賞味期限10分! 連日売り切れの「幻のアルペンチーズケーキ」とは?

賞味期限が10分! 連日売り切れの「幻のアルペンチーズケーキ」とは?

食楽web

 チーズケーキが好きという人は多いと思いますが、その中でもレアが好き、ベイクドが好き、などいろいろ好みが分かれるんではないでしょうか。しかし今、レアでもベイクドでもない、やわらかい粉雪が口のなかでシュッと溶けるような、新食感のチーズケーキが話題になっているのをご存知でしょうか。

 それが、黒部峡谷で有名な富山の宇奈月温泉駅に3月オープンしたチーズケーキ専門店『アルペンチーズケーキ』の一品。ここで連日完売となっているのが、店舗併設のカフェでしか食べられない、数量限定の「幻のアルペンチーズケーキ」です。いったいどんなチーズケーキなのでしょうか。

こだわりは雪のように溶ける口どけと新食感

アルペンチーズケーキ カット320円

アルペンチーズケーキ カット320円

 富山県にある黒部渓谷は、例年多くの観光客が訪れる景勝地。高地の寒い冬・涼しい夏でもおいしく食べられ、雪の大谷などでも有名な“黒部らしいチーズケーキ”を、との思いで誕生したのが店名を冠した「アルペンチーズケーキ」です。

 食感と口どけをとことん追求した結果、一口運ぶと、体温で溶ける雪のように口のなかでふわっと溶け、その後にチーズの香りがふんわり広がる、これまでにない新食感のチーズケーキに仕上がっています。ワンハンドでの食べ歩き、テークアウトにぴったりなんです。

賞味期限は10分以内!

幻のアルペンチーズケーキ 660円

幻のアルペンチーズケーキ 660円

 店内のカフェスペースでのみ味わえる「幻のアルペンチーズケーキ」が推奨する賞味期限は、わずか10分! 温度にとても繊細なため、ガラスのドームに覆われています。真っ白い雪山のような映える形も愛らしく、黒部産のラズベリーソースをかけると、さわやかな酸味が加わり得もいわれぬ味わいに。“一山で二山分の美味しさ”を味わえますよ。

地産の素材、人が作ることへのこだわり

ていねいな手作業で自家製チーズを作っていきます

ていねいな手作業で自家製チーズを作っていきます

 ご当地食材で作るご当地土産をコンセプトにするチーズケーキ、ベースとなるカッテージチーズには、黒部産の高級牛乳が使われています。一つひとつ手作りするのは、地元で生まれ育った店長。地産の材料を使って地産の人が作る、目には見えないご当地の魅力が美味しさにつながっていることを感じます。

1ピースから持ち帰りOK!

アルペンチーズケーキ カット320円、ホール 1900円

アルペンチーズケーキ カット320円、ホール 1900円

「アルペンチーズケーキ」はご当地土産、店頭の食べ歩きだけでなく、崩れにくい専用パッケージでのお持ち帰りもできます。山を神格化させた△のマークをあしらったデザインが素敵で、ちょっとした気軽なお土産にぴったり。チーズケーキ好きの人はぜひ、覚えておくと楽しみな一軒です。

●SHOP INFO

アルペンチーズケーキ

アルペンチーズケーキ

住:富山県黒部市宇奈月温泉260 宇奈月温泉駅1階
電話:0765-62-2055
営:10:00〜18:00
休:水曜、木曜(祝日の場合、営業することも)
https://www.alpencheese.jp/

関連記事(外部サイト)