ラーメンにも餃子にもハイボールにも合う万能調味料「幸楽苑の素」が超便利!

ラーメンにも餃子にもハイボールにも合う万能調味料「幸楽苑の素」が超便利!

食楽web

 ラーメンを主軸にメニューを展開する『幸楽苑』。最近はちょい飲みも楽しめる店として人気です。そんな『幸楽苑』で、いいものを見つけました。それが、サントリー酒類と共同開発した万能調味料「幸楽苑の素」(税込300円)。“旨さ無限大の味変”を叶える魔法のような調味料ということで、早速店舗で購入してきました。

 とろみのあるテクスチャーで、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の酸味と香りに、深みのある甘みが印象的。この2つの要素だけならシロップのような味わいですが、そこに稲妻のように衝撃を加えるのが、「青唐辛子の辛み」です。

 青っぽい爽やかな香りとともに、唐辛子の辛さが舌や唇をピリピリと刺激します。酸味、辛み、甘み、全てがはっきりと主張してくるその味わいは、例えるなら和風スイートチリソースといった感じでしょうか。

 この「幸楽苑の素」はラーメンにちょい足したり、餃子のタレに入れたりして使えるそうですので、さっそく試してみました。

 普段、餃子のタレは酢、醤油、ラー油を混ぜて作りますが、今回は酸味と辛みをすでに持っている「幸楽苑の素」に醤油だけを加えました。

 柑橘の爽やかな香りとともに、青唐辛子の刺激がドーンと突き抜けます。強めに感じた甘みも気にならず、醤油味を丸くしてくれています。単純な酢醤油よりも酸味もマイルドで、タレとしての完成度も上げてくれました。

 ハイボールにちょい足しするのもおすすめということで味わってみたら、これまた美味しい&飲みやすい! 「幸楽苑の素」を入れることによって、軽やかな飲み口のハイボールにコクが出で、炭酸のシュワシュワ感と青唐辛子の辛さがなんとも刺激的でした。

 これなら普段、ハイボールを飲まない人にもおすすめ。ビールやカクテルのアクセントにタバスコを入れる飲み方もありますので、この「幸楽苑の素」でも同様の楽しみ方ができそうですね。

 ほかの調味料とうまく調和する「幸楽苑の素」は、それぞれを引き立て合う技アリな一本でした。柑橘系の爽やかな香りが好きで、辛いものに耐性のある人ならきっと好みなはず。現在、「幸楽苑」全店の各テーブルにも設置中ですので、まずは幸楽苑のメニューにかけて試してみてはいかがでしょうか。

●DATA

幸楽苑

https://www.kourakuen.co.jp/

関連記事(外部サイト)