浜松一の老舗鰻専門屋『中川屋』で名物「うなぎとろろ茶漬け」を食べてきた

浜松一の老舗鰻専門屋『中川屋』で名物「うなぎとろろ茶漬け」を食べてきた

食楽web

 静岡県浜松市内でもっとも長い歴史を持つ老舗のうなぎ店『中川屋』をご存知でしょうか? 創業は明治10年(1877年)。浜松市では知らない人がいないといっても過言ではないほど有名なこのお店。

 144年間、秘伝のタレを継ぎ足しながら伝統の味を守り続けています。その甘めのコク深いタレの味、しっかり焼いた香ばしいうなぎの美味しさに、連日常連客が訪れています。

144年使い続ける秘伝のタレ

144年使い続ける秘伝のタレ

 そんな『中川屋』は2019年10月、西麻布に初の支店を出店しました。隠れ家的なくつろぎの空間で、本場・浜松のうなぎの美味しさを味わえるのですから言うことなし!

 ということで、今回は4代目の店主・村越武氏が考案した、他では味わえない名物の「うなぎとろろ茶漬け」を堪能してきました。食べ方とともに、その美味しさの秘密を探ってみましょう。

しっかりと香ばしく焼くのが『中川屋』流

『中川屋』の美味しさの秘密はまず、うなぎ自体の美味しさと独自の焼き方にあります。浜松を中心に仕入れるうなぎは、皮の柔らかいものを選びます。そのうなぎを天竜川の伏流水の中で3、4日活かし、臭みを抜き、身をしめます。

 そして、一般的なうなぎ店と比べ、倍ほどの時間をかけてじっくりと焼き上げます。それにより外はパリッと、中はふんわりとした仕上がりになっています。

3つの味を楽しむ「うなぎとろろ茶漬け」

「うなぎとろろ茶漬け」5900円(税別)

「うなぎとろろ茶漬け」5900円(税別)

 テーブルに出されたのは、まるで料亭に訪れた気分にさせる二段のお膳。その豪華さに思わず、感嘆します。お膳には、通常のうな重の1.4倍ほどの量がある“うな丼”をはじめ、肝吸い、とろろ、出汁、お新香と薬味が乗っています。贅沢すぎるこのセット、どうやって食べるのか、ワクワクしてきますよね。

まずは「うな丼」で本来の味を堪能!

 まずはお茶碗にうなぎとご飯をよそり、『中川屋』の味をじっくりと味わいましょう。一口味わえば、その香ばしさに感動! 甘めのタレと脂の煙で燻され、焼き上げられたうなぎの香りと旨味が口いっぱいに広がります。しかも、カリッと歯ごたえのある食感と、ふわふわのとろける味わいが交互にやってきます。

「東京のとろけるような感じとは違って、うなぎに存在感があるでしょう。人によっては焦げてるという人もいますが、しっかりと焼き目を付けるのも美味しさの秘訣なんです」(村越さん)

次は出汁をかけて「うな茶漬け」を

『中川屋』ならではの味をしっかり感じたら、次は「うなぎ茶漬け」に。薬味のネギとワサビを加え、昆布と鰹節でとった出汁をかけていただきました。

 うなぎの旨味が出汁に溶け込み、ワサビがツーンと効いて、これまた味わい深い! 出汁をたっぷりとかけて、サラサラッと豪快にかきこむ。合間にお新香をカリカリッと。これこそ、茶漬けの醍醐味ですね。

仕上げは「とろろ」をかけてさっぱりと

 お待たせしました! 仕上げは名物の「とろろ茶漬け」です。とろろには、コクが強くなく、真っ白な色味が綺麗な長芋を使用。これにまた出汁をたっぷりかけていただきます。出汁は追加してくれるので、気にせずたくさんかけましょう。

 “とろろ”というと、口の中がまったりとしそうなイメージですが、うなぎ茶漬けで食べるサッパリとしていて旨い! さらに、ワサビとネギをトッピングしても美味。余ったうなぎとご飯は、好きな味わいで存分に堪能しましょう。

・・・・・・・

 上品なお膳からは想像がつかないほど、ガッツリと食べ応えのある「うなぎとろろ茶漬け」。これは思い出の味になりそう…。都会の喧騒から一歩入ったところにある西麻布の『中川屋』。自分へのご褒美にまた、訪れたい名店です。

●SHOP INFO

浜松 中川屋 西麻布店 外観

店名:浜松 中川屋 西麻布店

住:東京都港区西麻布1-4-21 アートスクエア2F
TEL:03-5843-1833
営:11:30〜14:00(L.O.)、17:30〜21:30(L.O.)
  ※売り切れ次第、閉店となります
休:月曜、第3日曜

関連記事(外部サイト)