全国の行列ラーメンがお取り寄せできる「おうちラーメンバンク」の絶品麺6選

全国の行列ラーメンがお取り寄せできる「おうちラーメンバンク」の絶品麺6選

食楽web

 この5月25日にオープンした通販ラーメンおまとめサイト「おうちラーメンバンク」をご存知でしょうか? 北は北海道から南は鹿児島まで、株式会社ラーメンデータバンク会長で、「自称・日本一ラーメンを食べた男」大崎裕史氏が実際に食べてオススメする一杯が揃っています。

 そこで今回は、編集部が注目した6店の人気ラーメンをご紹介。ぜひ参考にしてお取り寄せしてみてください!

東京『AFURI』の「柚子塩らーめん」

3食セット3980円(価格はすべて税込)

3食セット3980円(価格はすべて税込)

 恵比寿や原宿などに店を構え、カフェのようなオシャレな雰囲気で女性ファンも多い『AFURI』。こちらの看板メニューといえば「柚子塩らーめん」。神奈川の大山(別名:阿夫利山)の天然水仕込みの黄金スープに生絞りの柚子果汁を加えた逸品です。新鮮な鶏ガラと香味野菜、昆布や鰹節などの魚介類を丁寧に抽出したスープに、仏ブルターニュ地方のゲランドの塩、瀬戸内海の藻塩、そして木樽仕込み&天然醸造の白たまり等の調味料をブレンドした特製の塩だれを合わせています。真空ミキサーで練り上げ、手もみ処理を施した「真空手もみ麺」は、2種の国産小麦と全粒粉を配合。具材は肉厚の炙りチャーシューと特製メンマ(麻竹細切りの甘辛煮)、特上の板のりがセットになっています。自宅でもお店さながらの極上の一杯を楽しめますよ。

北海道『とみ川』の「石臼挽き中華そば」

3食セット3950円

3食セット3950円

 ミシュランガイド北海道で連続ビブグルマン受賞した北海道の名店『とみ川』(富良野)のラーメンがお取り寄せできるのはなんとも嬉しいですね。販売されているのは店の人気No.1メニュー「石臼挽き中華そば」。鶏と魚介を組み合わせた無化調黄金スープには、大雪山麓の湧き水を使用。石臼で挽いた全粒粉の自家製麺も秀逸です。「お取り寄せラーメンアワード2011」にてあっさり部門全国1位を獲得するほど、こだわり抜いた一杯を自宅で存分に楽しめます。

宮城『えび助』の「海老鶏白湯そばsio」

2食セット2980円

2食セット2980円

 宮城県仙台市の創業12年の海老ラーメン専門店『えび助』。東京ラーメンショーにも2年連続で出店した実力店です。「おうちラーメンバンク」では、クリーミーな濃厚鶏白湯スープに大量の甘海老の旨みを加えた「海老鶏白湯そばsio」を販売中。海老ラーメン専門店ならではの「海老+鶏」の組み合わせは、まさに至福の味わい。コク深い一杯です。

東京『麺処 井の庄』の「辛辛魚つけ麺」

3種類セット3850円

3種類セット3850円

 こちらは激辛の「辛辛魚らーめん」でおなじみ『麺処 井の庄』の「つけめん」「辛辛魚つけめん」「淡麗つけめん」のセット。「つけめん」は、もちもちの太麺に、豚骨の濃厚な旨みと魚介の風味が身上のスープがよく絡む食べ応えバツグンの一杯。これをベースに、辛魚粉を加えた濃厚辛口豚骨スープの「辛辛魚つけめん」、鶏ガラベースの淡麗清湯スープに煮干しのダシを加えたあっさり系の「淡麗つけめん」と、三者三様に楽しめます。また、辛辛魚らーめんも3950円で販売されています。

大阪『きんせい』の「こだわりの塩」

2食セット2980円

2食セット2980円

 大阪府高槻市にある人気店『きんせい』といえば、“塩のきんせい”とも言われるほど、塩にこだわる名店。ラーメン通を虜にする、一番人気の「こだわりの塩」が販売されています。厳選した鶏、伊吹島産いりこなど乾物を使用した旨みたっぷりの琥珀色のスープに泳がせるのは、北海道産小麦粉使用の自家製麺。非の打ちどころがない完璧な調和が魅力の一杯です。

鹿児島『豚とろ』の「厚切りチャーシュー入り豚とろラーメン」

3食セット4700円

3食セット4700円

 鹿児島県で行列ができるラーメン店として知られる『豚とろ』。2016年に東京ラーメンショーにも出店し、全国的な知名度を誇るお店です。スープは甘めの豚骨醤油で、キクラゲと焦がしニンニクが入っているのが特徴。そしてなんといっても同店のラーメンの魅力はチャーシュー。実店舗で提供している希少な豚の首周りの肉「トントロ」を使った厚切りチャーシューは、通販でも変わらぬ美味しさ。「鹿児島ラーメン」が未体験という人はぜひ試してみてください。

・・・・・・・

 遠方にあってなかなか食べに行けない名店の味も、並ばずして自宅で楽しめる「おうちラーメンバンク」、気になる方はHPをのぞいてみてください。

●DATA

おうちラーメンバンク

https://ouchiramenbk.official.ec/

関連記事(外部サイト)