セレブもわざわざ通う! チェコの世界一小さなブルワリーでしか飲めない「幻のビール」とは?

ここに行かないと絶対に飲めない! 城塞都市の特別な“マイクロブルワリービール”

左からラガー、スモーク、ルビースペシャル。| 食楽web

ハリウッドスターも注目する、極上のビールと料理の数々

 チェコ共和国といえば、世界最大のビール王国。そんなチェコの西部に、ゲーテが愛した街としても有名な、要塞都市ロケトがあります。ここで2003年に復活したのが、ドイツ〜プラハ間では一番小さなブルワリー『St. Florian Brewery』。現オーナーの息子さんが醸造責任者を務め、5種類のビールを造っています。古来より伝わる伝統的な製法で、無濾過・無殺菌を守りすべてを手作りするからこその、大手では真似できない味わい深さが特徴。素材にもこだわりがあり、特にホップはチェコナンバーワンとの呼び声も高いジャテツ産を使用しています。

ロケトに入るための大きな橋を渡るとすぐにエントランスが見えてくる

ロケトに入るための大きな橋を渡るとすぐにエントランスが見えてくる

 そうして作られるビールの味わいが上質なことは言うまでもありませんが、なんといっても、このビールの一番プレミアムなところは、どう逆立ちしても「ここに来なければ飲めない」ということに尽きます。ビールは持ち帰り販売も、他所に卸したりもしないので、ここに来なければ味わえません。かのリチャード・ギアも気に入っているそうですが、もちろん、そんなセレブ相手でも特別扱いはしません。ロケトに来なければ絶対に味わえないのです。

槽がある場所には中世の天井スタイルが残存。湿度などの環境がビールの醸造に適しているという

槽がある場所には中世の天井スタイルが残存。湿度などの環境がビールの醸造に適しているという

 ビールのほか、スラブ人に伝わる昔ながらの手法でスモークされる料理にも注目。どれもビールと抜群の相性で、テラス席の開放的な雰囲気とともに、グイグイすすむこと間違いなし!

スタッフがビールを注ぐタップとタンクは直接ラインで繋がっている

スタッフがビールを注ぐタップとタンクは直接ラインで繋がっている

この分厚いハムを見ただけでテンション爆上げ間違いなし

この分厚いハムを見ただけでテンション爆上げ間違いなし

『St. Florian Brewery』にはマイクロブルワリーとレストラン以外に、ホテルもあるので、コンパクトな中に可愛らしい建物が立ち並んでいます。ロケト観光をする際にもオススメです。ビールを飲みながら暮れていく街並みを楽しむ、そんなメロウな時間は旅ならではの至福ではないでしょうか。

(撮影◎鈴木拓也 取材・文◎島貫朗生)

●SHOP INFO

店名:St. Florian Brewery

住:T. G. Masaryka 136,357 33 Loket
TEL:+420 603 148 531
営:11:30〜22:00
休:なし

関連記事(外部サイト)