約2kgのデカ盛りラーメン! 『麺屋 歩夢』で「大ラーメン」全マシを食べてきた

約2kgのデカ盛りラーメン! 『麺屋 歩夢』で「大ラーメン」全マシを食べてきた

食楽web

 コロナの影響で巣ごもりが加速し、外に出られない状況が続いていますね。これからどうなるのか不安な人もいるのではないでしょうか。そんな時こそデカ盛りグルメを見て元気を出しませんか? 食べに行くのは難しい状況ですが、パワフルなデカ盛り料理を見て気分転換を。状況が収束したらぜひ食べに行ってみてくださいね!

 学生街には旨いデカ盛りの店がある! というのはもはやお約束。都内なら早稲田や神楽坂、八王子など、大学や高校が多くある街には、大抵体育会系男子が愛する大盛りの店が存在します。

 もちろん神奈川にも大学が多く集まる街があり、その一つがJR横浜線の「淵野辺」。青山学院大学、桜美林大学、國學院大学、麻布大学などのキャンパスがあり、某有名学生スポーツの選手が日々練習を行なっているグラウンドもここにある、という噂が。

 当然、腹ペコの若者が食べに来る、大盛り自慢の店がある! ということで今回やってきたのは『麺屋 歩夢』。駅から徒歩15〜20分ほどの場所にあり、タクシーで1メーターほどの距離。地元の人はもちろん、寮に住む学生たちにも愛されているお店です。

券売機。ちなみに「小ラーメン」でもトッピング次第で、一般的なラーメン屋さんの並盛り以上のボリュームになる可能性ありです

券売機。ちなみに「小ラーメン」でもトッピング次第で、一般的なラーメン屋さんの並盛り以上のボリュームになる可能性ありです

 店に着き、店頭の券売機を見ると、とってもシンプル。トッピングは別として、「大ラーメン」「小ラーメン」を基本に、汁なし大小、辛いのの大小、辛いのの汁なし大小。要はスープのあるなしと、辛いか辛くないか。以上! このシンプルさ、潔さは、基本の味に自信がある証拠なんだろうなぁ。もちろん今回は「大ラーメン」のボタンを押して店内へ。

 席に着き食券を渡し、できるのを待っていると、麺が茹で上がった頃? 出してもらう直前に「トッピングはどうしますか?」の声が。ここでは、ニンニク、野菜、脂がトッピング無料。ということで全マシで注文。いよいよ登場! 楽しみです。

「大ラーメン」900円(ニンニク・野菜・脂マシ)。チャーシューが分厚い、そして褐色の背脂が山盛り!

「大ラーメン」900円(ニンニク・野菜・脂マシ)。チャーシューが分厚い、そして褐色の背脂が山盛り!

 一般的なものより一回り大きなラーメン丼に分厚いチャーシュー、そして背脂がどーんと乗った、見るからに力強いラーメンが登場。早速計測です。器の直径は25cm、高さは約18cm。重さは2034g(器の重さを除く)。器自体の重さもあり、ずっしりとした姿に圧倒されます。

「麺は自家製麺で太麺のストレート、豚骨スープに醤油だれ。仕上げに豚の味付け脂が乗っているんですよ」と店主の小俣 歩夢さん。具にはもやしキャベツと豚バラのチャーシュー。「豚の脂を最大限活用した一杯です」とニッコリ。刻みニンニクもたっぷりです。

直径はスマホ2台分よりある25cm。ちょっとした洗面器サイズ? 味付き背脂のドロドロなマグマ感がすごい

直径はスマホ2台分よりある25cm。ちょっとした洗面器サイズ? 味付き背脂のドロドロなマグマ感がすごい

 熱々のうちに一口! まずは頂上の味付け脂ともやしキャベツから。背脂にしっかり味が付いているので、野菜の味がぼやけない! この上だけでも十分おかずになりそうな美味しさ。シャキシャキとトロトロが合体して、なおかつ旨味がガツンとやってきます。

