カリッ、ふわっ! 『岩鋳』の「南部鉄器製ホットサンドメーカー」が優秀すぎる

カリッ、ふわっ! 『岩鋳』の「南部鉄器製ホットサンドメーカー」が優秀すぎる

食楽web

 キャンプやアウトドアが楽しい季節がやってきました。外の新鮮な空気を吸いながら食べるご飯は格別ですよね。

 そんな美味しいアウトドア飯を作るなら、まずは絶対外さない優れた道具が必至! そこでご紹介したいのが、1902年に創業して以来、南部鉄器の魅力的な製品を生み出し続ける『岩鋳』のホットサンドメーカー「手作りおやき角」です。

 市販のホットサンドメーカーはアルミ製でフッ素樹脂加工が施されたものが多いですが、南部鉄器製なら長く愛用でき、食材を美味しく焼き上げるうえ、鉄分を効率よく補うこともできます。では、絶品のホットサンドが作れる「手作りおやき角」の実力を見ていきましょう。

蓄熱性抜群でこんがり、ふっくらと焼き上げる!

 南部鉄器のスゴイところは、蓄熱性に優れているところ。焚き火やガスコンロで焼ける直火型ホットサンドメーカーで、アウトドアや家でも使えます。鋳物は蓄えた熱をじんわり食材に伝えるため、表面はこんがり、中はふっくら、焼きムラなくきれいに焼き上げることができるんです。

 このふっくらした形。もともと「おやき」を焼くための設計なので、ホットサンドの具をたくさん挟むことができるんですね。

目玉焼きやウインナーなどもジューシーな仕上がり!

目玉焼きやウインナーなどもジューシーな仕上がり!

 しかも小さなスキレットとして具材を炒め、それをホットサンドに挟んだり、単に炒め物を作るために使ってもよし! 実際、アウトドアではいろんな食器を使わなくて済むうえ、どんな食材も旨味を引き出してくれるので、使いこなすほどにその優秀さに惚れ惚れします。

 しかも、ハンドルは素手で握れる素材でできていて、固定することもできるので使い勝手が良いのです。では実際に、「ホットサンド」を作ってみましょう。

野菜もジューシー!「スパムホットサンド」

 作ったのは、暑い季節のアウトドア飯で欠かせない「スパム」を使ったホットサンド。スパムときたら卵焼きと一緒にサンドしたいところですが、今回はキャベツとチーズを挟んでさっぱりと仕上げました。

ガスコンロに載せた感じ。十分、美味しく焼けます

ガスコンロに載せた感じ。十分、美味しく焼けます

 まずは本体をよく温めて蓄熱させてから、スパムに焼き色をつけます。スパムを取り出して6枚切の食パンを置き、その上に焼いたスパム、ケチャップと粒からしをトッピング。具をいっぱい挟みたいときは、8枚切の食パンでもいいですね。

キャベツをたっぷり載せましょう。卵焼きや目玉焼きを乗せても美味しいです!

キャベツをたっぷり載せましょう。卵焼きや目玉焼きを乗せても美味しいです!

具材を全部載せたらパンを乗せて蓋を閉めます

具材を全部載せたらパンを乗せて蓋を閉めます

 その上にキャベツをこんもりと乗せて、スライスチーズをトッピングし、食パンでサンドします。

バーベキューグリルに乗せて焼いても、焚き火に入れても焼けますよ

バーベキューグリルに乗せて焼いても、焚き火に入れても焼けますよ

美味しそうな焼き色がつけばOK!

美味しそうな焼き色がつけばOK!

 蓋を閉めて、持ち手を固定し、中火にかけましょう。1〜2分焼いたら焼き色をチェック。お好みの焼き色具合で裏返し、さらに1分くらい焼きます。両面がいい具合に焼けたら完成!

 中央にくぼみができるのでそこで二つに切り分けたらホットサンドの出来上がり。パンは本当にカリッとふわっとした食感! キャベツは少しシャキシャキ感が残っていて、スパムの油分と合わさってジューシー。時間もかからず、南部鉄器製ならでは絶品ホットサンドを楽しむことができます。一つで何役もこなせる南部鉄器のホットサンドメーカー。ぜひ、お試しあれ。

●DATA

岩鋳
南部鉄器・鋳鉄製ホットサンドメーカー「手作りおやき角」

価格:6050円(税込)
サイズ:鋳鉄部分は37.5×16×H4.5cm(内径14.5×12.5cm)、約1. 2kg
素材:鋳鉄
http://www.iwachu.info/fs/iwachu/gr4/gd248

関連記事(外部サイト)