神戸で人気の自然薯&とろろ専門店『黒十(こくとう)』が横浜にオープン。美味しさの秘密とは?

神戸で人気の自然薯&とろろ専門店『黒十(こくとう)』が横浜にオープン。美味しさの秘密とは?

食楽web

 兵庫・神戸に本店を構える自然薯・とろろ料理専門店『黒十(コクトウ)』が2019年10月9日(水)に、横浜モアーズにオープンしました。『黒十』は、山野に自生する日本原産の山芋の王様自然薯を使ったとろろ料理の専門店。山の幸、海の幸も含めた自然の恵みを丁寧においしく調理する店として知られています。期待が高まる料理の内容をご紹介します。

ランチには「自然薯とろろビュッフェ」付き!

「牛たんの炙り焼き」1830円

「牛たんの炙り焼き」1830円

 初めてのお店の時は、まずランチを試したい! という人も多いのではないでしょうか。ということで、まずはどんなランチがあるかチェック。ランチは主菜が選べる「黒十 横浜御膳」8種で、「鶏もも肉の旨み唐揚げ2種類」や「チキン南蛮 自家製タルタルソース」、「自家製鶏つくね」、「牛たんの炙り焼き」といったお肉メインと、「銀鱈の西京味噌焼き」、「鯖干しの炙り焼き2種類」という魚メニューから選べます。どれも美味しそうで、なかなかメニューを決めきれません。ここは大いに迷いに迷ってしまいましょう。

「鯖干しの炙り焼き」1530円、ハーフ1250円

「鯖干しの炙り焼き」1530円、ハーフ1250円

ランチでは自然薯とろろが食べ放題

ランチでは自然薯とろろが食べ放題

 そして、さらにうれしいのは自然薯とろろビュッフェが付いているということ! 自然薯・とろろ専門店なので、それはそうなのですが、ブッフェに含まれる、自然薯とろろ、麦入りご飯、大根汁、これがすべて食べ放題なのです!

 これはもう、とろろ好きにはたまりません。だって、高級食材ともいえるあの自然薯なんですから。梅肉、わさび、海苔、胡麻、おくらといったトッピングも用意されているので、自分好みにアレンジできるときたら、もう幸せ過ぎます。おなかいっぱい、満足度も満点越え間違いなしです。胃袋の大きさに限界があることが悔やまれます。

夜は神戸・灘の日本酒や自然派ワインとのマリアージュを

自然薯とろろ料理×お酒を楽しむディナータイム

自然薯とろろ料理×お酒を楽しむディナータイム

旬の食材を炭火焼きで味わう幸せ

旬の食材を炭火焼きで味わう幸せ

 さてさて、超満足なランチが味わえることがわかったところで、今度は夜のメニューをチェック。夜は雰囲気も変わって、旬の食材を使った釜飯、炭火焼などの料理と神戸・灘にある蔵元から取り寄せた灘の日本酒や、ソムリエが選ぶ自然派ワインを一緒に楽しめる、大人の隠れ家的空間に生まれ変わります。

「鮭とイクラの釜飯」1900円

「鮭とイクラの釜飯」1900円

 八丁味噌を使った特製味噌だしで煮込んだ、霧島純粋豚とたっぷりの野菜が入った「自然薯とろろ味噌鍋」(1980円)や、備長炭を使ってじっくり焼き上げる炭火焼きでは四季を感じる季節メニューを堪能できます。シメには、注文を受けてから焚き上げる「鮭とイクラの釜飯」など“うまいもの”がたくさん待っています。

兵庫県産の銘柄を中心にそろえた日本酒

兵庫県産の銘柄を中心にそろえた日本酒

 料理と合わせたいのは、日本酒。11品を基本に、兵庫県産の銘柄を中心に日本各地の純米酒や吟醸酒など、その日おすすめの銘柄を取りそろえています。日本酒好きには、どの料理にどの日本酒を合わせるか、楽しみが増えますね。ワイン派の人にはソムリエが厳選した自然派のワインもあるので、料理との組み合わせを相談しながら楽しむのもアリです。

「自然薯とろろ味噌鍋」1980円

「自然薯とろろ味噌鍋」1980円

 そして、こらからの季節は宴会コースもおすすめ。「自然薯とろろ鍋コース」(3500円)や、「炭火焼と釜飯コース」(4500円)、「黒十“極み”コース」(5500円)など、忘年会や新年会は、自然薯とろろを満喫できるコースで盛り上がるのもいいですね。飲み放題を付けることもできるので、料理もお酒も十分に満喫できること間違いなしです。ランチもディナーも飲み会も、それぞれに楽しみ方がある『黒十 横浜』。とろろ好き、日本酒好きはぜひとも足を運んでみてはいかがでしょう。

●SHOP INFO

店名:黒十 横浜

住:神奈川県横浜市西区南幸1丁目3-1 横浜モアーズ9F
TEL:045-595-9091
営:11:00〜23:00、木〜土曜11:00〜24:00
休:不定休
http://www.cocteau-jp.com/

関連記事(外部サイト)