限定メニューが好評すぎて店名変更! 中野『油そば 東京スパイス』の大人気メニューとは?

限定メニューが好評すぎて店名変更! 中野『油そば 東京スパイス』の「スパイス油そば」とは?

「スパイス油そば」(750円)。もっちりとした食感の中太麺に、スパイスたっぷりのスープがよく絡む| 食楽web

 東京のJR中野駅北口の路地裏に、2018年にオープンした油そば専門店『東京ガブリ豚』をご存知でしょうか。その名の通り、分厚い煮豚を主役とした油そばのお店で、オープン初日には100人以上の行列ができるなど、かなりの話題を集めていました。

JR中野駅北口から徒歩すぐの場所です

JR中野駅北口から徒歩すぐの場所です

 しかし、なんとこの9月初旬、期間限定で提供していた「スパイス油そば」があまりにも好評すぎたため、『油そば 東京スパイス』と名を変えてリニューアルオープンしてしまいました。

油そばの麺はツルモチ食感が特徴

油そばの麺はツルモチ食感が特徴

 店長の山田鉄也さんによると、「期間限定で発売したスパイス油そばとスパイスラーメンの評判が非常に良く、スパイスというものに無限大の可能性を感じて、今後スパイスを使った様々な商品にチャレンジしていきたいと考え、思い切って店名変更することにしました」とのこと。並々ならぬ覚悟と自信を感じます!

 提供するのは「スパイス油そば」(750円)と「スパイスラーメン」(900円)。“スパイス”と聞くといかにも辛そうなイメージですが、実際には辛すぎず、普通に美味しく食べられる辛さです。

 フェネグリーク、ヒング、バジル、クミンやハーブ等を使ったオリジナルのガラムマサラを中心とした特製スパイスを使用しているそう。これをツルッとなめらかで、モチッとした食感の中太麺に絡めていただきます。

こちらは「スパイスラーメン」(900円)。スパイスがたっぷり溶け込んでいる。スープとの相性を考え、低加水でしっかり食べごたえのある食感の麺を使用。噛みごたえがある分、油そばよりも細め

こちらは「スパイスラーメン」(900円)。スパイスがたっぷり溶け込んでいる。スープとの相性を考え、低加水でしっかり食べごたえのある食感の麺を使用。噛みごたえがある分、油そばよりも細め

 山田さんによると「スパイス系以外の限定メニューも2〜3ヶ月おきに登場する予定です」とのこと。ちなみに10月は「汁なし黒ゴマ担々麺」を出す予定だそうです。

 独自調合のスパイスが香る気鋭の油そば、ぜひ味わってみてください。

●SHOP INFO

油そば東京スパイス 店内

店名:油そば東京スパイス(旧店名:東京ガブリ豚)

住:東京都中野区中野5-63-6 1F(中野駅北口より徒歩30秒)
営:月〜土11:00〜25:15(L.O)、日11:00〜23:00(L.O)
休:なし

関連記事(外部サイト)