混ぜるだけで謎に旨いチャーハンが完成! カルディの魔法のペーストとは?

混ぜるだけで謎に旨いチャーハンが完成! カルディの魔法のペーストとは?

食楽web

 ある日、いつものようにカルディを物色していたら、ちょっと面白い商品を見つけました。「前菜やおつまみに、トーストにそのままのせて。パスタやサラダにも。なんとチャーハンにも合います」と手書きのPOPで紹介されていた「ブルスケッタ」(513円)というオリジナル調味料です。

 中身はザク切りオリーブのペーストで、オリーブオイル、ガーリック、アンチョビペースト、バジル、ケーパー、酢、塩、コショウなどが調合されていて、なるほど、確かにバゲットに載せたら美味しいだろうなと、想像はつきます。もちろんパスタにも合うでしょう。

 しかし、“チャーハンにも合う”というのがどうもピンとこない。チャーハンといえば、中華料理です。オリーブといえば、スペインやイタリアなどで多用されている食材。いくらなんでも合わないでしょ、と訝りながらも、結局、購入したのです。

ちなみに、同商品は2種類の味があり、ブラックとグリーンで、その違いは、オリーブの種類だけ

ちなみに、同商品は2種類の味があり、ブラックとグリーンで、その違いは、オリーブの種類だけ

 さっそく自宅に帰って作ったのは、ブルスケッタです。こんがり焼いたバゲットにペーストを載せるだけ。オリーブ特有の酸味、アンチョビの塩気、バジルの香り…最高にワインに合います。

 さすがカルディ、オリジナルでいろんな調味料を作っていて、どれもハズさないなぁ、と感心しているうちに、ワインを飲みすぎて酔いが回ってきた挙げ句、お腹も空いてきました。その時、頭をよぎったのが、あのPOPに書いてあった「チャーハンにしたら本当に美味しいのか?」という疑問です。

 パスタを茹でるのも面倒だし、フライパンで炒めるのも手間。そこで、てっとり早くあったかいご飯をボールに取り出し、「ブルスケッタ」を小さじ1杯と、青ネギ、ゴマをさっさと混ぜてみたのです。他に調味料は一切なし。

 食べてみると、これがなかなかいい。いや、かなりいい。塩・コショウなど何にも足していないのに、味がピタッと決まっています。オリーブの塩気、酸味が効いていて、オリーブオイルがごはんの一粒ずつを包み込んでいて、例えるとしたら、おしゃれな高菜チャーハンといった感じでしょうか。混ぜるだけなのに、こんなに洒落た味のチャーハンができるなんて。

 もちろん、パスタやサンドイッチにも合うと思いますが、この謎に旨いチャーハンが手軽に作れるのは大発見でした。しかもこれ、冷めても美味しくて、レタスに包んで食べたらライスサラダのようにもなって、おつまみに最高です。

 1瓶でこんなにアレンジが効くってスゴくないですか? これ、絶対にお買い得です。ぜひ、カルディで購入してみてください。クリスマスや年末のお家パーティなどにも役に立つと思いますよ。

(撮影・文◎土原亜子)

●DATA

カルディコーヒーファーム

https://www.kaldi.co.jp/

関連記事(外部サイト)