「昆虫食」の概念を変えるレストラン『ANTCICADA』が馬喰町にオープン

「昆虫食」の概念を変えるレストラン『ANTCICADA』が馬喰町にオープン

食楽web

『無印良品』がコロオギせんべいを販売したことで、昆虫食がグッと身近になってきました。昆虫食の先端をいっているのが、コオロギビールやコオロギラーメンなどを商品化した団体『ANTCICADA(アントシカダ)』。この度、日本橋馬喰町(東京都)に待望の昆虫食に特化したレストランをオープンしたそうです。

 看板メニューの「コオロギラーメン」と、「地球を味わうコース料理」を用意しており、虫やジビエ、野草など、自然の恵みをいただく創作料理を楽しむことができます。

1000円(税抜)

1000円(税抜)

 2015年に『ラーメン凪』と共同開発して以来、イベントなどでも大反響の「コオロギラーメン」。2種の国産コオロギをブレンドした出汁をはじめ、「コオロギ醤油」を使ったタレに特製の「コオロギ油」、さらには「コオロギ練り込み麺」と、あらゆる工夫を凝らし、食材としてのコオロギの魅力を最大限に楽しめる一杯です。

 トッピングには2種類のコオロギから好みのものを選択可能。なんとラーメン1杯に100匹以上のコオロギを使用しています。

6400円(税抜)、ドリンクペアリングは3600円(税抜)

6400円(税抜)、ドリンクペアリングは3600円(税抜)

 コース料理では昆虫をはじめ、野草やジビエなど、自然の恵みとパワーがぎゅっと詰まった生命力にあふれる食材を使用しています。例えば、「鹿、蜂の子、海老芋」(写真)など、盛り付けからもこだわり、食材同士の組み合わせもユニーク。料理を手掛けるのは、表参道『L’Effervescence』や、デンマーク「Relae」などで修行した白鳥シェフを中心に、既存の昆虫食のイメージを一新する一品を提案します。

 ドリンクペアリングには、『辰巳蒸留所』と共同開発した「タガメジン」や、『遠野醸造』と作った「コオロギビール」など、ドリンクからも昆虫食の魅力をたっぷり堪能できます。

 ゲテモノ感の強かった昆虫食を美食のジャンルに昇華した『ANTCICADA』。内装も落ち着いた雰囲気で、大切な人との食事にもピッタリです。

●DATA

ANTCICADA

住:東京都中央区日本橋馬喰町2-4-6 ログズビル1階
営:「コオロギラーメン」日曜11:00〜21:00(予約不要/売切れ次第終了)
  「コース料理」   金・土曜19:00〜(完全予約制)
https://antcicada.com

関連記事(外部サイト)