からあげ史上最高級オイルで揚げる『極上からあげ から丸』の絶品からあげとは?

ももから(写真は200g)。サックリ衣が歯にも舌にもやさしい!

ももから(写真は200g)。サックリ衣が歯にも舌にもやさしい! | 食楽web

『極上からあげ から丸』は、都内に3店舗を構えるテイクアウト専門のからあげ屋さん。こちらはあるこだわりで、日々からあげを食べ歩いているカラアゲニストたちにも人気のお店です。

 そのこだわりとは揚げ油。遺伝子組み換え不使用のオーガニックの菜種を、低温圧搾製法で抽出した油を100%使用しています。心臓病のリスクが高まると言われるトランス脂肪酸を極限まで抑えた油で、みんな大好きなからあげだからこそ、安心・安全な油を使うことにこだわっているのだそう。今回は、東急目黒線・不動前駅から徒歩1分ほどの場所にある不動前店に取材に行ってきました。

過去に「からあげグランプリ」の東日本しょうゆダレ部門で金賞を受賞する実力店。不動前店は、東急目黒線・不動前駅から徒歩数分の場所にあります

過去に「からあげグランプリ」の東日本しょうゆダレ部門で金賞を受賞する実力店。不動前店は、東急目黒線・不動前駅から徒歩数分の場所にあります

 さらにからあげを揚げるフライヤーにもこだわりが。油は180度に達すると酸化しやすくなり、そんな油は動脈硬化などのリスクを高めると言われます。しかしこちらでは、油の酸化を極力抑える「Dr.Fry」と呼ばれる特殊なフライヤーを使用。油の劣化を防ぎ、吸収率を抑えて胃もたれしにくいからあげ作りに力を入れています。

 ではさっそくいただいてみましょう。まずは「ももから」(100g330円)を。サックリとした衣で、ほとんど油っぽさを感じません。しっとりと舌になじむ印象です。肉はあっさりめの味付けですが、旨みはたっぷり。余分な油がない分、素材の味わいがグイグイと攻め込んできます。う〜ん、美味い! しかもこのからあげ、肉だけでなく皮も抜群に美味。特に旨みが強い部位と言われる鶏皮の揚げ具合もお見事で、一定の人に嫌われがちな香りやグニグニとした独特の嫌な食感もなし。カリッと香ばしい味わいに仕上がっています。

もも・たれ(写真は200g)

もも・たれ(写真は200g)

 そしてもうひとつ、こちらの人気メニューである「もも・たれ」(100g380円)もいただきました。こちらは、甘辛くてちょっと酸味のあるニンニク風味のタレをかけて食べる一品です。もともとからあげの味付けがあっさりめなので、このタレの風味がよく生きます。衣にもよくなじんで、思わず箸がすすんでしまいます。このタレ、後を引くほど美味しくて、からあげにはもちろん、野菜などにも合いそう。筆者は生キャベツやキュウリなどにつけて食べてみたくなりました。

 ちなみに、『極上からあげ から丸』では「からあげ弁当」や「チキン南蛮弁当」なども人気。また、ももから4個、むねから3個に、この美味しいタレがボトル入りで付いてくる「から丸1000円パック」というセットもあります。しっかり食べたい方にはこちらがおすすめです。宅配サービスもやっているので、ぜひ利用してみてくださいね。

●SHOP INFO

極上からあげ から丸 不動前店 外観

店名:極上からあげ から丸 不動前店

住:東京都品川区西五反田5-1-13 不動前ビル101
TEL:03-6420-3217
営:11:00〜21:00
休:木曜

●著者プロフィール

松本壮平

ライター・編集者。一般社団法人日本唐揚協会認定カラアゲニスト。生まれも育ちも「からあげの聖地」である大分県中津市。美味しいからあげを求めて東奔西走する「から活=からあげ探索活動」に明け暮れている。

関連記事(外部サイト)