カレーの老舗『新宿中村屋』が本気で作った「食べるスパイスラー油」が登場! その実力は?

カレーの老舗『新宿中村屋』が本気で作った「食べるスパイスラー油」が登場! その実力は?

食楽web

 昭和初期に本格的なインドカリーを発売して以来、長年に渡りその味を守り続け、レトルトやカレー粉までさまざまなカレー商材を展開する『新宿中村屋』。

 その『新宿中村屋」から新発売された気になる調味料が、「本格カリーの香りとコク 食べるスパイスラー油」です。

110g、希望小売価格430円(税抜)

110g、希望小売価格430円(税抜)

 こちらは、今トレンドの「シビ辛」料理を簡単に作れる新感覚の「食べるラー油」。中村屋が培ってきたスパイスの調合技術を活かし、中華系の具入りラー油とは一線を画す、新しい味を楽しめるのが魅力です。

 特製ガラムマサラやホールスパイスを香り高くブレンドし、ガーリックやオニオン、ナッツ、キアヌなど6種類の具材をミックス。カリッ! と香ばしい食感がクセになります。

「カレー味ベースでアレンジが難しそう……」と思う人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。カレーに添えたり、パンに塗ったり、サラダにトッピングしたり、炒め物やフライの調味料に使ったりと、使い方は自在。あらゆる料理に、万能に使えるんです。

 この新しい味わいの「食べるスパイスラー油」。お近くのスーパーなどで見つけたら、ぜひ手にとってみてください。

関連記事(外部サイト)