新たな冬の定番となるか? 『老舗河豚割烹 大友』の「おでんぷら」が旨い

新たな冬の定番となるか? 『老舗河豚割烹 大友』の「おでんぷら」が旨い

食楽web

 創業から55年を数える老舗の料理店『河豚割烹 大友』といえば、東京・赤坂で50年以上に渡り、フグ料理専門の老舗料亭として歴代総理や多くの著名人に愛された名店です。2018年9月に、現在お店がある六本木に移転しました。そんな大友の新名物として注目を集めているのが、「おでんぷら」。名前からもわかる通り、おでんの具材を天ぷらにしたオリジナルメニューで、その美味しさは男性客だけでなく女性客もトリコにしている料理なんです。

「おでんぷら」ってどんな料理?

「おでんぷら」玉子200円(左上)、ちくわぶ150円(右上)、はんぺん180円(左下)、だいこん200円(右下)

「おでんぷら」玉子200円(左上)、ちくわぶ150円(右上)、はんぺん180円(左下)、だいこん200円(右下)

 人気を呼んでいる「おでんぷら」は、出汁の染み込んだ旨みたっぷりのおでんを、三ツ星レストランや高級料亭でも使われている特別な技法で調理。水分量が多いために揚げることが難しいおでんを、外はサクサク、中はぷりっぷりの食感を持つ「おでんの天ぷら=おでんぷら」に仕上げています。

 どの「おでんぷら」も絶品ですが、中でも店員さんオススメの具材は「はんぺん」、「玉子」、「だいこん」の3品。ただでさえ美味しい具材が、おでんだけでなく天ぷらのイメージまでも覆してしまうほどの美味しさにグレードアップしています。

「おでんぷら」がここまで美味しいとなれば、通常の「天ぷら」も美味しいに決まってます。定番の海老やイカ、キスを始め、かぼちゃや舞茸、野菜のかきあげ、さらに紅ショウガやモッツァレラチーズなどの変わり種、フグの身や白子、蒸しあわびなどの「極み天ぷら」も提供しています。

 何を頼んでも正解の絶品料理と、冬の時期が一番美味しい「おでんぷら」を楽しめる『河豚割烹 大友』。ぜひ一度、行って食べてみてください。

●SHOP INFO

店名:河豚割烹 大友

住:東京都港区六本木4-10-4 HPビル
TEL:03-6432-9486
営:(1F)11:30〜15:00(L.O.14:30)、16:00〜23:00(L.O.22:30)
休:日曜、祝日
https://www.ootomo.tokyo/

関連記事(外部サイト)