安眠保証!? 崎陽軒ファンが泣いて喜ぶ「シウマイ弁当タオルケット」とは?

崎陽軒ファンが泣いて喜ぶ「シウマイ弁当タオルケット」とは?

食楽web

 崎陽軒の「シウマイ弁当」と言えば、1954年(昭和29年)に発売されて今年で66年。日本人なら、多くの人が食べたことがある、ニッポンのソウルフード的存在のお弁当ですよね。

 昔ながらのシウマイ5個、玉子焼き、鮪の漬け焼き、蒲鉾、鶏の唐揚げ、筍煮、あんず、切り昆布、千切り生姜、そして俵型のご飯。冷めていても、おかず1つ1つが実に味わい深く、ご飯はモチモチ。1個860円なのに、まるでフルコースのように楽しめ、ビールのつまみとしても最高。

 ですが、この画像、よ〜く見てみると、実はお弁当ではなく、なんと「タオルケット」なんです。崎陽軒が今年の6月12日、“冷めてもおいしいシウマイ弁当”に引っ掛けて、なんとひんやり涼しい冷感タオルケットを販売開始。

「シウマイ弁当冷感タオルケット」3900円(税込)。素材は、表がポリエステル(マイクロファイバー) 、裏がポリエステル(接触冷感生地) 。サイズは、縦:約150 cm×横:約110 cm

「シウマイ弁当冷感タオルケット」3900円(税込)。素材は、表がポリエステル(マイクロファイバー) 、裏がポリエステル(接触冷感生地) 。サイズは、縦:約150 cm×横:約110 cm

 シウマイ弁当の中身がプリントされた面は、接触冷感生地と言われるポリエステルでできており、肌に触れるとひんやり。また黄色のパッケージ側の面はタオル生地になっており、肌寒いときは、そちら側を内側にすることでちょうど良い温もりを感じることができる優秀なリバーシルタオルケットなんです。

シウマイ弁当のパッケージをプリントした面はタオル生地の素材

シウマイ弁当のパッケージをプリントした面はタオル生地の素材

「欲しい!」「シウマイ弁当に巻かれて眠りたい!」と思う方もたくさんいると思います。しかし、残念ながら、販売開始直後、超人気で、現在は入荷待ち。ただ、7月末には再入荷の予定というので、ぜひ、崎陽軒のオンラインショップをチェックしてみてください。

(文◎土原亜子)

●DATA

崎陽軒

https://shopping.kiyoken.com/shop/

関連記事(外部サイト)