 今度は麺&スープ。太い麺なのでスープの吸い上げがいい。トンコツならではの濃厚な旨味と麺のブリッブリがすごい! 「店の奥に製麺所があって毎朝作っているんですよ。打ちたての方が香りがいいと思います」と語る店主。確かにトンコツに負けない麺の存在感。食感といいほのかな香りといい、がっぷり四つの勝負してます。

食べ始めはほんのり透明感のあるスープ。後半は背脂が溶け出し、濃厚さアップ

食べ始めはほんのり透明感のあるスープ。後半は背脂が溶け出し、濃厚さアップ

 麺を堪能した後は分厚いチャーシュー。これがまた、スープや麺のドスッと感に負けない厚みと旨味。塊肉ってなんでこんなに素敵なんでしょう〜。って思わず感心するほど、こちらも存在感たっぷり。噛むとじゅわっと旨味が口の中に広がります。分厚いから溶けない。けれど程よいジュワジュワ感。これだけでビールいきたくなる〜!

 味つけ脂、太麺、分厚いチャーシューのストロング三重奏の間でバランスを保つもやしキャベツ。程よいシャキシャキと野菜のさっぱり感がいいアクセント。麺とほぼ同じ太さのもやしは、程よく麺と絡んで、さらにスープを持ち上げる存在となり、麺、もやし、スープが一気に口の中に。

自家製麺は茹で前で450g。おそらく食べ始めは550〜600gぐらいに。伸びる前に食べきりたい!

自家製麺は茹で前で450g。おそらく食べ始めは550〜600gぐらいに。伸びる前に食べきりたい!

 序盤は勢いに任せてガンガンすすって食べ進めていったのですが、途中から味付け背脂がスープに溶け出し、濃厚度がぐっとアップ。そして、勢いをつけて食べているはずなのに、全然減らない! 麺がスープを吸うこともあり、だんだんまぜそばみたいなことになってきた〜! タレじゃない、スープだったはずなのにっ!

 そんな時に常連さんからアドバイス。「大ラーメンを完食するなら、まずはチャーシューからがいいよ。最後にチャーシューを残すと重くなってきつくなるからね」。えっ、そうなんですかっ! もはや中盤ですが、慌ててチャーシューを完食。そっか。顎の力も疲れてくるしね。

店主の小俣歩夢さん「暑くなってきたら、つけ麺や冷やし中華も登場。オススメですよ」

店主の小俣歩夢さん「暑くなってきたら、つけ麺や冷やし中華も登場。オススメですよ」

 後半はさらに豚の旨味がドスドスとやってくる、濃厚な味わいに。水を飲みすぎるとお腹が膨らむので控えめにしつつ、なんとか完食。重さは2034gですが、食べた感覚は2.5〜3kgクラス。そしてなぜかおでこに汗が。体の中からブワっと熱が湧いてくる一杯でした。

「5月中に金沢八景に2号店がオープンするから、そっちにも来てね〜」と店主。こっちは駅のロータリーを出てすぐの場所なので、淵野辺の本店よりアクセス◎です。

 さらに常連さんが「ここね、冷やし中華もうまいから。梅雨明け、暑くなったらもう一度来なくちゃだよ」。おぉ、冷やし中華。それは楽しみです。ということで、次回は梅雨明け、冷やし中華登場のタイミングで再訪決定です〜!

(取材・文◎石澤理香子)

●SHOP INFO

麺屋 歩夢 外観

店名:麺屋 歩夢

住:神奈川県相模原市中央区淵野辺本町3-29-13
TEL:非公開
営:11:00〜15:00、17:00〜23:00、日曜11:00〜15:00(各L.O.)
休:月曜
※金沢八景店(横浜市金沢区瀬戸9-27-2)5月中旬オープン予定
※新型コロナの影響により営業日・時間が不安定になっています。来店される際は事前に店にご確認ください

関連記事(外部サイト)