これぞ東京食遺産! 絶品すぎる「つくね串」が味わえる名店3軒

これぞ東京食遺産! 絶品すぎる「つくね串」が味わえる名店3軒

食楽web

「つくね」といえば、焼きとり屋やモツ焼き屋などで、なんとなく&とりあえず、注文してしまう定番串の1つです。

 ですが、侮ってはいけません。その証拠に、注文したつくねが美味しくなかったら、がっかりしませんか? 反対につくねがとびきり美味しかったら上機嫌にならざるを得ない。つまり「つくね」への執念は、自分でも気づかないほど大きいのです。

 作り方は、ミンチ肉をこねて丸め、串に刺して焼く、といたってシンプルです。しかし、お店によって、使うお肉は鶏肉だったり、豚肉だったり違いますし、使う部位もそれぞれ異なります。また、軟骨や蓮根を入れて食感で楽しませてくれたり、焼き方やタレのこだわり、食べ方などの工夫があったり。たかがつくね、されどつくね。なのです。

 つまり、「つくね」を食べれば、その店の“やる気”や“良し悪し”がわかると言っても過言ではありません。そこで今回、東京の「絶品つくね」の店を3軒、食楽web編集部の目線でセレクト。さっそくご紹介しましょう。

巨大で繊細! 西荻『焼きとり よね田』のジャンボつくね

西荻窪本店。2階は予約可能ですが、1階のカウンター席は、いつも満席なので、退店するお客さんのタイミングを見計らい、スッと座りましょう

西荻窪本店。2階は予約可能ですが、1階のカウンター席は、いつも満席なので、退店するお客さんのタイミングを見計らい、スッと座りましょう

 まずは、西荻窪に本店がある『焼きとり よね田』です。1階は店を囲むようにカウンターがあり、平日休日問わず、ぐるりとお客さんで常に埋まっている人気店。

 席についたら、ドリンクオーダーと同時に厳選した鶏肉ミンチ肉の「つくね」(1本250円)をオーダーしておきましょう。数量限定なので、売り切れている場合もありますし、運よく注文ができても、運ばれてくるまでに非常に時間がかかる串なのです。

こちらは中野店の「つくね」(250円)にトッピング目玉焼き(100円)。巨大だからといって大味ではありません。じっくりじわじわと焼き上げて、外側はカリッと、中はふっくらと仕上げてあります

こちらは中野店の「つくね」(250円)にトッピング目玉焼き(100円)。巨大だからといって大味ではありません。じっくりじわじわと焼き上げて、外側はカリッと、中はふっくらと仕上げてあります

 その理由はというと…びっくりするほど巨大だから。一般的なつくねの4倍ほどはあると思います。その証拠に串が4本刺さっていて、持ち上げるとつくねがガクンと頭を下げるほどの重量感。そのジャンボつくねを、しっかり焼き上げるのに時間がかかるのです。

 箸で割ってみると、ハンバーグのごとくジュワーッと肉汁が溢れるんです。食べると、細かく刻んだ鶏軟骨が柔らかいのに絶妙なコリコリ感。さらに、さっぱりとした醤油ダレのキレの良さ。いわゆる継ぎ足し系の深〜い味なんです。

 ちなみに、「トッピング目玉焼き」を一緒に注文しておくと、皿の下に目玉焼きがのって登場します。この目玉焼き、最後にバーナーで焼いているので、黄身がとろとろ。この黄身とタレを絡ませながらジャンボつくねを食べるです。鶏肉と卵の相性の良さは言わずもがな。最高です。

 1本でかなり食べ応えがあるので、女性はシェアするのがオススメですが、男性や胃袋に自信がある女子は、1人1本、注文してみてください。大満足するはずです。

1人1本厳守! 大門『秋田屋』の絶品「たたき」

専用の網で挟んで焼く「たたき」(1本220円)

専用の網で挟んで焼く「たたき」(1本220円)

