ミルクが濃すぎる! ファミマ限定「食べる牧場ミルク」の新味「食べる牧場いちご」を食べてみた

ミルクが濃すぎる! ファミマ限定「食べる牧場ミルク」の新味「食べる牧場いちご」を食べてみた

食楽web

 2007年からサークルK・サンクス限定(2017年10月からはファミリーマート限定)で発売された「食べる牧場ミルク」という超売れっ子アイスをご存知でしょうか。1個200円台で購入できる点や、パッケージのイラストの可愛さ、そして本格的なコクのある味わいが人気に火を付けました。

 このシリーズ初の新フレーバーとして、3月17日より「たべる牧場いちご」が発売されました。というわけで、さっそく購入して食べてみました。

いざ食レポ! 果たしてどんな味わい?

「食べる牧場ミルク」(198円)と「食べる牧場いちご」(218円・共に税込)

「食べる牧場ミルク」(198円)と「食べる牧場いちご」(218円・共に税込)

 左が元祖「食べる牧場ミルク」。2017年10月にリューアルし、さらに美味しくなったとファンの間で話題になっていました。ミルクを50%も使用しているので、牛乳の甘みやコクをしっかり感じられます。「食べる牧場」というネーミングも納得のミルク感です。

 ジャンルとしてはアイスミルクのカテゴリーになるのですが、とにかくしっかり濃厚! 1個170mlですが、後味がすっきりした甘さなので、最後まで飽きずに食べられます。

 そのままでも十分美味しいのですが、ファンやマニアの間では、コーヒーを注いでアフォガード風にしたり、フルーツやお菓子をトッピングしてパフェ風に楽しむ人も増えているとのこと。確かに美味しそう!

 そしてこちらが新作「食べる牧場いちご」。ミルクアイスの下にいちごジェラート、いちごの果肉ソースを重ねています。

 というわけで、さっそくひと口。うまっ! 生のいちごのようなジューシーな甘酸っぱさが口いっぱいに広がり、ミルクアイスとの相性もバツグンです。

 底面のいちご果肉ソースにもちゃんと酸味が効いているので、甘すぎず、非常にバランスよくいただけます。上から順番に食べるもよし、3つ一緒に味の変化を楽しみながら食べるのもアリです。ぜひみなさんも食べてみてください!

関連記事(外部サイト)