利酒師が厳選! 小田急沿線の『つゞらお』『わらびや』で日本酒を量り売り

利酒師が厳選! 小田急沿線の『つゞらお』『わらびや』で日本酒を量り売り

食楽web

 ステイホーム期間が終わり、通勤や買い物などで駅を利用する機会が多くなり始めている今日この頃。小田急線・主要駅直結の商業施設内に店を構えるそば処『つゞらお』や『わらびや小田急エース店』で、“地酒の量り売り”によるテイクアウト販売を開始したのをご存知でしょうか?

 初めに180ml瓶の代金を支払い、好みの地酒を購入し持ち帰れる「量り売り」は、新型コロナウイルスによる飲食店の救済措置として国税庁が新設した「期限付酒類小売り免許」の取得により実現したもの。飲み終わった瓶を洗浄し、再度持参すれば、次からはお酒代だけで済むお得なシステムになっています。

 入荷状況で販売できる銘柄が異なりますが、その一例をご紹介しましょう。

「磯自慢 本醸造」(静岡県)

 吟醸造りをもとに丁寧に醸した、ほのかに吟醸香も感じられる銘酒。すっきりと調和のとれた味わいが楽しめます。

浦霞 純米辛口・純米(宮城県)

 心地よい香りとしっかりとした米の旨み、飲み飽きしない後味のキレのよさが特徴。バランスのとれた味わいが魅力です。

黒龍 純米吟醸(福井県)

 フルーティーな香りとジューシーな旨みの、味わい深い芳醇旨口タイプ。軽快でさっぱりとした口当たり、味の広がりが楽しめます。

天青 特別本醸造(神奈川県)

 酒造好適米「五百万石」を60%まで磨いた特別本醸造。適度にコクのある旨口ながら、後味はすっと消える切れ味のよいお酒です。

各店駅近で使い勝手のよい『つゞらお』

各店駅近で使い勝手のよい『つゞらお』

 駅近くにあり立ち寄りやすい『つゞらお』と『わらびや』は、お昼には風味豊かなそばと丼などのセットメニューを、夜は旬の素材を生かしたおつまみと希少性のある豊富な日本酒を楽しめるお店。

 仕事帰りに軽く一杯、自宅に持ち帰って一杯。この機会に利酒師が厳選した地酒を味わって、営業再開で頑張るお店を応援したいですね。

●DATA

日本酒テイクアウト実施店舗

『つゞらお』
本店(小田急百貨店新宿店本館12階)
新百合ヶ丘店(新百合ヶ丘エルミロード5階)
町田店(小田急百貨店町田店9階)
相模大野店(相模大野ステーションスクエアA館8階)
代々木上原店(小田急アコルデ代々木上原2階)
『わらびや』
小田急エース店(小田急エース北館西)
https://www.odakyu-restaurant.jp/

関連記事(外部サイト)