肉×ワインの祭典!「肉ワインフェス 2019」で絶対食べたい至極の「肉料理」5選

肉×ワインのお祭り! 横浜「肉ワインフェス2019」で絶対食べたい「肉料理」5選

食楽web

 肉とワインのペアリングを思いっきり楽しめるイベント「肉ワインフェス 2019」が9月26日(木)〜29日(日)の4日間、横浜赤レンガ倉庫で開催されます!

 絶品肉料理をはじめ、ワインとのマリアージュを楽しめる大人メニューが勢揃い。会場で食べたい、おすすめの肉料理5品をご紹介します。

『表参道Lounge 1908』の「牛ハラミステーキ ブルゴーニュソース」

 フレンチレストラン『表参道Lounge 1908』からは、肉感ジューシーなハラミのブルゴーニュ仕立てのメニューが登場します。さっぱりしつつ旨味を感じるブルゴーニュソースが、ハラミにぴったり寄り添う一品です。

『リストランテツヅキ』の「手打ちパスタ リストランテツヅキのボロネーゼ」

 今回のイベントの中でも目玉メニューの一つです。ミシュランガイドにも掲載経験のある東京・都立大学の『リストランテツヅキ』の肉料理は、ずばり手打ちパスタのボロネーゼ。ジューシーで肉汁滴るミートソースと手打ちのモチモチパスタが絶妙に絡む、肉好きにもパスタ好きにも食べてほしい逸品です。

『THREE PLACE』の「A5国産黒毛和牛使用肉バーガー」

 チーズ好きの方、お待たせしました! 2種のチーズを贅沢にサンドした「A5国産黒毛和牛使用肉バーガー」です。モッツァレラチーズとチェダーチーズを、こだわりのパティで挟んだ、ワインにピッタリなバーガーとなっています。チーズと肉の相性は言わずもがな。ぜひお試しあれ。

『肉処 天穂』の「A4・A5 熟成佐賀牛赤身厚切りステーキ」

 肉を食べるならやっぱりステーキでしょう! という人は多いと思います。そんな向きにオススメなのが、「A4・A5 熟成佐賀牛赤身厚切りステーキ」。熟成させたA4・A5ランクの佐賀ブランド和牛を焼き上げ、わさびでいただく、シンプルながら素材の味を生かした絶品ステーキです。

『羽根つき焼小籠包 鼎’s(Din’s)』の「羽根つき焼小籠包」

 台湾の小籠包の名店『京鼎樓』の元トップ点心師が開発した新食感の「羽根つき焼小籠包」です。一口食べるとじゅわっとあふれ出す肉汁に、特製ダレをかけていただく贅沢な一品。ワインとの相性も抜群ですよ。

・・・・・・・

 絶品お肉料理とワインを同時に味わえる大人なイベント「肉ワインフェス 2019」。バリエーション豊富な肉メニューとワインを楽しみに、ぜひでかけてみてください!

●DATA

肉ワインフェス 2019

期間:2019年9月26日(木)〜9月29日(日)
時間:26日(木)・27日(金)12:00〜21:00
   28日(土)10:00〜21:00
   29日(日)10:00〜19:00
会場:横浜赤レンガ倉庫
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
URL:https://www.nikufes.jp/

関連記事(外部サイト)