エナジーチャージにぴったり! 『伝説のすた丼屋』の「パワフルバーグ合盛りすた丼」を食べてきた

エナジーチャージにぴったり! 『伝説のすた丼屋』の「パワフルバーグ合盛りすた丼」を食べてきた

食楽web

 肉好きピープルを支え続けること今年で何と50年! ガッツリ系どんぶり飯でお馴染みの大人気店『伝説のすた丼屋/名物すた丼の店』より、新たな期間限定メニュー「パワフルバーグ合盛りすた丼」の提供が1月29日にスタートしました。

 これまでにも『すた丼屋』ではさまざまな合盛り丼メニューを展開していますが、今回の「ハンバーグ」はお店史上初となる試みとのこと。これを食べずして丼好きを語るわけにはいかんでしょ! ということで、提供開始日の1月29日に実食してまいりました!

「パワフルバーグ合盛りすた丼」920円

「パワフルバーグ合盛りすた丼」920円

 丼の構成は、お茶碗3杯分の大盛りご飯に、山盛りの千切りキャベツとマヨネーズ、並盛りと同量となる「すた丼」の豚バラ肉。そして今回の目玉となる大判サイズのハンバーグ1枚が乗せられ、別皿で生卵が1個添えられます。具材のボリュームが「ドーン」と効果音が付くほどの重量感で、テーブルに置かれた時点で「よーし、もうお腹いっぱい」となるほどです。

 山盛り過ぎてどこから崩しにかかるか迷いましたが、まずは生卵の黄味だけを(白身はかけずに飲む派です)刻みネギが乗った山の頂点に。写真を撮りつつ、まずは豚バラ肉から行きますか…おおう、これはいつもの最強テイスト。ショウガとニンニクの風味&絶妙な厚さにスライスされた豚バラのジューシーな食感が、食欲スイッチをグーパンチでONします。

 続いてはもちろん、もうひとつの主役であるハンバーグ。焼いたのではなく“揚げられている”のが特徴で、外側はサクっと香ばしく、中からは肉の旨みがじゅわっと染み出てきます。甘辛の「パワフル特製すたみなソース」と、生玉子の黄味がとろっとかかることで、その味わいを例えるならハンバーグというよりも「お上品なつくね」。こんなん美味いに決まってますよ、チクショー!

 豚バラ、ハンバーグともに結構なボリュームで、山盛りの一角を占める千切りキャベツをどう食べていけばいいのか…と思っていたのですが、そんなことは思っただけ無駄でした。シャキっとしたキャベツの食感と瑞々しさが両者の強い味をいい感じで和らげ、さらにマヨネーズを肉に付けることで味わいが劇的に変化。タレが染みた白飯をかき込みつつ、豚バラとハンバーグをガブリ…もう箸が止まりません。以降は「肉・肉・肉・飯・肉・キャベツ・肉」の黄金ローテーションで食べ進め、無事に完食。ふぉぉぉお、お腹がマジぱんぱんです。ごちそうさまでしたーっ!!

「パワフルバーグ合盛りすた丼 飯増し&W盛り」920円+480円

「パワフルバーグ合盛りすた丼 飯増し&W盛り」920円+480円

 これまでの合盛り丼とは一線を画すボリューミーな仕様。プラス120円で“飯増し”、プラス360円で“W盛り(すた丼の肉2倍+ハンバーグ2枚)”、プラス480円で“飯増し&W盛り”にグレードアップできますが、もしこちらをチョイスする際はしっかりお腹を減らしておくことをオススメします(W盛りの肉の量は1ポンド(約450g)超です)。

 一所懸命働いた自分へのご褒美に、またこれからのハードワークに備える“気合の一杯”としても最適の「パワフルバーグ合盛りすたみな丼」。パワフルの名は決して伊達ではありませんよ!

●DATA

『伝説のすた丼屋/名物すた丼の店』パワフルバーグ合盛りすた丼

期間:2020年1月29日(水)〜 ※期間限定
販売:下記店舗を除く『伝説のすた丼屋/名物すた丼の店』全国各店舗
(談合坂SA(下り線)店・清水PA店・与野駅前店・ダイバーシティ東京プラザ店・Pasar蓮田(上り線)店・東大和店・中野新橋店・み〜さんの店では販売してません)
https://sutadonya.com/
※価格はすべて税込み

関連記事(外部サイト)