店

店名:炭火焼鳥・牛もつ鍋 うる虎 総本店

住:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-16-2 YT16ビル 5F
営:17:00〜23:30(L.O.23:00)、土曜、日曜、祝日16:00〜23:30(L.O.23:00)
休:なし
https://urutora.jp/
※価格は全て税別

関連記事(外部サイト)