約2.3kg!? デカ盛りすぎるスープカレーを『Asian Bar RAMAI』(横浜)で食べてきた

約2.3kg!? デカ盛りすぎるスープカレーを『Asian Bar RAMAI』(横浜)で食べてきた

食楽web

 横浜の中でも、カレーの店が昔から多いと言われるのが関内エリア。観光街でありビジネス街でもある関内には、ランチタイムに行列のできる人気店も数多く存在します。

 中でも、バリ風インテリア、高いパーテーションで個室風に仕切られた席、周囲を気にすることなくゆったりと過ごせると評判なのが『Asian Bar RAMAI(アジアンバー ラマイ)』。札幌に本店があるスープカレーのお店で、店厳選の香辛料が複雑に絡み合う、さらっとしているのにコクのあるスープカレーが店の看板メニューです。

 このカレーを、SNS映えする山盛りゴハンで食べられると聞き、早速調査開始です。

テーブル上にあるメニュー。ライスの盛りはS、M、L、お代わりのS、M、L、そして1kgを超える山盛りゴハンが「キンタマーニ」

テーブル上にあるメニュー。ライスの盛りはS、M、L、お代わりのS、M、L、そして1kgを超える山盛りゴハンが「キンタマーニ」

 ここでは、チキンやポークなどスープカレーをセレクトしたのち、スープの量が3種類、ライスの量が基本3種、お代わり3種、そして1kgを超える山盛りライスからセレクトできます。

 今回は思いっきり楽しむために、チキンカレーで、大盛のさらに上のボリューム「アンプ〜ン」と、ライス最大量「キンタマーニ」で注文。出てくるのをワクワクしながら待ちます。

ライス「キンタマーニ」スープカレーの値段+200円。スマホのサイズを超える高さ約20cm

ライス「キンタマーニ」スープカレーの値段+200円。スマホのサイズを超える高さ約20cm

 ちなみにライスは、インドネシアではポピュラーな「ナシクーニン」。 数種類のスパイスをベースに、ココナッツ風味に仕上げています。早速計測すると、底辺は直径約16cm、高さは約20cm。重さは1081g(器の重さを除く)。

 ところで、「キンタマーニ」って? 「インドネシアにある地名ですよ」と店長さん。バリ島の北部にある高原地帯で、バリ島の絶景スポットとして観光客にも人気。標高1500mの地名からとって、山盛りライスの名前が「キンタマーニ」ということですね。

チキン1200円+アンプーン+100円。ほぼラーメンどんぶりサイズ

チキン1200円+アンプーン+100円。ほぼラーメンどんぶりサイズ

 そしてチキンカレー。直径23cm、高さ約8.5cmの器に鶏モモ肉どーん、そして野菜ゴロゴロ! この日はかぼちゃ、なす、ピーマン、キャベツ、レンコン、アスパラ、インゲン、ニンジン、うずらの卵など。重さは1239g(器の重さを除く)。ということは、トータル約2.3kg!

 ちなみにスープカレーは辛さアップが無制限で可能。追加料金はかかりません。ただ、生唐辛子「ラマイチリ」をプラスする場合は50円〜。過去には、辛さ200倍で注文した人もいたとのこと。スープの色、きっと真っ赤だったろうなぁ。

ライスをスプーンにのせ、スープに浸して一口! 香辛料の華やかな味わい

ライスをスプーンにのせ、スープに浸して一口! 香辛料の華やかな味わい

 まずはスープだけで一口。一言でいうなら爽やか。程よい辛さと複雑なスパイスの香りなどがふわっと広がってきます。そしてライスをスプーンでとり、スープカレーに浸して一口。今度はライスの甘さプラスココナッツの香りがプラスされて、深みのある味わいに。うわ〜これ、大盛以上にして正解。スイスイいけちゃう美味しさです。

ホロッホロの鶏モモ肉。箸で持ち上げるには重い! 食べ応え充分のサイズ

ホロッホロの鶏モモ肉。箸で持ち上げるには重い! 食べ応え充分のサイズ

 今度は鶏モモ肉。スプーンや箸で簡単にほぐれる柔らかさ。そして野菜。レンコンはシャキシャキ、ナスはトロトロなど、それぞれの食感の違いが楽しい! さすがスープカレー、野菜の種類が多く、ちっとも食べ飽きない! スープに浸したライス、野菜、スープだけなど、色々な食べ方で食べ進めます。

 が、さすが大盛りの上を行くキンタマーニとアンプーン。中々減らない! もし中盤、味が単調に感じられてきたら、卓上にある、店オリジナルのカイエンペッパーを。少し振り入れることで、ジワ〜っと辛さがアップ。落ち着いてきた食欲が復活してきます。途中で味の変化を楽しめるのも大盛り、メガ盛りの良さ。完食に向けてスピード復活です。

円錐の型にライスを入れて、カパッと皿に。これで美しい山が完成

円錐の型にライスを入れて、カパッと皿に。これで美しい山が完成

 終盤になると、底にスパイスが溜まっているのがわかります。なので完食間際は辛さがビシッと感じられます。が、ライスとのバランスで問題なし! ただ、ラーメンスープみたいに器を持ち上げてスープカレーを一気飲みしようとすると、スパイスで一瞬むせそうに。やはり、ライスとスープカレーは、ゆっくりバランスよく味わうのが大事ですね。

 トータル約2.3kgとはいえ、スープカレーなのでスイスイと食べ進めることができる、チキン(アンブーン)+ライス(キンタマーニ)。オススメのドリンクは、ジョッキで出てくるラッシー「ラマッシー」(200円)。合わせてオーダーするのがおすすめです。

 次回はスープカレーと並ぶお店のもう一つの看板メニュー、インドネシアの味噌汁「スープ・サビ・ブダス」を食べに来たいな〜。または普通盛りor大盛りにして、限定のフィッシュフライや、14種類もあるトッピングを追加してゴージャスにするか。

 味の良さはもちろんですが、女子会や、デートなどでも使えそうな、バリ島インテリア&個室風空間。関内でゴハンを食べよう〜、という時に、覚えておくと便利ですよ。

●SHOP INFO

Asian Bar RAMAI(アジアンバー ラマイ) 横浜伊勢佐木モール店

店名:Asian Bar RAMAI(アジアンバー ラマイ) 横浜伊勢佐木モール店

住:神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-6-5 亀楽ビル7F
TEL:045-308-8338
営:11:30〜22:00(L.O.21:30)
休:なし

関連記事(外部サイト)