約3.3kg! 調布のデカ盛り町中華『中華そば 双葉』で「中華スクラムあんかけ」を食べてきた

約3.3kg! 調布のデカ盛り町中華『中華そば 双葉』で「中華スクラムあんかけ」を食べてきた

食楽web

 調布市といえば、街を挙げての「デカ盛り」推しのタウン。毎年「デカ盛りウォークラリー」を開催するなど、大喰いファンの聖地として、また、フードファイターを目指す? 人たちの挑戦の場ともなっているそうです。

 デカ盛りウォークラリーに参加する街の飲食店も、デカ盛りへのこだわりが毎年アップし、回を重ねることに、ボリュームだけではなく、見栄え、おいしさ、楽しさを追求するようになってきています。

 通常なら年一回のウォークラリー限定のデカ盛り料理ですが、参加店の中には、開催終了後も注文可能なお店があるんです。ということで、向かったのは京王線布田駅から徒歩3分ほどの場所にある『中華そば 双葉』。地元の人に愛され続けている街中華のお店で、「中華そば」(600円)や「チャーハン」(690円)が人気メニュー。ご夫婦で営む、アットホームな雰囲気も魅力の一つです。

カウンター席とテーブル席がある店内。ご主人の華麗な調理姿を楽しむならカウンター席へ

カウンター席とテーブル席がある店内。ご主人の華麗な調理姿を楽しむならカウンター席へ

 席に座って早速、目当てのデカ盛りメニューを注文。出来上がるまで20〜30分かかるとのことなので、テレビを見ながらのんびり待ちます。カウンターの向こうでは、揚げる音や炒める音などが聞こえ始めたところ、突然大きな白い皿がカウンターに。おお〜。これは期待を裏切らない大きさでしょ。と、今度はテレビより、ご主人の調理する姿を思わず追ってしまいます。

 その大きなお皿にチャーハンをカポッとおたまで乗せた! あれ? お皿のせいかチャーハンが小さく見えるんだけれど、おそらく大盛り1人前。え? ご飯これだけ? と思ったところに、今度はどどーんと山盛りのかた焼きそばの麺が。突然の山に「おお〜」と声が。メガ盛りらしい佇まいになってきた〜。

 そして、周りにおこげを張り巡らせ、最後にアッツアツのあんかけをたっぷりかけて完成! かた焼きそばの山をトロトロと滑り落ちるあんかけ。裾野にあるおこげにもかかってきます。まるで火山噴火で溶岩が流れ落ちているようなライブ感。すごいインパクトです!

バインディング!! 「中華スクラムあんかけ」3000円。チャーハン、かた焼きそば、おこげのトリプルコンボ

バインディング!! 「中華スクラムあんかけ」3000円。チャーハン、かた焼きそば、おこげのトリプルコンボ

 あんかけが流れ落ちる前に急いで計測。直径約41cmの巨大皿に、高さは約26cm、重さは3303g(器の重さを除く)。約3.3kgのマウンテン!

「大盛りチャーハンの上に3玉分のかた焼きそば、そしておこげ10枚。たっぷり野菜の塩味あんかけがかかっています」とご主人。パリパリのおこげのせいか、3人前と言われてもエアリーで、軽く見えるのが不思議。でも3.3kg。まずは裾野のおこげ&流れ落ちてきたあんかけで一口。

 あ、熱いっ! 計測後でもすっごく熱い! あんかけのとろみがしっかり熱をキープしています。中から湯気が上がってくるほど。ハフハフしながら食べ進めます。

スマホを横に置くと、かなりの大きさなのがわかる。直径41cmの皿にたっぷり。いったい何人前?

スマホを横に置くと、かなりの大きさなのがわかる。直径41cmの皿にたっぷり。いったい何人前?

 2枚ほどおこげを食べて今度はかた焼きそばへ。“パリッパリ”と、あんかけのかかった“しっとり”、とが程よいバランスで口の中に。旨みたっぷり、ちょうどいい塩気のあんかけなので、食べ飽きることなく攻略していきます。

 かた焼きそばゾーンを食べ進めるも、ちっともチャーハンが見えない! かた焼きそばの山がかなり難攻不落です。これ、作っている過程を見たので、中にチャーハンがあるってわかるけれど、見ていなかったら驚きだろうなぁ。

おこげとあんかけを持ち上げると、箸がずっしり感じる。あんかけ、おそるべし

おこげとあんかけを持ち上げると、箸がずっしり感じる。あんかけ、おそるべし

 あんかけは、白菜、チンゲン菜、ニンジン、玉ねぎ、もやし、豚など具だくさんで、おこげ、かた焼きそば両方に合います。しかもそれぞれの食感がシャキシャキだったりしっとりだったり。熱々を超え、程よい温度になると一気に食べるスピードがあがります。

 ご主人に完食する方法を聞いてみると「卓上にお酢とラー油があるので、風味を変えてみてはいかがでしょうか?」とのこと。さらに、「このメニューはチャレンジメニューではないので、みんなでシェアして食べてもいいし、食べきれない分は持ち帰っていただいていいんですよ」とのあたたかい言葉が。

 とはいえ、一番美味しいのはやはり、できたてでしょう。胃袋に入る限界まで頑張りますよ〜!

炭水化物の山の上へ、熱々のあんかけをジュワ〜! この湯気の量!

炭水化物の山の上へ、熱々のあんかけをジュワ〜! この湯気の量!

 なんとか山の中心部、チャーハンまでたどり着いたものの、完食は流石に不可能。結果、残した分は持って帰ることに決定。もし一人で挑戦したいけれど食べきれるか不安な人は、大きなタッパーを持参するのがオススメです。

 ちなみにこの店はチャレンジメニューもあり、「超巨大チャーハン」3.6kg(4,980円 ※要予約)を一人で30分以内に完食したら先着10名は無料に。現在2人が成功し、残り8枠です。

 ちなみに、調布市の「デカ盛りウォークラリー」は来年も開催が決定。「次回も楽しみにしていてくださいね〜」とご主人。来年こそは、完食目指して頑張ります!

(撮影◎宮川朋久 取材・文◎石澤理香子)

●SHOP INFO

中華そば 双葉 外観

店名:中華そば 双葉

住:東京都調布市国領町5-73-13
TEL:042-441-2866
営:11:00〜15:30、17:30〜23:30(デカ盛りメニューはランチタイムの忙しい時間を避けて注文を。夜は注文受付〜21:00)
休:日曜 ※不定休あり

関連記事(外部サイト)