 続いて絶品のつくねが味わえる店は、東京・大門の『秋田屋』です。つくねではあるのですが、正確に言うとメニュー名はつくねではなく「たたき」(220円)。使っているのは豚肉。ちなみに従業員同士では「だんご」と呼んでいます。

昭和4年創業の『秋田屋』。開店は15:30。店先の焼き台からモクモクを煙が立ち始めると、どこからともなくオジサンたちが集まってきて昼飲みスタートを始めます。そして閉店の21時過ぎまで入れ代わり立ち代わり満席状態が続きます

昭和4年創業の『秋田屋』。開店は15:30。店先の焼き台からモクモクを煙が立ち始めると、どこからともなくオジサンたちが集まってきて昼飲みスタートを始めます。そして閉店の21時過ぎまで入れ代わり立ち代わり満席状態が続きます

 店先に焼き場があり、紀州備長炭で1串1串、焼き職人が丁寧に焼き上げているのが見えます。特製の「たたき」は、専用のアミでがっちり挟み、何度も裏表の返し焼きをしていきます。

青のりがかかっています

青のりがかかっています

 出来上がると、それはまるで“シシケバブ”のように表面は黒々、見た目は引き締まっています。しかし、噛むとソーセージのごとく肉汁がプシュ〜と出てきて、柔らかくジューシー。そして肉の旨味が濃くて、細かな軟骨もたくさん入っていて、完璧! それを包み込むタレも、スッキリしつつ深くて上品な味なんです。

あまりに美味しくて、ついつい追加したくなるけど、ぐっと我慢

あまりに美味しくて、ついつい追加したくなるけど、ぐっと我慢

 1本と言わず何本も食べたくなる、後を引く味なのです。しかし、ここの「たたき」は1人1日1本厳守。もう1本頼もうとすると、お店のおばちゃんに「1人1本っ!」と注意されますので、心して1本をじっくり味わってください。

考えた人すごい! 新宿『もつ焼き処 沼田』の「つくP」

沼田名物「つくP」1串430円

沼田名物「つくP」1串430円

 3軒目の絶品つくねのお店は、新宿三丁目の『もつやき処 沼田』、もしくは『モツ煮込み沼田』で出している名物「つくP」(1串430円)です。Pはピーマンのことで、半分に切った生ピーマンの上に団子つくねが載って出てきます。肉は、豚肉。ここに豚の喉なんこつの刻みが入っています。

 食べ方は、「ピーマンの上でつくねを潰し、ピーマンの肉詰めのようにしてお召し上がりください」とお店の方。言われた通りに食べてみてください。

昭和40年代のバーを改装した趣きのある店舗。カウンター10席

昭和40年代のバーを改装した趣きのある店舗。カウンター10席

 生ピーマンのみずみずしくてシャッキリした食感とほのかな苦味。炭火でカリッと焼いたつくね団子とその絶妙な塩加減。パリッとピーマン、ふわっと肉団子、そして中にコリコリのなんこつ。食感、味のバランスともにパーフェクトです。

つくねをピーマンで挟んでムギューッと潰していただきましょう

つくねをピーマンで挟んでムギューッと潰していただきましょう

 というわけで、絶品つくね3選、ぜひ食べに行ってみてください。ちなみに、「つくねの美味しい店は、煮込みも旨い」という方的式があります。そちらもぜひお試しください。

(撮影・文◎土原亜子)

●SHOP INFO

店名:焼きとり よね田
住:東京都杉並区西荻窪3-11-10
TEL:03-3332-2094
営:17:00〜23:30(22:50LO)、土16:00〜23:30(22:50LO)、日・祝16:00〜22:30(21:50LO)
休:無休

店名:秋田屋
住:東京都港区浜松町2-1-2
TEL:03-3432-0020
営:15:30〜21:00LO、土15:30〜20:30(20:00LO)
休:日・祝・第3土

店名:もつやき処 沼田
住:新宿区新宿3-12-3
TEL:03-5269-8320
営:17:00〜24:00
休:三連休以上の連休最終日

関連記事(外部サイト)