旨い店はタクシー運転手に訊け! 『すみれ』出身の店主が作る『あさひ町内会』の絶品「味噌ラーメン」が旨い理由

旨い店はタクシー運転手に訊け! 『すみれ』出身の店主が作る『あさひ町内会』の絶品「味噌ラーメン」が旨い理由

食楽web

「旅先で旨いものが食べたければ、タクシードライバーに聞くのが一番」と言います。そこでB級グルメに精通する現役運転手・荒川治さんにイチオシのお店へ案内してもらいます。

 東京・板橋区に、久しぶりに大ヒットの予感がするラーメン店が登場しました。それは今年(2020年)2月16日にオープンした『あさひ町内会』。少し変わった屋号ですが、あの札幌の名店『すみれ』の全国10数店舗で修業を積んだご主人が営んでいます。

 そういえば以前、食楽webでご紹介した『大島』(江戸川区船堀)も『すみれ』出身の店主の店でした。あの味噌ラーメンは絶品で、何度も通いました。

都営三田線「板橋区役所前」から徒歩5分ほどの場所にあります

都営三田線「板橋区役所前」から徒歩5分ほどの場所にあります

 今回も同様に店主が『すみれ』出身と聞き、早速食べてきたのですが、同じ味噌ラーメンでもかなり印象が違うということがわかりました。どっちが美味しいとか、好みはこうだ、というのを伝えたいわけではなく、その違いが楽しかったので、今回は『あさひ町内会』の個性的な味をご紹介したいと思います。

スパイシーさにどハマりする味噌らーめん

「味噌チャーシュー麺」(1150円)とトッピングの「こま肉」(150円)

「味噌チャーシュー麺」(1150円)とトッピングの「こま肉」(150円)

『あさひ町内会』に訪店し、券売機で注文を終えると、最初に「THERMOS」の真空断熱タンブラーに入ったお冷やが登場します。北海道ラーメンは最後まで熱々なのが特徴なので、食べ終わるまで氷が溶けずに冷たいままの水が飲めるという気遣いは、非常にありがたいことです。

サーモスのステンレスのタンブラーは保温・保冷効果が抜群の魔法瓶構造

サーモスのステンレスのタンブラーは保温・保冷効果が抜群の魔法瓶構造

 メニューは、看板の「味噌らーめん」をはじめ、「塩らーめん」や「醤油らーめん」もあり、すべて850円。チャーシュー麺にすると、どれも1150円になります。肉好きの私は「味噌チャーシュー麺」を選び、さらにトッピングに「こま肉」も注文。そして、6分ほどで着丼。

 味噌らーめんのスープは、色合いは黄色っぽくてサラッとしています。一般的に、北海道味噌ラーメン特有のラード層はかなり厚めでどろりとしていることが多いですが、こちらは控えめ。味噌の濃度も濃すぎず、丼の底までサラッとマイルドなのです。味わいは、けっこうスパイシー。辛いわけではありません。胡椒や生姜の香りとともに、ほんのりカレー風味を感じるのです。

胡椒がたっぷり入っています

胡椒がたっぷり入っています

 そして中太の縮れ麺は、適度なコシがあって舌触りが良く、サラッとしたスープとの絡み具合もいい。そしてチャーシューはトロトロ系でもなく、低温調理系でもなく、歯ごたえのある豚肩ロース。さっぱりとした味わいのスープとの相性もバッチリです。

北海道の「森住製麺」の中太縮れ麺を使用

北海道の「森住製麺」の中太縮れ麺を使用

 途中でトッピングの「コマ肉」を投入すると美味しさが倍増します。「コマ肉」というのは、チャーシューを成型する際に切り落とした部分のことで、実はとっても味が染みているんです。前述した『大島』さんにもこのトッピングがあり、ラーメンの旨みが倍増するのは経験済み。

 というわけで、最後の一滴まで残さず完食。全体的にさっぱりとした軽さで、独特のスパイシーさが非常に後を引く。これは確実に通いたくなる味です。周囲を見回すと、お子さん連れのママやお年寄りもたくさんいて早くも地元の人たちに人気になっていることがよくわかります。

 さて、何度か訪店するうちに、店主の本山敬也さんと少しお話しする機会がありました。『あさひ町内会』という風変わりな店名について質問してみると、北海道出身の本山さんの生まれ育った町名にちなんでいるそうです。さらに、スープの作り方も少し教えてくれて、豚骨、魚介、野菜でベースをとり、注文が入ってから1杯ずつ3種類のブレンドした味噌を合わせるそう。これは、『すみれ』特有のスープなのだと思いますが、彼いわく「調理法によって味はかなり異なる」そうです。

 そして、気になっていたスパイシーさについても聞いたのですが、それは“企業秘密”とのこと。皆さんもぜひ「味噌らーめん」を食べて、その秘密の味を推理してみてください。かなりクセになる味ですよ。

(撮影・文◎土原亜子)

●SHOP INFO

あさひ町内会 外観

店名:あさひ町内会

住:東京都板橋区板橋3-5-1 リビオタワー板橋1F
TEL:非公開
営:11:00〜15:00 17:00〜21:00(LO)
休:月曜

●プロフィール

荒川治

東京都内在住のタクシー運転手。B級グルメ好きが高じて、現職に就き、お客さんを乗車させつつ、美味い店探しで車を回している。中年になってメタボ率300%だが、「死神に肩をたたかれても、美味いものを喰らって笑顔で死んでやる」が信条。写真検索で美味しそうなモノを選び、食べに行って気に入ればとことん通い倒す。でもじつは、自分で料理を作ることも好きで、かなりの腕と評判。

関連記事(外部サイト)