ハンバーガー評論家が絶賛! 東京・虎ノ門『BeBu(ビブ)』の「ラグビー ミニバーガー」とは?

ハンバーガー評論家が絶賛! 東京・虎ノ門『BeBu(ビブ)』の「ラグビー ミニバーガー」とは?

食楽web

 今年の秋のスポーツのビッグイベントと言えば、ラグビーワールドカップ2019。日本のみならずアジア初の開催となる歴史的大会ということで、国内各地、いよいよ盛り上がってきましたが、ここ虎ノ門ヒルズ上層階のラグジュアリー ライフスタイルホテル「アンダーズ 東京」にも、大のラグビー好きがいるようです。

 一人目は総料理長のショーン・キーナンさん。ラグビーの強豪国オーストラリアの出身です。そして総支配人は最強国ニュージーランド出身。さらにイギリス人の料飲部長も、日本人の料飲副部長も、ともに元ラガーマンで、この4人がラグビー話で盛り上がり、そのやまぬ興奮をカタチにしようとスクラムを組んで生まれたメニューが、9月1日発売の「ラグビー ミニバーガー」。虎ノ門ヒルズ1階のカフェ&バー「BeBu(ビブ)」で提供しています。というわけで、実際に食べてきましたので、その味わいのほどをレポートしたいと思います。

いざ実食! 「ラグビー ミニバーガー」の味はいかに?

「ミニ」とは言いつつ、かなりの大きさがあります。ラグビーボール型のパンは長さ約10cm、サイズ90g。中身の肉や魚も70gほどあって、一般的なバーガーとほぼ変わらない大きさです。「ニュージーランド」「ジャパン」「オーストラリア」の全3品あります。

「ニュージーランド」(950円 ※以下すべて税抜価格)

「ニュージーランド」(950円 ※以下すべて税抜価格)

 まずは総支配人の母国「ニュージーランド」をイメージしたバーガー。イギリス連邦の国なので「フィッシュ&チップス」が盛んということで、白身魚(タラ)のフライを挟んでいます。これが今まで食べたことがないような良質・上等なフライドフィッシュで、ふんわりとろけるような白身を、ディルが入ったタルタルソースと、アボカドディップ入りのクリームチーズが上下から包み込み、食べ口は実にやわらか。底に敷かれた葉はビブレタスと呼ばれる、アメリカ版のサラダ菜です。

「ジャパン」(950円)

「ジャパン」(950円)

 続いては「ジャパン」。勝負事の際の験担ぎの定番である「カツ」を挟んだバーガーです。このポークカツレツもまた、とんかつ専門店に並ぶほどのみごとな出来映え。衣はサクサク、味付けは控え目ながら、千葉県産の豚ロースは噛み締めるほどに味が増して、その豚肉の味だけで十分おいしいとんかつです。それを赤キャベツのピクルスと、紅生姜入りのマヨネーズで挟んで、断面を見ると、赤と白の横縞模様になっているというのですが……それは切ってみてのお楽しみです!

「オーストラリア」(950円)

「オーストラリア」(950円)

 そして総料理長の母国であり、前回大会の準優勝国でもある「オーストラリア」は、ラム肉を挟んだバーガー。削ぎ切りにした豪州産のラム肉約70gを強火のフライパンで一気に焼き上げ、グレイビーとBBQの2つのソースをからめています。肉の表面は「ぷりっ」と張りがありますが、噛むとやわらか。そこへ水気を切ったヨーグルトに少量のニンニクを加えたソースを合わせ、ヒール(下バンズ)にはマスタードマヨネーズ。ラム肉に振ったエジプトの調味料「デュカ」が利いて、3つの中では最もパンチのある味わいに仕上がっています。

「ラグビー ミニバーガー」(3個セット2700円)

「ラグビー ミニバーガー」(3個セット2700円)

『ビブ』というバーガーカフェの魅力は、ホテルならではのクオリティの高さと、それに反してリーズナブルな価格設定にあります。チーズ1枚をとっても、上質な「いいもの」を使っていて、でも値段は街のハンバーガー屋と変わらず。質に満足し、値段に満足する。そんな常に高いコストパフォーマンスを誇る店ですが、今度の「ラグビー ミニバーガー」もその例にもれず、手間のかかった力作が1個950円で堪能できます。ラグビーにふさわしくガッシリとした食べ口の全3品。ラグビーボール型のサンドの中に、ラグビーを愛する者たちの興奮と情熱がギュギュッ! と詰まっていますよ。

(撮影・文◎ハンバーガー評論家・松原好秀)

●SHOP INFO

BeBu(ビブ)店内

店名:BeBu(ビブ)

住:東京都港区虎ノ門1丁目23-4 虎ノ門ヒルズ1F
TEL:03-6830-7739
営:カフェ&バー 11:00〜22:30/ラウンジ 11:00〜20:30/土曜、日曜、祝日 11:00〜21:30
※「ラグビー ミニバーガー」の提供は11月2日まで
休:なし

関連記事(外部サイト)