話題のミシュランうどん! 博多うどんの『はし田たい吉』(神田)に行ってきた

話題のミシュランうどん! 博多うどんの『はし田たい吉』(神田)に行ってきた

食楽web

 3年連続でミシュランガイドブックにてビブグルマンを獲得しつつも、2018年に閉店した本格派博多うどんが愉しめる『はし田 本店』。そのセカンドブランド『はし田たい吉』が昨年新橋にオープンしたのは記憶に新しいが、2020年1月20日に2号店となる神田店がオープンしたのを知っていますか?

 知らない人のために、店主の中川光雄氏にお店のこだわりや神田店限定メニューを含めたおすすめを教えていただいきました!

神田駅徒歩1分、全18席で女性でも入りやすい店舗に

 JR山手線・銀座線・神田駅東口から徒歩1分、飲食店ひしめく活気あるエリアにオープンした『はし田たい吉 神田店』。オフィスワーカーはもちろんのこと、女性の一人客でも利用しやすいよう、店内は明るい雰囲気に。1階に調理場と食券販売機があり、2階にテーブル席やカウンター席が全18席設けられている。

 テーブルには出汁醤油、あごだし醤油、九州出汁醤油という3種の醤油のほか、天かす、柚子胡椒など各種調味料が揃っています。お好みでうどんの味をアレンジして楽しめるのは嬉しい心遣い。

福岡県糸島産の小麦粉を使用したこだわりの自家製麺

店主の中川光雄氏

店主の中川光雄氏

 そもそも博多うどんは、讃岐うどんなどに比べ麺が薄くて細く、茹で時間も短く注文してすぐに茹でたてうどんを味わえるのが特徴。『はし田たい吉』では福岡県糸島産の小麦粉だけを使用した自家製麺を毎日店舗で仕込んでいます。

 麺は加水率平均50%と水分を多く含み、温度や気温によって加水率や塩分濃度を調整。茹でたてを提供することにこだわっており、みずみずしくしっとりした口当たり、つるつるの喉越し、奥歯を跳ね返すようなコシが魅力的です。

メディアでも紹介された「ざるうどん」は必食の一杯!

「ざるうどん」500円

「ざるうどん」500円

 そんな『はし田たい吉』のこだわり麺は、2019年11月にTBSテレビ「マツコの知らない世界」にて同店の「ざるうどん」が紹介され「唇をぬらすしっとり感」と表され話題に。「ざるうどん」のつゆにも熊本・天草産の岩のりやレモン、ネギが添えられており、磯の香りのアクセントを加えて楽しめるのが魅力です。

人気は博多名物「肉ごぼう天うどん」やスパイスたっぷり「鶏白湯カレーうどん」

「肉ごぼう天うどん」900円

「肉ごぼう天うどん」900円

 人気メニューは博多うどんと言えばな「肉ごぼう天うどん」。煮返しと醤油とザラメで炊いた甘めの牛肉をトッピングした温かいうどんに、別添えで揚げたてのごぼう天が添えられる。ごぼう天は食べやすい大きさで、テーブルに置かれた岩塩をかけていただいたり、うどんスープにくぐらせていただいたり、スープにひたひたになるまで浸けていただいたりと、色々な食べ方を楽しむのがおすすめだそうです。

 ちなみにうどんスープも毎日店舗で仕込んでいる。鹿児島県枕崎産の上質な鰹節や長崎産のあごだしと店舗こだわりの出汁を使用しており、ふくよかな味わいが胃に優しく沁み渡ります。

「鶏白湯カレーうどん」900円

「鶏白湯カレーうどん」900円

 新橋では売り切れで食べられない日があるほど人気だと言うのが、「鶏白湯カレーうどん」。玉ねぎのソテーを3時間〜半日かけて仕込み、クミンシードやマスタードシード、コリアンダーなど10種類ほどのスパイスを独自配合し、鶏白湯で旨みととろみを加えるというカレー店顔負けの手間暇をかけています。

 カレールーには一切小麦粉を使用していないため重たさはなく、本格的なスパイスの香りが食欲をそそる。加水率の高いみずみずしいうどんを口の中で食べ進めたときに美味しく感じるよう、一般的なカレーうどんよりルーの味を濃く調整しているのだから細部まで抜かりがない。

神田店限定で「豆乳ごま味噌うどん」、テイクアウトメニューも展開

「豆乳ごま味噌うどん」900円

「豆乳ごま味噌うどん」900円 

 また新橋では中華風の冷たい坦々麺風うどんを展開しているが、神田店限定で温かい「豆乳ごま味噌うどん」も新登場しています。金ゴマと豆乳に九州の米味噌を合わせたスープに、フライドオニオン、糸唐辛子、鶏団子をトッピング。鶏胸肉をはじめ、山芋や軟骨、レンコンを合わせたタネを揚げた鶏団子は、ヘルシーで食感も楽しく食べ応えも十分です。

「テイクアウトうどんA」680円

「テイクアウトうどんA」680円

 他にも神田店限定でテイクアウトメニューも展開。不定期でトッピングは変更される場合もあると言うが、肉やごぼう天、わかめをトッピングしたうどんなど3種類を持ち帰りすることができる。麺は持ち帰って食べるときに美味しくなるよう茹で時間を調整しており、スープも別添えされるため伸びる心配もない。

・・・・・・・

 まだまだ東京では認知度の高くない博多うどん。『はし田たい吉 神田店』オープンを機に、より一層博多うどんが東京の人々に親しまれるようになることを願いたい。

(取材・文◎中森りほ)

●DATA

はし田たい吉 神田店 外観

店名:はし田たい吉 神田店

住:東京都千代田区鍛冶町2-8-3
TEL:03-6206-0218
営:11:30〜1800 ※売り切れ次第終了
休:土日祝日
https://hashidataikichi.com
※価格は全て税抜

関連記事(外部サイト)