フレーバーの多さが魅力! 今年の夏に流行必至の「クラフトハードサイダー」を飲んでみた

フレーバーの多さが魅力! 今年の夏に流行必至の「クラフトハードサイダー」を飲んでみた

食楽web

 夏を目前に控えたいま、冷えたビールで喉を潤すのは至福の時間ですよね。ここ数年、マイクロブルワリー(小規模醸造所)でつくられるバラエティ豊かな「クラフトビール」が人気ですが、シアトルで話題の「クラフトハードサイダー」をご存知でしょうか? これ、今年ぜひ注目しておきたいお酒なんです。

「クラフトハードサイダー」は、100%のリンゴ果汁をそのまま発酵して作るアルコール飲料のハードサイダーをベースにしたお酒。日本では、フランス語の「シードル」という呼び名でも親しまれています。ソフトドリンクのサイダーと区別するために、ハードサイダーと呼ばれています。アルコール度数は大体6〜9度台と低めで、ビールのような苦みもないので飲みやすいのが魅力です。

東京・竹芝にオープンした『ブラウアターフェル』では、日本初上陸のものを含む35種類以上のクラフトハードサイダーが揃っています。今回は、試飲会に参加してきたので、注目度が高い「クラフトハードサイダー」を中心に、このお店の魅力をご紹介していきましょう。

さまざまな風味が楽しめる「クラフトハードサイダー」

さまざまな種類のクラフトハードサイダーが揃う

さまざまな種類のクラフトハードサイダーが揃う

 筆者が試飲したのは、ブラウアターフェルで提供されるクラフトハードサイダーのなかでも「シアトルサイダー ドライ」「セミ スイート」「バジル ミント」「パイナップル アガヴェ」「タンジェリン ターメリック」「ベリー ローズ」の6種類です。

「ドライ」と「セミ スイート」はスッキリとした飲み口で、いずれも甘さは控えめ。いろいろな料理に合わせやすいフレーバーです。「ドライ」のほうが「セミ スイート」よりもキレを感じやすく、どちらも食前・食中を問わず飲みやすいハードサイダーです。

「バジル ミント」は、バジルの爽やかな香りや自然な苦みを楽しめます。その名の通りバジルとミントの風味が特徴です。こちらは海鮮料理と相性がよいそうで、素材本来の味わいを引き立ててくれます。

左から「シアトルサイダー ドライ」900円(以下全て税抜)、「シアトルサイダー セミ スイート」(1200円)、「シアトルサイダー バジル ミント」(1200円)

左から「シアトルサイダー ドライ」900円(以下全て税抜)、「シアトルサイダー セミ スイート」(1200円)、「シアトルサイダー バジル ミント」(1200円)

 また、「パイナップル アガヴェ」はパイナップルの風味でトロピカルな味わいです。後味も爽やかで、女性に人気のフレーバーとのこと。「ベリー ローズ」は、ブラックベリーとブルーベリー、ラズベリーの3種類のベリーを使用しているそうで、こちらもスッキリとした飲み口で、甘さも控えめです。

 複雑そうな印象の「タンジェリン ターメリック」は、タンジェリンオレンジの皮とターメリックの根を使った珍しいハードサイダー。華やかなオレンジの香りとターメリックのスパイシーな風味が効いています。こちらは肉料理との相性がよく、さっぱりとした後味にしてくれます。

左から「シアトルサイダー パイナップル アガヴェ」(1200円)、「シアトルサイダー タンジェリン ターメリック」(1200円)、「シアトルサイダー ベリー ローズ」(1200円)

左から「シアトルサイダー パイナップル アガヴェ」(1200円)、「シアトルサイダー タンジェリン ターメリック」(1200円)、「シアトルサイダー ベリー ローズ」(1200円)

 前述したとおり、アルコール度数は大体6〜9度台と低めで、ビールのような苦みもありません。これからの夏の季節に、ビール代わりにクラフトハードサイダーで乾杯! というのも全然アリな選択だと思います。

ジューシーさが段違い! こだわりの窯焼き料理

試食会で提供されたメニューの一例。肉と野菜の盛り合わせ

試食会で提供されたメニューの一例。肉と野菜の盛り合わせ

『ブラウアターフェル』には、日本に数台しかないという、高温・短時間で焼き上げられる万能調理窯が導入されているので、店で供されるお肉や野菜料理が最高なんです。例えば肉でいえば、表面はカリッと香ばしく、中はジューシーで柔らかく仕上がっており、噛めば噛むほど旨みが溢れます。また、野菜は水分がぎゅっと閉じ込められていて、野菜本来の甘さが十二分に感じられました。

レンガ造りの広々とした店内

レンガ造りの広々とした店内

 ちなみに、広々とした店内は海外の醸造所をイメージしたというレンガ造りの素敵な空間です。また、東京湾を臨めるテラス席では、テイクアウトメニューやBBQメニューを堪能でき、本格的な料理やお酒を、景色と一緒に楽しめます。

湾岸エリアを一望できるテラス席

湾岸エリアを一望できるテラス席

 こだわりの料理とお酒が揃う『ブラウアターフェル』。「クラフトハードサイダー」はもちろん、クラフトビールも揃っているので、ぜひ一度足を運んで窯焼き料理をアテにお酒を楽しんでみてください。

(取材・文◎嘉陽 桃)

●SHOP INFO

ブラウアターフェル 外観

店名:BRAUERTAFEL(ブラウアターフェル)

住:東京都港区海岸 1-10 番 30 号 アトレ竹芝 タワー棟1 F
営:ランチタイム 11:00〜15:00(14:30L.O)/カフェタイム 15:00〜17:00(16:30L.O)/ディナータイム17:00〜23:00(22:30L.O)
休:年中無休(施設に準じる。)

関連記事(外部サイト)